トップ > 製品検索結果一覧 > Code No. M101-3 Anti-CD13 (Mouse) mAb

Code No. M101-3

Anti-CD13 (Mouse) mAb

価格(税別)

¥28,000

在庫

10以上

(2022/08/10 17:00時点)

包装

100 µg/100 µL

データ
  • Flow Cytometry

クローナリティー Monoclonal クローン 123H1
アイソタイプ
(免疫動物)
Rat IgG2b
使用法
IP
5 µg/1000 µL of cell extract from 5x106 cells  
FCM
5-10 µg/mL (final concentration)  
免疫原(抗原) C57BL/6 mice-derived dendritic cells
交差性
[Gene ID]

Mouse[16790]

性状 1 mg/mL in PBS/50% glycerol, pH 7.2
保存温度 -20°C 標識 Unlabeled メーカー MBL
別称 Anpep, Apn, AP-M, AP-N, P150
背景 CD13 is a myeloid differentiation molecule expressed on committed myeloid progenitors, granulocytes, monocytes, and leukemic cells of myeloid origin. It is also expressed on non-hematopoietic cells including fibroblasts, renal proximal tubule, and small intestine brush-border membrane. The gene for CD13 has recently been cloned the cDNA sequence shows that CD13 is the metalloprotease aminopeptidase N. Biochemical studies have shown that CD13 is a 150 kDa glycoprotein, which exists as a 130 kDa intracellular precursor form. This 130 kDa precursor molecule is posttranslationally modified in the Golgi apparatus to produce the 150 kDa mature cell surface form of the molecule.
製品
カテゴリー
分野
細胞膜表面抗原
この製品に関するお問い合わせをする

※在庫につきましては2022年08月10日 17時00分時点における在庫数を表示してあります。
※価格の赤色表示につきましては、キャンペーン価格の表示となっております。
※このサイトからは直接注文はできません。ご注意ください。
※使用法の表記について:
WB: Western Blotting, IH: Immunohistochemistry, IC: Immunocytochemistry, IP: Immunoprecipitation,
FCM: Flow Cytometry NT: Neutralization, IF: Immunofluorescence, RIP: RNP Immunoprecipitation,
ChIP: Chromatin Immunoprecipitation, CoIP: Co-Immunoprecipitation
DB: Dot Blotting, NB: Northern Blotting, RNA FISH: RNA Fluorescence in situ hybridization
※使用法・交差性の表記について:
*: 論文で報告されております(MBLでは未確認)。詳しくはデータシートをご覧ください。
**: 導入元からの情報です(MBLでは評価中もしくは未確認)。
※保存温度の表記について: RT: 室温
※本サイトの掲載製品は、品質改良のため予告なく仕様などの変更、または販売中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。