トップ > 製品カテゴリー > ドラッグディスカバリー > Tyrosine Kinase Assay Kits

Tyrosine Kinase Assay Kits


チロシンキナーゼは、細胞外から細胞内への様々なシグナル伝達に関する主要な酵素で、細胞外領域をもつ受容体型チロシンキナーゼと細胞外領域をもたない非受容体型チロシンキナーゼに分類されます。
受容体型チロシンキナーゼは、リガンドが受容体に結合することで、二量体化と細胞内チロシンキナーゼ領域によるリン酸化を通して活性化すると考えられています。様々な受容体と共役して機能する非受容体型チロシンキナーゼについても、同様の活性化機構が予想されています。 サイトカインや増殖因子により活性化されたチロシンキナーゼは、様々な細胞内シグナル伝達経路を活性化し、転写因子の活性化、遺伝子発現へとつながります。 CycLex Kinase Assay/Inhibitor Screening Kitは、酵素と基質の最適な組み合わせ、反応条件の最適化、B/F分離により、RIを用いた測定と相関した結果が得られることが確認されています。

◎ELISA法により、簡単、迅速なアッセイが可能です。
◎インヒビターやアクチベーターのスクリーニングに最適です。
◎薬理作用効果の探索に最適です。
◎放射能、毒物、劇物などを一切使用していません。


Met Kinase Assay/Inhibitor Screening Kit

受容体型チロシンキナーゼであるMetは、ヘテロダイマーを形成し、そのC末端の細胞内ドメインは、色々なシグナル分子と結合する多機能結合部位を含んでいます。Met のリガンドは上皮細胞の異常な増殖を刺激するHGF/scatter factorであり、上皮、内皮、筋芽細胞、脊髄運動ニューロンと造血細胞を含む多くの細胞に影響を及ぼす多機能因子です。HGF-Met相互作用により活性化されるシグナル経路は、細胞接着や運動性に関係しています。そのため、Metは腫瘍の浸潤性増殖に関与し、Met活性の調節不全は腫瘍転移を引き起こすと考えられています。

Met Kinase Assay/Inhibitor Screening Kit


Pyk2 Kinase Assay/Inhibitor Screening Kit

Fakファミリーに属するPyk2 (Prorin-rich Tyrosine Kinase 2)は、種々の刺激 ( たとえばTNF-α、浸透性の変化、細胞内Ca2+ 上昇、LPA、ブラジキニン) に応じて活性化します。Pyk2は主に中枢神経系・造血細胞系で発現し、その活性化はイオンチャンネル機能の調節とMAPK/p38カスケードの開始につながります。さらに、Pyk2 はJNKシグナル経路のストレス感受性メディエーターであり、神経系では短期および長期のカルシウム依存性の情報伝達メカニズムに関与すると考えられています。

Pyk2 Kinase Assay/Inhibitor Screening Kit


FGFR2 Kinase Assay/Inhibitor Screening Kit

線維芽細胞成長因子 (FGF) は、細胞成長、組織分化、血管形成などのプロセスに関与します。FGFRファミリーは、FGFR1-4のメンバーからなっています。FGFR1とFGFR2遺伝子は正常および乳癌両方の組織で発現しており、FGFR1とFGFR2の過剰発現と増幅を含む変化は初期乳癌例の5-10%に見られることが報告されています。FGFR2遺伝子は、Crouzon症候群の要因となる突然変異と同じ染色体領域に局在し、FGFR2遺伝子の突然変異は、Crouzon症候群、Apert症候群、ファイファー症候群、ジャクソン-ワイス症候群患者において認められたと報告されています。

