トップ > 製品検索結果一覧 > Code No. B-NU757UC Anti-CD82 (KAI1) mAb

Code No. B-NU757UC

Anti-CD82 (KAI1) mAb

価格(税別)

¥125,000

在庫

0
(お問合せ)

(2020/01/18 00:05時点)

包装

1 mL

データ
  • Immunohistochemistry

    Adeno cancer stained with Anti-CD82 using DAB chromogen

クローナリティー Monoclonal クローン EP160
アイソタイプ
(免疫動物)
Rabbit IgG
使用法
IH
  
性状 PBS/1% BSA/0.09% NaN3
保存温度 4°C 標識 Unlabeled メーカー BIOGENEX LABORATORIES,INC
背景 CD82, also known as metastasis suppressor Kangai-1 (KAI1), is a member of the tetraspanin protein family and is a metastasis suppressor implicated in biological processes ranging from fusion, adhesion and migration to apoptosis and cell-morphology alterations. In tumors, the expression of CD82 has been shown to be downregulated in tumor progression. CD82 can be activated by p53 through a consensus binding sequence in the promoter. Loss of p53 function, which is commonly observed in many types of cancers, may lead to the downregulation of the CD82 gene. The correlation between lower or no expression of CD82 and poor tumor prognosis is observed in many types of tumors, including prostate, breast, colon, stomach, bladder, lung, liver, pancreas, and ovary tumors.
製品
カテゴリー
ツール
病理染色関連ツール
ブランド
BioGenex
この製品に関するお問い合わせをする

※在庫につきましては2020年01月18日 00時05分時点における在庫数を表示してあります。
※価格の赤色表示につきましては、キャンペーン価格の表示となっております。
※このサイトからは直接注文はできません。ご注意ください。
※使用法の表記について:
WB: Western Blotting, IH: Immunohistochemistry, IC: Immunocytochemistry, IP: Immunoprecipitation,
FCM: Flow Cytometry NT: Neutralization, IF: Immunofluorescence, RIP: RNP Immunoprecipitation,
ChIP: Chromatin Immunoprecipitation, CoIP: Co-Immunoprecipitation
DB: Dot Blotting, NB: Northern Blotting, RNA FISH: RNA Fluorescence in situ hybridization
※使用法・交差性の表記について:
*: 論文で報告されております(MBLでは未確認)。詳しくはデータシートをご覧ください。
**: 導入元からの情報です(MBLでは評価中もしくは未確認)。
※保存温度の表記について: RT: 室温
※本サイトの掲載製品は、品質改良のため予告なく仕様などの変更、または販売中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。