トップ > 製品検索結果一覧 > Code No. PM013 Anti-GST-tag pAb

Code No. PM013

Anti-GST-tag pAb

価格(税別)

¥36,000

在庫

10以上

(2019/09/23 00:05時点)

包装

100 µL

データ
  • Immunoprecipitation

クローナリティー Polyclonal クローン Polyclonal
アイソタイプ
(免疫動物)
Rabbit IgG
使用法
WB
1:1,000  
IP
5 µL/sample  
免疫原(抗原) recombinant bacterial glutathione S-transferase, which was purified from pGEX-5X-3 vector using GSH column
性状 PBS/50% glycerol, pH 7.2
保存温度 -20°C 標識 Unlabeled メーカー MBL
背景 Bacterial Glutathione S-transferase (GST) from Schistosoma japonicum is a widely used protein fusion partner, since it provides exhibits little effect on the biological function of the protein of interest. The GST-tag fusion protein expression system allows for efficient coupling to glutathione (GSH) agarose affinity resins and purification by a single step chromatography. This specific antibody for GST-tag fusion protein is useful for monitoring of the fusion protein expression and affinity purification. It does not recognize mammalian GST.
関連製品 PM013-7 Anti-GST-tag pAb-HRP-DirecT
M071-3 Anti-GST-tag mAb
M209-3 Anti-GST-tag mAb
使用文献
使用文献募集中!本製品を使って論文を発表されましたら是非お知らせください。

Western Blotting

  1. Zhou J, Blissard GW. Identification of a GP64 subdomain involved in receptor binding by budded virions of the baculovirus Autographica californica multicapsid nucleopolyhedrovirus. J Virol. 82, 4449-60 (2008)(PMID:18287233)
  2. Sato M et al. Identification of Fyn as the binding partner for the WASP N-terminal domain in T cells. Int Immunol. 23, 493-502 (2011)(PMID:21705469)
  3. Izumi H, Kaneko Y. Trim32 facilitates degradation of MYCN on spindle poles and induces asymmetric cell division in human neuroblastoma cells. Cancer Res. 74, 5620-30 (2014)(PMID:25100564)
  4. Hirano T et al. he Fab fragment of anti-IgE Cε2 domain prevents allergic reactions through interacting with IgE-FcεRIα complex on rat mast cells. Sci Rep. 8, 14237(2018)(PMID:30250145)
製品
カテゴリー
ツール
エピトープタグ
ブランド
使用文献・データ募集プレゼント対象製品
この製品に関するお問い合わせをする

※在庫につきましては2019年09月23日 00時05分時点における在庫数を表示してあります。
※価格の赤色表示につきましては、キャンペーン価格の表示となっております。
※このサイトからは直接注文はできません。ご注意ください。
※使用法の表記について:
WB: Western Blotting, IH: Immunohistochemistry, IC: Immunocytochemistry, IP: Immunoprecipitation,
FCM: Flow Cytometry NT: Neutralization, IF: Immunofluorescence, RIP: RNP Immunoprecipitation,
ChIP: Chromatin Immunoprecipitation, CoIP: Co-Immunoprecipitation
DB: Dot Blotting, NB: Northern Blotting, RNA FISH: RNA Fluorescence in situ hybridization
※使用法・交差性の表記について:
*: 論文で報告されております(MBLでは未確認)。詳しくはデータシートをご覧ください。
**: 導入元からの情報です(MBLでは評価中もしくは未確認)。
※保存温度の表記について: RT: 室温
※本サイトの掲載製品は、品質改良のため予告なく仕様などの変更、または販売中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。