トップ > 製品検索結果一覧 > Code No. M126-3M Anti-monomeric Keima-Red mAb

Code No. M126-3M

Anti-monomeric Keima-Red mAb

価格(税別)

¥48,000

在庫

1-9

(2019/12/08 17:00時点)

包装

100 µg/100 µL

データ
  • Western Blotting

クローナリティー Monoclonal クローン 2F7
アイソタイプ
(免疫動物)
Mouse IgG2a
使用法
WB
1 µg/mL  
免疫原(抗原) Recombinant CoralHue monomeric Keima-Red
性状 1 mg/mL in PBS/50% glycerol, pH 7.2
保存温度 -20°C 標識 Unlabeled メーカー MBL
別称 mKeima-Red
背景 The fluorescent protein “Keima-Red,” which was cloned from the stony coral whose Japanese name is“Komon-Sango.” CoralHue monomeric Keima-Red (mKeima-Red) absorbs light maximally at 440 nm and emits red light at 620 nm. Thus mKeima-Red exhibits an extremely large Stokes shift (180 nm). The red fluorescence is stable under usual aerobic conditions.
使用文献
使用文献募集中!本製品を使って論文を発表されましたら是非お知らせください。

Western Blotting

  1. Yamashita SI et al. Mitochondrial division occurs concurrently with autophagosome formation but independently of Drp1 during mitophagy. J Cell Biol. 215, 649-665 (2016)(PMID:27903607)
  2. Lee JJ et al. Basal mitophagy is widespread in Drosophila but minimally affected by loss of Pink1 or parkin. J Cell Biol. 217, 1613-1622 (2018)(PMID:29500189)
  3. Thomas HE et al. Mitochondrial Complex I Activity Is Required for Maximal Autophagy. Cell Rep. 24, 2404-2417.e8 (2018)(PMID:30157433)
製品
カテゴリー
ツール
蛍光タンパク
ブランド
使用文献・データ募集プレゼント対象製品
この製品に関するお問い合わせをする

※在庫につきましては2019年12月08日 17時00分時点における在庫数を表示してあります。
※価格の赤色表示につきましては、キャンペーン価格の表示となっております。
※このサイトからは直接注文はできません。ご注意ください。
※使用法の表記について:
WB: Western Blotting, IH: Immunohistochemistry, IC: Immunocytochemistry, IP: Immunoprecipitation,
FCM: Flow Cytometry NT: Neutralization, IF: Immunofluorescence, RIP: RNP Immunoprecipitation,
ChIP: Chromatin Immunoprecipitation, CoIP: Co-Immunoprecipitation
DB: Dot Blotting, NB: Northern Blotting, RNA FISH: RNA Fluorescence in situ hybridization
※使用法・交差性の表記について:
*: 論文で報告されております(MBLでは未確認)。詳しくはデータシートをご覧ください。
**: 導入元からの情報です(MBLでは評価中もしくは未確認)。
※保存温度の表記について: RT: 室温
※本サイトの掲載製品は、品質改良のため予告なく仕様などの変更、または販売中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。