トップ > 製品検索結果一覧 > Code No. D363-3 Anti-Ly6k (Mouse) mAb

Code No. D363-3

Anti-Ly6k (Mouse) mAb

価格(税別)

¥48,000

在庫

10以上

(2019/11/14 17:00時点)

包装

100 µg/100 µL

関連コンテンツ
データ
  • Western Blotting

    non-reducing condition

  • Immunoprecipitation

  • Flow Cytometry

クローナリティー Monoclonal クローン mk34
アイソタイプ
(免疫動物)
Rat IgG2aκ
使用法
WB
1 μg/mL  
IP
15 μg/sample  
FCM
1 μg/mL  
IH*
reported.  (PMID: 20920470 / 27005865
免疫原(抗原) Mouse testicular water-insoluble fraction
交差性
[Gene ID]

Human**, Mouse[76486], Rat**

性状 1 mg/mL in PBS/50% glycerol, pH 7.2
保存温度 -20°C 標識 Unlabeled メーカー MBL
別称 mLy-6K,  lymphocyte antigen 6 complex, locus K
背景 Ly6k(lymphocyte antigen 6 complex, locus K)は主に精巣で発現しているGPIアンカー型タンパク質です。同じくGPIアンカー型タンパク質であるTex101(Testis expressed gene 101)と複合体を形成することが知られています。Tex101またはLy6kをそれぞれ欠損させた精子は、形態や運動性の面では正常であり、体外受精は可能ですが、生体内においては子宮から卵管に移行することができず不妊となることから、Tex101/Ly6k複合体は精子の受精能獲得に重要な働きをしていると考えられています。
関連製品 D357-3 Anti-Ace (CD143) (Mouse) mAb
M207-3 Anti-MitoPLD (Pld6) mAb
PM043 Anti-PIWIL2 (MILI) (Mouse) pAb
PM044 Anti-PIWIL2 (MILI) (Mouse) pAb
D365-3 Anti-PIWIL2 (MILI) (Mouse) mAb
参考文献
  1. Endo S et al. TEX101, a glycoprotein essential for sperm fertility, is required for stable expression of Ly6k on testicular germ cells. Sci Rep. 6, 23616 (2016)(PMID: 27005865
  2. Maruyama M et al. Molecular expression of Ly6k, a putative glycosylphosphatidyl-inositol-anchored membrane protein on the mouse testicular germ cells. Biochem Biophys Res Commun. 402, 75-81 (2010)(PMID: 20920470
  3. Yoshitake H et al. TEX101, a germ cell-marker glycoprotein, is associated with lymphocyte antigen 6 complex locus k within the mouse testis. Biochem Biophys Res Commun. 372, 277-82 (2008)(PMID: 18503752
  4. Tsukamoto H et al. Testicular proteins associated with the germ cell-marker, TEX101: involvement of cellubrevin in TEX101-trafficking to the cell surface during spermatogenesis. Biochem Biophys Res Commun. 345, 229-38 (2006)(PMID: 16678124
製品
カテゴリー
分野
幹細胞研究
がん
この製品に関するお問い合わせをする

※在庫につきましては2019年11月14日 17時00分時点における在庫数を表示してあります。
※価格の赤色表示につきましては、キャンペーン価格の表示となっております。
※このサイトからは直接注文はできません。ご注意ください。
※使用法の表記について:
WB: Western Blotting, IH: Immunohistochemistry, IC: Immunocytochemistry, IP: Immunoprecipitation,
FCM: Flow Cytometry NT: Neutralization, IF: Immunofluorescence, RIP: RNP Immunoprecipitation,
ChIP: Chromatin Immunoprecipitation, CoIP: Co-Immunoprecipitation
DB: Dot Blotting, NB: Northern Blotting, RNA FISH: RNA Fluorescence in situ hybridization
※使用法・交差性の表記について:
*: 論文で報告されております(MBLでは未確認)。詳しくはデータシートをご覧ください。
**: 導入元からの情報です(MBLでは評価中もしくは未確認)。
※保存温度の表記について: RT: 室温
※本サイトの掲載製品は、品質改良のため予告なく仕様などの変更、または販売中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。