トップ > 製品検索結果一覧 > Code No. D357-3 Anti-Ace (CD143) (Mouse) mAb

Code No. D357-3

Anti-Ace (CD143) (Mouse) mAb

価格(税別)

¥48,000

在庫

10以上

(2019/09/20 00:05時点)

包装

100 µg/100 µL

本モノクローナル抗体(クローン 1D5)は、マウス精巣のACE(testicular ACE)を抗原として作製されました。体細胞型Aceと精巣型Aceの両方を認識します(PMID: 16870943)。ウェスタンブロッティングや免疫染色でお使いいただけます。
データ
  • Western Blotting

  • Immunohistochemistry

クローナリティー Monoclonal クローン 1D5
アイソタイプ
(免疫動物)
Mouse IgG2bκ
使用法
WB
1 µg/mL  
IH
1 µg/mL (Heat treatment is necessary for paraffin embedded sections.)  
免疫原(抗原) Recombinant protein corresponding to N-terminal region of mouse tACE (testicular ACE) without the signal peptide
交差性
[Gene ID]

Mouse[11421]

性状 1 mg/mL in PBS/50% glycerol, pH 7.2
保存温度 -20°C 標識 Unlabeled メーカー MBL
別称 angiotensin I converting enzyme (peptidyl-dipeptidase A) 1, DCP, ACE1, DCP1
背景 Angiotensin Converting Enzyme(ACE; アンジオテンシン変換酵素)は、Angiotensin I を活性体であるAngiotensin IIに変換することによって血圧を制御する触 媒酵素であり、細胞膜上に存在するタンパク質である。ACEには全身の細胞に広く発現するsomatic ACE(sACE)と、限られた組織にのみ発現するgerminal ACE(gACE)が存在し、gACEは精巣に発現していることが知られている。本モノクローナル抗体(クローン 1D5は、マウス精巣のACE(testicular ACE)を抗原として作製された。Testis-specific isozymeであるtACEは、未成熟精子細胞と成熟した精子の両方に発現していて、受精の際に精子の透明帯結合に関わる分子の一つである。 Calmegin、ADAM1、ADMA2、ADAM3とともにノックアウトすると透明帯に結合できなくなることが知られている。
関連製品 M207-3 Anti-MitoPLD (Pld6) mAb
PM043 Anti-PIWIL2 (MILI) (Mouse) pAb
PM044 Anti-PIWIL2 (MILI) (Mouse) pAb
D356-3 Anti-Jmjd1c (Mouse) mAb
M077-3 Mouse IgG2b (isotype control)
D363-3 Anti-Ly6k (Mouse) mAb
D365-3 Anti-PIWIL2 (MILI) (Mouse) mAb
参考文献
  1. Hagaman JR et al. Angiotensin-converting enzyme and male fertility. PNAS. 95, 2552-7 (1998)(PMID: 9482924
  2. Yamaguchi R et al. Aberrant distribution of ADAM3 in sperm from both angiotensin-converting enzyme (Ace)- and calmegin (Clgn)-deficient mice. Biol Reprod. 75, 760-6 (2006)(PMID: 16870943
  3. Deguchi E et al. Dipeptidase-inactivated tACE action in vivo: selective inhibition of sperm-zona pellucida binding in the mouse. Biol Reprod. 77, 794-802 (2007)(PMID: 17634445
  4. Fujihara Y et al. Expression of TEX101, regulated by ACE, is essential for the production of fertile mouse spermatozoa. PNAS 110, 8111-6 (2013)(PMID: 23633567
  5. Fujihara Y et al. GPI-anchored protein complex, LY6K/TEX101, is required for sperm migration into the oviduct and male fertility in mice. Biol Reprod. 90, 60 (2014)(PMID: 24501175
製品
カテゴリー
分野
幹細胞研究
細胞膜表面抗原
この製品に関するお問い合わせをする

※在庫につきましては2019年09月20日 00時05分時点における在庫数を表示してあります。
※価格の赤色表示につきましては、キャンペーン価格の表示となっております。
※このサイトからは直接注文はできません。ご注意ください。
※使用法の表記について:
WB: Western Blotting, IH: Immunohistochemistry, IC: Immunocytochemistry, IP: Immunoprecipitation,
FCM: Flow Cytometry NT: Neutralization, IF: Immunofluorescence, RIP: RNP Immunoprecipitation,
ChIP: Chromatin Immunoprecipitation, CoIP: Co-Immunoprecipitation
DB: Dot Blotting, NB: Northern Blotting, RNA FISH: RNA Fluorescence in situ hybridization
※使用法・交差性の表記について:
*: 論文で報告されております(MBLでは未確認)。詳しくはデータシートをご覧ください。
**: 導入元からの情報です(MBLでは評価中もしくは未確認)。
※保存温度の表記について: RT: 室温
※本サイトの掲載製品は、品質改良のため予告なく仕様などの変更、または販売中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。