FGFR2 Kinase Assay/Inhibitor Screening Kit


c-Src Kinase Assay/Inhibitor Screening Kit

非受容体型チロシンキナーゼであるSrcファミリーは、様々な情報伝達経路において重要な役割をもち、細胞分裂・運動性・細胞接着・血管形成と生存等の多様なプロセスを制御しています。Srcファミリーキナーゼは様々な細胞タイプの悪性転換を誘発することができ、多くの癌、特に大腸癌や乳癌でしばしば過剰発現しています。さらに、c-Src活性は悪性度や生存率と相関が見られます。c-Srcは、細胞増殖、細胞同士の接着性の喪失、細胞の移動、浸潤、アポトーシスに対する抵抗性の獲得、血管新生を含む腫瘍増殖の亢進など、癌の悪性化に関与する複数の段階に重要な働きをしています。

c-Src Kinase Assay/Inhibitor Screening Kit


p56Lck Kinase Assay/Inhibitor Screening Kit

Lckは、Tリンパ球で主に発現しているSrcファミリーに属する56kDaのチロシンキナーゼです。Lckの過剰発現によりT細胞は抗原刺激に対して過敏に応答するようになります。また、Lck欠損又はドミナントネガティブ変異型のLckを持つマウスは、T細胞の成熟に著しい障害を示します。Lckは、ユニークなN末端領域、SH3、SH2 とキナーゼドメインから構成されています。Lckは膜に局在しますが、一部の細胞内Lckはシステイン残基を介してCD4の細胞内部位に結合します。CD4は抗原提示細胞のクラスII MHC分子と結合し、Lckを活性化します。CD4と結合したLckは、CD4コレセプターとして、免疫学的に重要なシグナルを伝達します。

p56Lck Kinase Assay/Inhibitor Screening Kit


TrkA Kinase Assay/Inhibitor Screening Kit

Trkファミリーは、受容体型チロシンキナーゼに属する140kDaの膜貫通糖タンパク質です。哺乳類では3 種のTrkファミリー遺伝子が確認されています。Nerve growth factor (NGF) はTrkAの、Brain-derived Neurotrophic Factor (BDNF)とNeurotrophin-4/5 (NT-4/5)はTrkBの、Neurotrophin-3 (NT-3)はTrkCのリガンドです。NT-3は、TrkAとTrkBのリガンドでもあります。キナーゼドメインは非常に似ていますが、細胞外ドメインはそれぞれ異なります。Trkは、これら神経栄養因子の結合により二量体化し、互いに2箇所のチロシン残基を自己リン酸化することにより、下流のシグナル経路の活性化が誘導されます。下流のRas/Raf/MEK/MAPKシグナルカスケードは、ニューロンの分化と神経突起の発達を誘導します。

TrkA Kinase Assay/Inhibitor Screening Kit


EphA2 Kinase Assay/Inhibitor Screening Kit

EphA2は、タイプI 膜貫通型糖タンパク質であるEph受容体型チロシンキナーゼファミリーに属します。Ephファミリーのリガンドはエフリンであり、GPIに結合したエフリンAはEphAに、膜貫通型のエフリンBはEphBに結合し、ニューロンと神経冠細胞の構成、胚形成、組織構造形成と血管形成などの接触依存性の細胞相互作用を仲介します。EphA2の過剰発現は、悪性転換、予後不良、転移性進行と相関します。EphAは腫瘍の新生血管において発現が見られ、腫瘍血管形成の役割を担うことが示されました。これらのことから、EphA2は、腫瘍免疫治療の有力な標的と考えられています。EphA2は、悪性細胞内では通常リン酸化されておらず、リン酸化されているEphAとは異なり、リン酸化酵素活性を有します。リン酸化されていないEphA2は、腫瘍細胞成長、浸潤、生存を促進し、リン酸化されたEphA2は、細胞成長と浸潤を抑制的に機能します。

EphA2 Kinase Assay/Inhibitor Screening Kit


Wee1 Kinase Assay/Inhibitor Screening Kit

Wee1は、Cdc2のATP結合域にあるTyr15をリン酸化することにより、Cdc2を不活性化します。Wee1はS 期とG2期に発現し、そのリン酸化酵素活性も増加しますが、M期には一過的にリン酸化されることにより活性が減少します。さらに、タンパク量もM期からG1期にかけて減少します。Wee1は、Cdc2をリン酸化することにより、細胞がM期以前に分裂することを抑制しています。また、哺乳動物細胞では、DNA損傷 に対して複数のチェックポイント機構が知られていますが、Wee1はCdc2の活性化を抑制することにより、Chk1とともに、G2 チェックポイントを担う主要な因子として機能しています。

Wee1 Kinase Assay/Inhibitor Screening Kit