トップ > 製品検索結果一覧 > Code No. D187-5 Anti-Dlk (Pref-1) mAb-PE

Code No. D187-5

Anti-Dlk (Pref-1) mAb-PE

価格(税別)

¥40,000

在庫

10以上

(2019/12/11 00:05時点)

包装

1 mL (50 tests)

データ
  • Flow Cytometry

クローナリティー Monoclonal クローン 24-11
アイソタイプ
(免疫動物)
Rat IgG1
使用法
FCM
20 µL (Ready for use.)  
免疫原(抗原) Pref-1-Fc
交差性
[Gene ID]

Mouse[13386]

性状 PBS/1% BSA/0.09% NaN3
保存温度 4°C 標識 PE メーカー MBL
別称 Dlk1, delta-like 1 homolog (Drosophila), FA1, ZOG, pG2, DlkI, Peg9, SCP1, DLK-1, Ly107, pref-1, AW742678
背景 Delta like protein (Dlk), also known as Preadipocyte factor-1 (Pref-1) or zona glomerulosa-specific factor (ZOG), is an EGF-like transmembrane protein expressed preadipocytes but not in mature adipocytes.  It is highly expressed in fetal liver, the adrenal gland, and placenta, as well as some neuroendocrine tumors and small cell lung carcinomas, where it plays a role in differentiation and proliferation. Dlk positively and negatively regulates adipocyte differentiation via at least four major variants (45-60 kDa) of Dlk generated by alternatively splicing.  Constitutive expression of Dlk inhibits adipogenesis, but insulin or insulin like growth factor-1 (IGF-1) can circumvent this inhibition. Regulated processing of Dlk releases a 50 kDa soluble form that was previously characterized as Fetal Antigen-1, a protein involved in pancreatic island cell differentiation.
関連製品 D187-3 Anti-Dlk (Pref-1) mAb
D187-4 Anti-Dlk (Pref-1) mAb-FITC
D118-3 Anti-Liv2 (Mouse) mAb
使用文献
使用文献募集中!本製品を使って論文を発表されましたら是非お知らせください。

Flow Cytometry

  1. Takeshita et al. Age-related Marrow Adipogenesis Is Linked to Increased Expression of RANKL. J Biol Chem. 289, 16699-16710 (2014)(PMID:24753250)
製品
カテゴリー
分野
幹細胞研究
がん
この製品に関するお問い合わせをする

※在庫につきましては2019年12月11日 00時05分時点における在庫数を表示してあります。
※価格の赤色表示につきましては、キャンペーン価格の表示となっております。
※このサイトからは直接注文はできません。ご注意ください。
※使用法の表記について:
WB: Western Blotting, IH: Immunohistochemistry, IC: Immunocytochemistry, IP: Immunoprecipitation,
FCM: Flow Cytometry NT: Neutralization, IF: Immunofluorescence, RIP: RNP Immunoprecipitation,
ChIP: Chromatin Immunoprecipitation, CoIP: Co-Immunoprecipitation
DB: Dot Blotting, NB: Northern Blotting, RNA FISH: RNA Fluorescence in situ hybridization
※使用法・交差性の表記について:
*: 論文で報告されております(MBLでは未確認)。詳しくはデータシートをご覧ください。
**: 導入元からの情報です(MBLでは評価中もしくは未確認)。
※保存温度の表記について: RT: 室温
※本サイトの掲載製品は、品質改良のため予告なく仕様などの変更、または販売中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。