トップ > 製品カテゴリー > フローサイトメトリー用試薬 > TransFix:細胞表面抗原安定化試薬
“TransFix:細胞表面抗原安定化試薬アイコン"

TransFix®:細胞表面抗原安定化試薬




TransFix®は、フローサイトメトリー用に使用する細胞の表面抗原を安定化する試薬です。
血液サンプルは細胞の自然分解によるダメージを受けるため、採血後24~48時間以内に分析することが望まれます。しかし実験の都合によっては、休日を挟んだり、輸送に時間を要すなどのケースが想定されます。
本試薬は全血に添加するだけで、白血球の細胞表面抗原を最長14日間安定に保存できます。細胞を安定化することで、アポトーシスやタンパク分解を防ぐことができ、新鮮な血液と同等の分析結果を得ることができます。
ヒト全血由来の細胞以外にも、脳脊髄液、骨髄、循環腫瘍細胞(CTC)、様々な動物種の血球に使用可能です。

TransFix誕生話

特長

■サンプルに加えて転倒混和させるだけです。
■細胞表面抗原を、2~25℃で最長14日間、25~37℃で4日間安定に保存可能です。
■サンプルの希釈が最小限に抑えられます。
■血液に含まれる干渉物質(ビリルビン、中性脂肪、ヘモグロビン)の影響を受けません。
転倒混和

サンプル安定化の利点

■長期保存が可能。
■実験スケジュールが組みやすい。
■たび重なる採血が不要。
■突然の機械の故障で解析が遅れる場合も安心。


使用上の注意点

■採取後、できるだけ速やかに(6時間以内)TransFix®と混合してください。
■TransFix®を加える前のサンプルは、18~25℃に保持してください。冷蔵はしないでください。
■冷蔵保存していたTransFix®は、使用の2時間前に取り出し室温に戻してください。
■ボルテックスはしないでください。


使用方法

全血サンプル

■抗凝固剤を含むヒト全血サンプル1 mLに対し、TransFix® 0.2 mLを添加するだけで、細胞を安定化することができます。
■抗凝固剤入りの全血サンプルをご使用ください。クエン酸やヘパリンも使用可能ですが、EDTAをおすすめします。
■ヒト以外にも、マウス、ラット、モルモット、ヒツジ、ウマ、ブタ、アオウミガメの血液サンプルにご利用いただけます。
※使用量については条件検討が必要です。


使用できる抗体リスト

製造元により検証された抗体一覧はこちら


製品ラインアップ

試薬が分注済みのチューブタイプと、サンプルによって使用量を自由に調整できる溶液タイプがあります。
2~8℃で保存することをおすすめします。
※2~25℃でも保存できますが、凍結はさけてください。


チューブタイプ

1.2 mLまたは5 mLサイズのチューブに0.2 mLのTransFix®が入ったタイプです。サンプルを添加するだけの簡便な操作で、細胞を安定化することができます。ただし、 これらのチューブには抗凝固剤は含まれていません。
1.2 mLチューブは、1 mLの抗凝固剤入りヒト全血の添加に適しています。5 mLチューブは、細胞数の少ないサンプルの場合に適しています。
製品写真1


製品リスト
Code No.品名包装価格
TF-1-2 TransFix® Sample Storage Tubes (2 x 1.2 mL tubes) 0.2 mL /1.2 mLチューブ x 2本 ¥4,000
TF-1-10 TransFix® Sample Storage Tubes (10 x 1.2 mL tubes) 0.2 mL /1.2 mLチューブ x 10本 ¥15,000
TF-1-25 TransFix® Sample Storage Tubes (25 x 1.2 mL tubes) 0.2 mL /1.2 mLチューブ x 25本 ¥33,000
TF-1-50 TransFix® Sample Storage Tubes (50 x 1.2 mL tubes) 0.2 mL /1.2 mLチューブ x 50本 ¥60,000
TF-5-2 TransFix® Sample Storage Tubes (2 x 5 mL tubes) 0.2 mL /5 mLチューブ x 2本 ¥5,000
TF-5-10 TransFix® Sample Storage Tubes (10 x 5 mL tubes) 0.2 mL /5 mLチューブ x 10本 ¥23,000
TF-5-25 TransFix® Sample Storage Tubes (25 x 5 mL tubes) 0.2 mL /5 mLチューブ x 25本 ¥50,000
TF-5-50 TransFix® Sample Storage Tubes (50 x 5 mL tubes) 0.2 mL /5 mLチューブ x 50本 ¥92,000

溶液タイプ

溶液タイプは、様々なアプリケーションに柔軟に対応できます。サンプルのタイプによってTransFix®の量を調整することができ、またコストを抑えられます。
1 mLおよび20 mLの容量サイズがあり、1 mLチューブには、10・50本のパックサイズがあります。
製品写真2


製品リスト
Code No.品名包装価格
TF-B1-1 TransFix® 1 mL 1 mL ¥2,500
TF-B1-10 TransFix® 10 x 1 mL 1 mL x 10本 ¥22,000
TF-B1-50 TransFix® 50 x 1 mL 1 mL x 50本 ¥98,000
TF-B20-1 TransFix® 20 mL 20 mL ¥41,000

使用文献

  1. Dagur PK et al. Collection, Storage, and Preparation of Human Blood Cells. Curr Protoc Cytom. 73, 5.1.1-16 (2015)(PMID:26132177
  2. Seliger C et al. A rapid high-precision flow cytometry based technique for total white blood cell counting in chickens. Vet Immunol Immunopathol. 145, 86-99 (2012)(PMID:22088676
  3. Canonico B et al. Flow cytometric profiles, biomolecular and morphological aspects of transfixed leukocytes and red cells. Cytometry B Clin Cytom. 78, 267-278 (2010)(PMID:20222065
  4. Rubbenstroth D et al. Effects of cyclosporin A induced T-lymphocyte depletion on the course of avian Metapneumovirus (aMPV) infection in turkeys. Dev Comp Immunol. 34, 518-529 (2010)(PMID:20043941
  5. Feldmann J et al. Downregulation of the T-cell receptor by human immunodeficiency virus type 2 Nef does not protect against disease progression. J Virol. 83, 12968-12972 (2009)(PMID:19812166
  6. Plate MM et al. Evaluation of the blood stabilizers TransFix and Cyto-Chex BCT for low-cost CD4 T-cell methodologies. Viral Immunol. 22, 329-332 (2009)(PMID:19811090
  7. Canonico B et al. Evaluation of leukocyte stabilisation in TransFix-treated blood samples by flow cytometry and transmission electron microscopy. J Immunol Methods. 295, 67-78 (2004)(PMID:15627612
  8. Bergeron M et al. Evaluation of stabilized blood cell products as candidate preparations for quality assessment programs for CD4 T-cell counting. Cytometry. 50, 86-91 (2002)(PMID:12116350