トップ > 製品カテゴリー > オートファジー > 製品ピックアップ一覧 > p62, リン酸化p62 ELISAキット
“p62, リン酸化p62 ELISAキットアイコン"

p62, リン酸化p62 ELISAキット




p62/SQSTM1

オートファゴソームには選択性が無いため、選択的に分解されるべき物質とオートファゴソームをつなぐ「アダプタータンパク質」が必要となります。そのアダプタータンパク質のひとつが「p62/SQSTM1」です。
p62 はシグナル伝達を担う多彩な分子群と相互作用することが知られています。またLC3 との結合部位を持つことから、オートファジーによって選択的に分解される基質として考えられています。さらにユビキチン鎖と結合する部位を有し、ポリユビキチン化されたタンパク質の凝集体や脱分極したミトコンドリアなどをオートファジーに導きます。
p62 代謝不全と様々な疾患の発症(アルツハイマー病、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症などの神経変性疾患やアルコール性肝炎、脂肪肝、肝癌など)の関連に注目が集まっています。

■ p62/SQSTM1のドメイン構造
p62/SQSTM1のドメイン構造

■ p62-Keap1-Nrf2 経路
p62-Keap1-Nrf2経路
クリックで拡大できます。

※これらイラストは新潟大学 小松 雅明 先生、一村 義信 先生に監修を頂きました。


リン酸化p62

p62 にはリン酸化部位が複数個所あり、それぞれの部位が連続的にリン酸化されることで2つの生体防御システムを連動させています。

リン酸化p62の生体防御システム


CycLex® Total p62 ELISA Kit
CycLex® Phospho-p62 Ser349 ELISA Kit
CycLex® Phospho-p62 Ser403 ELISA Kit

特徴

  1. Lysis bufferが添付されているので、p62 の検出系では難しい細胞溶解液の調製も楽ちん!
  2. 薬剤のスクリーニングにも!
  3. ヒトあるいはマウスの細胞溶解液で測定可能

測定例

p62、リン酸化p62のELISA測定例
クリックで拡大できます。