トップ > 製品カテゴリー > 免疫 > NKT細胞の検出に最適 T-Select CD1d Tetramer

T-Select CD1d Tetramer


NKT細胞の検出に最適

CD1dテトラマー模式図

 CD1d 分子は、β2-microglobulin (β2m) と非共有結合した膜タンパク質で、ヒト、マウス間でホモロジーが非常に高いことが知られています。CD1d 分子は、糖脂質抗原を提示することでCD1d拘束性のNKT細胞を活性化することが報告されています。実験的には、CD1d分子に提示される物質として、海綿から抽出・分離された糖脂質である α-galactosylceramide (α-GalCer) がよく用いられます。
 CD1d Tetramer は、CD1d と β2m の複合体を PE または APC 標識されたストレプトアビジンにより 4 量体化した試薬です。本試薬に α-GalCer を結合させることで、CD1d 拘束性のNKT細胞をフローサイトメトリーにより高感度に検出できます。NKT細胞関連抗体と組み合わせることで、より簡便にNKT細胞の機能解析を行うことができます。

Human CD1d Tetramer を用いたNKT細胞の検出


 健常人末梢血より PBMC を分離し、10 µLの Clear Back (Human Fc receptor blocking reagent, MBL Code no. MTG-001) を加えて室温で 5分間インキュベーションしました。これに CD3-FITC と Human CD1d Tetramer-PE (α-GalCer 結合なし、α-GalCer 結合あり) を加え、4℃暗所にて30分静置しました。フローサイトメトリーで 測定したところ、CD3 陽性細胞中に 0.01-0.55 % の NKT細胞を検出できました。

Human CD1d Tetramer と anti-human TCR Vα24-Jα18(clone 6B11) 抗体の検出感度比較

 健常人末梢血より PBMC を分離し、10 µLの Clear Back (Human Fc receptor blocking reagent, MBL Code no. MTG-001) を加えて室温で 5分間 インキュベーションしました。これに、Human CD1d Tetramer-PE (α-GalCer 結合なし、α-GalCer 結合あり)と、anti-human TCR Vα24-Jα18 (clone 6B11) -FITC、mouse IgG1-FITC (isotype control) または CD3-FITCを加え 4℃ 暗所にて 30分静置しました。フローサイトメトリーで測定したところ、全体の細胞数に対して、CD1d Tetramer では 0.47%、anti-human TCR Vα24-Jα18 (clone 6B11) では 0.29% の NKT細胞が検出されました。

Mouse CD1d Tetramer を用いた NKT 細胞の検出

 C57BL/6 マウス脾臓細胞を調製し、CD4-FITC と Mouse CD1d Tetramer-PE (α-GalCer 結合なし、α-GalCer 結合あり) を加え、4℃暗所にて 30分静置しました。フローサイトメトリーで測定したところ、全体の 2.33% の NKT細胞を検出できました。

CD1d Tetramer に使用する α-GalCer の溶解と load

★本製品には、α-GalCerは含まれておりません。

製品リスト


よくあるご質問

CD1d Tetramer FAQ

参考文献

1) Matsuda JL, et al. J. Exp. Med. 192: 741-754 (2000) PubMed:10974039
2) Benlagha K, et al. J. Exp. Med. 191: 1895-1903 (2000) PubMed:10839805
3) Karadimitris A, et al. PNAS 98: 3294-3298 (2001) PubMed:11248072
4) Kita H, et al. Gastroenterology 123: 1031-1043 (2002) PubMed:12360465
5) Sidobre S, and Kronenberg M, J. Immunol. Methods 268: 107-121 (2002) PubMed:12213347
6) Wu D, et al. PNAS 102: 1351-1356 (2005) PubMed:15665086
7) Li D, et al. J. Immunol. 182: 1033-1040 (2009) PubMed:19124746