トップ > 製品カテゴリー > ラテックス粒子 > IMMUTEX™ 免疫診断用ラテックス粒子
JSRLS-logo

IMMUTEX™ 免疫診断用ラテックス粒子



免疫診断用ラテックス粒子

TEM PhotografhIMMUTEX™ 免疫診断用ラテックス粒子 IMMUTEX™はポリマー粒子製造技術を生かしたポリスチレン系ラテックス粒子です。
ラテックス比濁法などの凝集反応担体やB/F分離担体として、免疫検査や研究用途に広くご利用いただけます。



特徴

● 0.05~0.48 µmまでの粒子径を用途に合わせてお選びいただけます。
● 粒子径が均一で再現性に優れています。
● 物理吸着および化学結合の抗体結合方法に適したラテックスが揃っております。
● Ready-to-useで精製等の必要がありません。



仕様

粒径  0.05 µm~0.5 µm
表面荷電量  ~0.4 mmol/g(~150 Å2/COOH)
固形分濃度  5または10%
pH  7~9
分散媒  純水(0.09% アジ化ナトリウム含む)

種類

ポリスチレン系タイプ(物理吸着タイプ)
  スライドテスト、光学測定用に広く用いられる一般的なラテックスです。
  抗体等がその機能を生かしたまま効率よく吸着するよう設計されています。

カルボキシ変性タイプ(化学結合タイプ)
  粒子表面にカルボキシ基を導入したラテックスです。主に化学結合法に適しています。
  カルボキシ基とタンパク質のアミノ基が効率よく結合するよう設計されています。



製品仕様

ポリスチレン系タイプ(物理吸着タイプ)  IMMUTEXTM™ Plain

スライドテスト、光学測定用に広く用いられる一般的なラテックスです。抗体等がその機能を生かしたまま効率よく吸着するよう設計されています。

Code No.品名粒径(µm)Solids Content(wt%)
J-IM-P2015 IMMUTEX™ P2015, Plain, 0.07-0.11 µm 0.07 - 0.11 5
J-IM-P2116 IMMUTEX™ P2116, Plain, 0.10-0.14 µm 0.10 - 0.14 10
J-IM-P2117 IMMUTEX™ P2117, Plain, 0.10-0.16 µm 0.10 - 0.16 5
J-IM-P2118 IMMUTEX™ P2118, Plain, 0.14-0.21 µm 0.14 - 0.21 10

カルボキシ変性タイプ(化学結合タイプ)  IMMUTEXTM™ Carboxyl

粒子表面にカルボキシ基を導入したラテックスです。主に化学結合法に適しています。カルボキシ基とタンパク質のアミノ基が効率よく結合するよう設計されています。

Code No.品名粒径
(µm)
COOH*1
(mmol/g)
Solids
Content
(wt%)
J-IM-P0001 IMMUTEX™ P0001, Carboxyl, 0.05-0.09 µm 0.05 - 0.09 0.15 - 0.22 5
J-IM-P0011 IMMUTEX™ P0011, Carboxyl, 0.07-0.11 µm 0.07 - 0.11 0.14 - 0.21 5
J-IM-P0112 IMMUTEX™ P0112, Carboxyl, 0.12-0.18 µm 0.12 - 0.18 0.08 - 0.12 5
J-IM-P0113 IMMUTEX™ P0113, Carboxyl, 0.17-0.23 µm 0.17 - 0.23 0.06 - 0.09 10
J-IM-P0307 IMMUTEX™ P0307, Carboxyl, 0.32-0.48 µm 0.32 - 0.48 0.03 - 0.05 10

 *1 Conductometric titration method


関連製品

Blockmaster™ 完全化学合成ポリマーのブロッキング試薬

Blockmaster™ は、タンパク質やウイルス、血清を含まない完全化学合成のブロッキング試薬です。
タンパク質の非特異的吸着を抑制し、リガンドの活性を増強することにより、高いシグナル/ノイズ比(S/N比)を実現します。BSAの代替として、あるいはBSAと併用してお使いいただけます。


Blockmaster CEシリーズ : 化学結合型合成ブロッキング試薬

Blockmaster CEシリーズは、その分子片末端にアミノ基を持ち固相への化学結合が可能です。

Code No. 品名 包装
J-CE210RAN Blockmaster CE210 100 mL
J-CE510RAN Blockmaster CE510 100 mL

Blockmaster DBシリーズ : ラテックス粒子用合成ブロッキング試薬

Blockmaster DBシリーズは、ラテックス粒子の非特異的凝集を抑制し、コロイド安定性を向上させます。

Code No. 品名 包装
J-DB1130 Blockmaster DB1130 100 mL

Blockmaster PAシリーズ : 物理吸着型合成ブロッキング試薬

Blockmaster PAシリーズは、幅広くご利用いただける物理吸着型完全化学合成のブロッキング試薬です。

Code No. 品名 包装
J-PA1080 Blockmaster PA1080 100 mL


参考文献

  • Okubo T., Microspcopic observation of ordered colloids in sedimentation equilibrium and the important role of Debye screening lentch. 3. Heavy and monodisperse polystyrene type spheres in aqueous solution of neutral polymers. Colloid Polm Sci., 265, 597-603, 1987
  • Kitano T., et al., Kinetic analysis of association process between oppositely charged polymer latex. J. Am. Chem. Soc., 109, 6641-6644, 1987
  • Fujikawa H., et al., Rotating the plane of imposed vibration can rotate the plane of flagellar beating in sea-urchin sperm without twisting the axoneme. Appl. Envir. Microbiol., 54(10), 2345-2348, 1988
  • Shingyoji C., et al., Latex agglutination test: A simple, rapid and practical method for bovine serum CRP determination. J Cell Sci., 98, 175-181, 1991
  • Sarikaputi M., et al., Siginificance of modes of adherence in esophageal Candida albicans. Japanese J, Vererinary Res., 40(1), 1-12, 1992
  • Hoshika K., et al., Siginificance of modes of adherence in esophageal Candida albicans. J. Gastroenterology, 29(1), 1-5, 1994
  • Fujimura T., et al., Observation of local light propagation in ordered latex layers by scanning near-field optical microscope. Materials Sci Eng, 48(1,2), 94-102, 1997
  • Takizawa T., et al., Ultrastructural localization of S100A3, a cycteine-rich, calcium binding protein, in human scalp hair shafts revealed by rapid-freezing immunocytochemistry. J. Histochem Cytochem., 47(4), 525-532, 1999
  • Mori Y., et al., Particle deposition in evaporating droplets of polystyrene latex suspension on hydrophilic and hydrophobic substrates. J. Chem. Eng. Jpn., 37(5), 657-661, 2004


「IMMUTEX」「Blockmaster」はJSR株式会社の登録商標です。