トップ > 製品検索結果一覧 > Code No. D058-11 Anti-Multi Ubiquitin mAb-Magnetic Beads

Code No. D058-11

Anti-Multi Ubiquitin mAb-Magnetic Beads

価格(税別)

¥48,000

在庫

10以上

(2019/10/21 17:00時点)

包装

20 tests (Slurry: 1 mL)

Clone FK2 has been reported to recognize K29-, K48-, K63-linked poly ubiquitinylated and mono ubiquitinylated proteins but not free ubiquitin (PMID:18757370, 19237541) .
データ
  • Immunoprecipitation

クローナリティー Monoclonal クローン FK2
アイソタイプ
(免疫動物)
Mouse IgG1 κ
使用法
IP
50 µL of beads slurry/sample  
免疫原(抗原) a crude poly-ubiquitin-lysozyme
交差性
[Gene ID]

Human

性状 5 mg magnetic beads in 1mL PBS/0.1% BSA/0.1% ProClin 150
保存温度 4°C 標識 Magnetic Beads メーカー MBL
背景 Ubiquitin is a polypeptide of 76 amino acid residues, and widely distributed protein in eukaryotic cells. This protein is also highly conserved among eukaryotic cells. Recently several reports showed that intracellular abnormal and short-lived proteins are degradated through an ubiquitin dependent proteolytic pathway. In the ubiquitin dependent pathway, a target protein is tagged with multi-ubiquitin molecules.
関連製品 D058-3 Anti-Multi Ubiquitin mAb
D058-8 Anti-Multi Ubiquitin mAb-Agarose
M075-11 Mouse IgG1 (isotype control)-Magnetic Beads
参考文献
  1. Fujimuro M et al. Production and characterization of monoclonal antibodies specific to multi-ubiquitin chains of polyubiquitinated proteins. FEBS Lett. 349, 173-180 (1994)(PMID: 7519568
  2. Takada K et al. Immunoassay for the quantification of intracellular multi-ubiquitin chains. Eur J Biochem. 233, 42-47 (1995)(PMID: 7588772
製品
カテゴリー
分野
ユビキチンプロテアソーム系
ブランド
Smart-IP
この製品に関するお問い合わせをする

※在庫につきましては2019年10月21日 17時00分時点における在庫数を表示してあります。
※価格の赤色表示につきましては、キャンペーン価格の表示となっております。
※このサイトからは直接注文はできません。ご注意ください。
※使用法の表記について:
WB: Western Blotting, IH: Immunohistochemistry, IC: Immunocytochemistry, IP: Immunoprecipitation,
FCM: Flow Cytometry NT: Neutralization, IF: Immunofluorescence, RIP: RNP Immunoprecipitation,
ChIP: Chromatin Immunoprecipitation, CoIP: Co-Immunoprecipitation
DB: Dot Blotting, NB: Northern Blotting, RNA FISH: RNA Fluorescence in situ hybridization
※使用法・交差性の表記について:
*: 論文で報告されております(MBLでは未確認)。詳しくはデータシートをご覧ください。
**: 導入元からの情報です(MBLでは評価中もしくは未確認)。
※保存温度の表記について: RT: 室温
※本サイトの掲載製品は、品質改良のため予告なく仕様などの変更、または販売中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。