トップ > 製品カテゴリー > 複数回膜貫通タンパク質 > Gタンパク質結合受容体(GPCR)

Gタンパク質結合受容体(GPCR)


GPCR抗体 800種以上!組織染色(IHC)に使用可能!

Gタンパク質共役型受容体ファミリー(GPCR)は、7回膜貫通型の受容体で、GPCRをコードする遺伝子は1000以上が同定されています。リガンド結合により細胞外のシグナルを細胞内のG蛋白質に伝達し、様々な細胞内セカンドメッセンジャーシステムを活性化したり阻害したりしています。 GPCRは、神経伝達物質、ホルモン、走化因子などの内因性リガンドが明らかなもの、味覚、嗅覚、視覚等の感覚受容体、リガンドの不明なオーファン受容体(約150種類)に分類されます。その機能は生理的に重要で、創薬のターゲットとして注目されています。

MBLでは、組織染色(IHC)に使えるGPCR抗体を800種以上取り揃えております。
GPCR抗体リストはこちら
抗体の推奨使用濃度表はこちら (PDF: 64KB)

GPCRとは?