トップ > 製品検索結果一覧 > Code No. D360-3 Anti-Mincle (Human) mAb (Functional Grade)

Code No. D360-3

Anti-Mincle (Human) mAb (Functional Grade)

価格(税別)

¥72,000

在庫

10以上

(2022/07/05 00:05時点)

包装

100 µg/100 µL

データ
  • Flow Cytometry

  • Function

クローナリティー Monoclonal クローン 1H2
アイソタイプ
(免疫動物)
Rat IgG2bκ
使用法
FCM
1-5 µg/mL  
Function
1 µg/mL for inhibition assay  (PMID: 24733387
免疫原(抗原) Human Mincle expressed 293T transfectants
交差性
[Gene ID]

Human[26253]

性状 1 mg/mL in PBS. Azide free, 0.22 μm sterile-filtered
保存温度 -20°C 標識 Unlabeled メーカー MBL
別称 CLEC4E, CLECSF9, C-type lectin domain family 4. member E
背景 結核菌の細胞壁表層にはミコール酸含有脂質および糖脂質が存在し、宿主受容体との接点として働きます。トレハロースジミコール酸(TDM)は、強いアジュバント活性を有するミコール酸含有糖脂質であり、TDMの自然免疫受容体としてMincleが同定されました。Mincleは、マクロファージ、樹状細胞、好中球の細胞表面に発現し、リガンドが結合すると、FcRγと共役して細胞内にシグナル伝え、NF-κBやNFATのような転写因子を活性化し、炎症性サイトカイン産生を誘導します。
関連製品 D266-3 Anti-Mincle (Mouse) mAb
D266-3M2 Anti-Mincle (Mouse) mAb (Functional Grade)
D266-6 Anti-Mincle (Mouse) mAb-Biotin
D292-3 Anti-Mincle (Mouse) mAb
D292-3M2 Anti-Mincle (Mouse) mAb (Functional Grade)
D316-3 Anti-Mincle (Guinea pig) mAb
M090-3 Rat IgG2b (isotype control)
使用文献
使用文献募集中!本製品を使って論文を発表されましたら是非お知らせください。

Function

  1. Hattori Y et al. Glycerol monomycolate is a novel ligand for the human, but not mouse macrophage inducible C-type lectin, Mincle. J Biol Chem. 289, 15405-12 (2014)(PMID:24733387)
  2. Tomita Y et al. Induction of tumor-specific CD8+ cytotoxic T lymphocytes from naïve human T cells by using Mycobacterium-derived mycolic acid and lipoarabinomannan-stimulated dendritic cells. Cancer Immunol Immunother. 68, 1605-1619 (2019)(PMID:31531696)
製品
カテゴリー
分野
免疫
この製品に関するお問い合わせをする

※在庫につきましては2022年07月05日 00時05分時点における在庫数を表示してあります。
※価格の赤色表示につきましては、キャンペーン価格の表示となっております。
※このサイトからは直接注文はできません。ご注意ください。
※使用法の表記について:
WB: Western Blotting, IH: Immunohistochemistry, IC: Immunocytochemistry, IP: Immunoprecipitation,
FCM: Flow Cytometry NT: Neutralization, IF: Immunofluorescence, RIP: RNP Immunoprecipitation,
ChIP: Chromatin Immunoprecipitation, CoIP: Co-Immunoprecipitation
DB: Dot Blotting, NB: Northern Blotting, RNA FISH: RNA Fluorescence in situ hybridization
※使用法・交差性の表記について:
*: 論文で報告されております(MBLでは未確認)。詳しくはデータシートをご覧ください。
**: 導入元からの情報です(MBLでは評価中もしくは未確認)。
※保存温度の表記について: RT: 室温
※本サイトの掲載製品は、品質改良のため予告なく仕様などの変更、または販売中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。