トップ > 製品カテゴリー > 代謝 > CircuLex 終末糖化産物

CircuLex™ ブランド 終末糖化産物


AGE ELISA Kit

CML老化と長期の糖尿病患者に観察されるタンパク質の構造的・機能的な変異に関与すると考えられている終末糖化産物Advanced glycation end products (AGEs) は、ブドウ糖などの還元糖とタンパク質のアミノ基が反応した様々な構造をもつ付加化合物で、複数の化学構造が報告されています。その中でもNε-(Carboxymethyl)lysine (CML) は、腎炎、網膜症、アテローム性動脈硬化症などを併発した糖尿病患者において、その血中濃度が上昇していることが報告されています。CMLはAGE受容体 (RAGE) に結合し、NF-κBなどの細胞シグナル伝達系を活性化します。また、CML/RAGE経路は、ヒト臍帯静脈内皮細胞において、 vascular cell adhesion molecule-1の発現を増強することが示されています。

CircuLex CML/Nε-(Carboxymethyl)lysine ELISA Kit   [使用文献]



sRAGE ELISA Kit and AGE-RAGE in vitro Binding Assay Kit

sRAGEAGE受容体(RAGE)は多様なクラスのリガンドと相互作用するパターン認識受容体です。RAGEは、炎症、糖尿病、アルツハイマー病、全身性アミロイドーシス、腫瘍など様々な疾患の発症に関与すると考えられています。
可溶性RAGE(sRAGE)は、RAGE の細胞外ドメインがマトリックスメタロプロテアーゼ(MMP)により切断されて生成します。また、血清中で検出することができます。さらに選択的スプライシングmRNAに由来する別の可溶RAGE、すなわちesRAGEも発見されています。sRAGEにはRAGEの機能を中和する可能性があるため、さまざまな病態の患者における血清中のsRAGE濃度の意義が検討されてきました。その結果、冠動脈疾患のリスクの高さとsRAGEレベルの低下が関連していることが示されました。アルツハイマー病では脳血管性認知症や対照患者と比較して、血清sRAGE の有意な低下が観察されました。一方、末期腎不全と急性肺損傷患者では、血清sRAGEレベルが増加することが報告されています。

CircuLex Human sRAGE ELISA Kit
CircuLex AGE-RAGE in vitro Binding Assay Kit



Anti-CML Autoantibody ELISA Kit

生体内に存在する終末糖化産物Advanced glycation end products (AGEs) の構造が、抗AGEs自己抗体を惹起する免疫学的エピトープとして作用していると想定されてきました。AGEsに対する自己抗体の中でも特に、streptozotocin (STZ)誘導糖尿病ラットやいくつかの疾患の患者でNε-(Carboxymethyl)lysine (CML) に対する自己抗体の存在が報告されています。抗CML自己抗体は、健常人や腎疾患を伴わない糖尿病患者よりも腎疾患を併発している糖尿病患者でより高値であることが報告されています。これらの結果は、抗CML自己抗体が、糖尿病の腎症または慢性腎疾患の発症に重要な役割を演じていることを示唆しています。CircuLex Anti-CML autoantibody ELISA Kit は、CML-BSAおよびBSAを固相化したマイクロプレートを用いたELISA法により、血清や血漿中の抗CML自己抗体を半定量する試薬です。

CircuLex Anti-CML human autoantibody ELISA Kit  [使用文献]
CircuLex Anti-CML mouse autoantibody ELISA Kit
CircuLex Anti-CML rat autoantibody ELISA Kit  [使用文献]



Glycated Proteins /
Advanced glycation end products (AGEs)

終末糖化産物Advanced glycation end products (AGEs) は、タンパク質と糖との間の非酵素的糖化反応 (メイラード反応) の後期段階で生成する構造体の総称で、老化や長期の糖尿病等で生じるタンパク質の構造的・機能的変性です。Nε-(carboxymethyl) lysine (CML)やNε-(carboxyethyl) Lysine (CEL) は、AGEsの主要な構造体であり、いくつかの糖尿病の合併症例で血中濃度が上昇することが報告されています。またAGEsは、ブドウ糖からだけでなく、グリケーションにより生成するジカルボニル化合物、糖自動酸化や糖代謝からも生じます。急速に進行する糖尿病で形成される様々なタイプのAGEsが、ヒトメサンギウム細胞でDNA合成の阻害やアポトーシスを誘導することが報告されています。

終末糖化産物一覧


終末糖化産物関連試薬

Anti-RAGE (Human) mAb
CircuLex RAGE/HEK293 Cell line (customization)