トップ > 製品カテゴリー > オートファジー

オートファジー


オートファジーオートファジーは、真核生物における細胞内分解経路の一つです。プロテアソームが、ユビキチン化されたタンパク質を標的として選択的に分解するのに対し、オートファジーでは、細胞内で小胞に包み込んだものをまるごと消化します。分解された物質は再利用され、不溶なものは小胞に包まれて細胞膜まで運ばれ、膜の融合により細胞外に捨てられます。当初、細胞が飢餓状態を生き抜くために自己消化することで栄養源を確保する仕組みだと理解されていましたが、通常の環境下でも、ユビキチン・プロテアソーム系と並んで、細胞成分の分解・リサイクルに働いていることが分かってきました。近年では疾患との関連も研究され、注目を集めています。


コンテンツ