トップ > メールマガジン > ≪論文になりました!~QuickSwitchカスタムテトラマーキット~≫
MBL研究用試薬情報サービス2019年10月4日号(第268号)

メールマガジン

≪論文になりました!~QuickSwitchカスタムテトラマーキット~≫
MBL研究用試薬情報サービス2019年10月4日号(第268号)

☆★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

>>QuickSwitchTMカスタムテトラマーキットが論文になりました!<< 
MBL研究用試薬情報サービス 2019年10月4日号(第268号)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆★

注目製品、QuickSwitchTMカスタムテトラマーキットを使った論文が報告されました!

◆ 網羅的スクリーニングにより異なるドナーのPBMCから新しいCMVエピトープ候補を見つけ出し、
MHCテトラマーを作製して、目的のT細胞の存在率を確認。
Kula T et al. T-Scan: A Genome-wide Method for the Systematic Discovery of T Cell Epitopes. Cell.178, 1016-1028.e13. (2019)
PMID: 31398327

◆ 患者のTILから目的のT細胞をソーティングするために使用。
Lo W et al. Immunologic Recognition of a Shared p53 Mutated Neoantigen in a Patient with
Metastatic Colorectal Cancer. Cancer Immunol Res. 7, 534-543 (2019)
PMID: 30709841

☆---------------------------------------★
QuickSwitchTMカスタムテトラマーキット
★---------------------------------------☆

【製品概要】
本製品は独自のペプチド交換反応技術を使い、お好みのペプチドを搭載したMHCテトラマー試薬が研究室内で簡単に作れるキットです。ネオアンチゲンの探索研究などにご利用いただけます。

【特長】
・4時間の反応でテトラマー交換完了
・UVランプなど、特殊な装置は不要
・ペプチド交換効率も評価可能(Quant Kitシリーズ)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
なお、本情報サービスについてご意見、ご要望などお待ちしております。