トップ > 製品カテゴリー > RNA-RNPネットワーク > RNA修飾関連抗体

RNA修飾


Code No. 製品名 クローン アイソタイプ 機能・局在

別名 使用法 交差反応性
RIP-Certified Antibody
RN011M Anti-2,2,7-trimethylguanosine(m3G/TMG)mAb C1-36 Mouse IgG2bκ snRNAやsnoRNAに特異的な5'-cap構造。細胞質でm7Gキャップがメチル化を受けることで生じる。m3Gキャップが付加したsnRNAをふくむSMN複合体は、核へ移行してスプライシングに関与する。


IP, RIP, IC, IF m3G
Code No. 製品名 クローン アイソタイプ 機能・局在

別名 使用法 交差反応性
RBP Antibody
RN126PW Anti-AHCY(SAHH)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) メチル化反応の副産物であるSAHを加水分解する唯一の酵素で細胞内のメチル化反応の調節を司る。MycによるmRNAの5'-capのメチル化への関与やH19 lncRNA との結合によるDNAのメチル化への関与が示唆されている。

AdoHcyase WB, IP Hu, Mo, Rat, Ham
RN122PW Anti-ALKBH5 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) m6Aの脱メチル化酵素でFTOと同様に核スペックルに局在するが、m6Aから直接Aに変換する。ALKBH5による脱メチル化がmRNAのプロセシングや輸送に影響を及ぼすことが示唆されている。

ABH5, OFOXD1 WB, IP Hu, Mo
RN121PW Anti-FTO(Human)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) m6Aの脱メチル化酵素で肥満の原因遺伝子として知られている。核スペックルに局在し、m6Aを酸化して中間体のhm6A、f6Aを経てAに変換する反応を触媒する。

ALKBH9, KIAA1752 WB, IP, CLIP* Hu
RN125PW Anti-HENMT1 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) piRNAの3'末端の2'-O-メチル化を触媒してpiRNAの安定化させる。マウスでは精巣に多く存在し精子形成への関与が示唆されている。

HEN1, C1orf59 WB Hu, Mo, Rat
RN052PW Anti-HNRNPC pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) RNAプロセシング、輸送、安定化、翻訳の制御を担うhnRNPファミリータンパク質の一員。m6A修飾によるRNAの構造変化に伴いRNAへのaccessibilityが高まる。

hnRNP C1/C2 WB, IP, CLIP* Hu, Mo
RN127PW Anti-NSUN2(Human)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) tRNAのCからm5Cへの変換を触媒するメチル基転移酵素。NSUN2によるメチル化とmRNAの安定化や翻訳調節、miRNAの生合成への関連が報告されている。

MISU, MRT5, SAKI, TRM4 WB, IP Hu
RN124PW Anti-RNMT(Human)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) 新生RNAの5'末端のGのメチル化を触媒して5'-キャップ構造の形成に関与する。RNMTの活性はCyclin D1の発現と細胞の形質転換の促進に影響を及ぼすことが報告されている。

KIAA0398, RG7MT1 WB, IP Hu
RN128PW Anti-TRMT6(Human)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) m1Aのメチル基転移酵素の構成因子で酵素活性は持たず、RNA結合ドメインを有する。酵素活性を有するTRMT61Aとヘテロテトラマーを形成して開始tRNAの58番目のAのm1Aへの変換を触媒する。

KIAA1153, TRM6 WB, IP Hu, Ham(w)
RN130PW Anti-TRMT61A(Human)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) m1Aのメチル基転移酵素の構成因子で酵素活性を有する。TRMT6とヘテロテトラマーを形成して開始tRNAの58番目のAのm1Aへの変換を触媒する。

C14orf172, TRM61 WB Hu
RN123PW Anti-YTHDF2 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) m6Aのリーダーでm6Aを有するmRNAに結合してmRNAをP-bodyに局在させてRNA分解を促進する。熱ショック時には細胞質から核へ移行してストレス誘導性転写産物の5'-UTR中のm6Aに結合してFTOによる脱メチル化からmRNAを保護する。

CAHL, HGRG8, NY-REN-2 WB, IP Hu, Mo, Rat(w), Ham

<抗修飾核酸抗体>

Code No. 製品名 クローン アイソタイプ

別名 使用法 交差反応性
D345-3 Anti-1-methyladenosine(m1A)mAb AMA-2 Mouse IgG2bκ


IP, IC, IH, ELISA*, Other* m1A
RN019M Anti-2,2,7-trimethylguanosine (m3G/TMG) mAb 235-1 Mouse IgG2aκ


IP, IC, IF m3G
M218-3 Anti-5-hydroxymethylcytosine(5hmC)mAb 1G10 Rabbit IgG


WB, IP, IH 5hmC
PM077 Anti-5-hydroxymethylcytosine(5hmC)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.)


WB, IP, IH 5hmC
D346-3 Anti-5-methylcytidine (m5C) mAb FMC-9 Mouse IgG2aλ


DB, IP, IC, IH, ELISA*, Other* m5C, 5mC
RN131P Anti-N6-methyladenosine (m6A) pAb Polyclonal Rabbit Ig (aff.)


DB, IP, IC, ELISA m6A
RN016M Anti-7-methylguanosine (m7G)-Cap mAb 150-15 Mouse IgG2aκ


DB, IP, IC, ELISA m7G
RN017M Anti-7-methylguanosine (m7G) mAb 4141-13 Mouse IgG2aκ


DB, IP, IC, ELISA m7G
MI-11-3 Anti-Bromodeoxyuridine mAb 2B1 Mouse IgG1


IP, FCM, IC*, IH BrdU, BrU,IdU, IU, CldU
MI-11-5 Anti-Bromodeoxyuridine mAb-PE 2B1 Mouse IgG1


FCM BrdU, BrU,IdU, IU, CldU
D347-3 Anti-Pseudouridine mAb 2B1 Mouse IgG1κ


IC, IH, ELISA*, Other* Ψ