トップ > 製品カテゴリー > 細胞培養関連試薬 > オルガノイド培養用 Afamin/Wnt3a CM
JSRLS-logo

オルガノイド培養用 Afamin/Wnt3a CM


無血清培地における安定的なオルガノイド培養の実現に!

特徴

  • 安定したWnt3a活性
  • 無血清培地によるオルガノイド培養が可能
  • オルガノイドの長期培養の実現


Wntタンパク質の重要性

Wntシグナルは初期発生や幹細胞の維持と再生、がん化に関与していることが知られており、これらの増殖・維持に重要な役割を果たしています。特にWnt3aは腸管上皮細胞におけるLgr5陽性幹細胞の増殖維持に必須のニッチ成分であることが明らかとなり、小腸、大腸、胃、膵臓、肝臓など様々な消化管オルガノイドの作製に使用されています。


Afamin/Wnt3aについて

Wnt3aは、従来より消化管オルガノイドの培養に利用されていましたが、脂溶性タンパク質であるため無血清培養液中で凝集体を形成し、十分に活性を発揮できないことが課題でした。
Miharaらは、血清の構成成分の一つであるAfaminがWnt3aと複合体を形成することにより、高いWnt3a活性が維持できることを見出しました(PMID: 26902720)。また、 AfaminとWnt3aの複合体をオルガノイドの培養に使用することにより、オルガノイドの長期培養が可能となりました。

Afamin/Wnt3aコンプレックスの概要図
Afamin/Wnt3aコンプレックスの概要図

Afamin/Wnt3aコンプレックスの安定性
Afamin/Wnt3aコンプレックスの安定性

Mihara, et al, eLife (2016) [PMID: 26902720]


Afamin/Wnt3a CMを用いた消化管オルガノイドの長期培養

Wnt3a CM(Wnt3a単独発現培地)、Wnt3a精製品およびAfamin/Wnt3a CM(Afamin/Wnt3a共発現培地)存在下で消化管オルガノイドを長期培養しました。
Afamin/Wnt3a CM存在下では、18日間の長期培養でもオルガノイドが維持できました。

Afamin/Wnt3a CMを用いた消化管オルガノイドの長期培養
Mihara, et al, eLife (2016) [PMID: 26902720]


Afamin/Wnt3a CMによるLGR5陽性細胞の維持培養

Afamin/Wnt3a CM及び他社製品の組換えWnt3a存在下で、Lgr5プロモーターの制御下にtdTomatoを発現するオルガノイド株を培養しました。Afamin/Wnt3a CM存在下での培養では、高いレベルでLGR5陽性細胞を維持していることが確認できました。
Afamin/Wnt3a CMによるLGR5陽性細胞の維持培養
出典:慶應義塾大学医学部消化器内科佐藤俊朗准教授との共同研究成果より


Wnt3a試薬の比較

Afamin/Wnt3a CMPurified Wnt3aWnt3a conditioned
medium prepared in lab
Wnt3a活性 Afaminによって安定化された
高いWnt3a活性
培養液中で凝集体を形成するため
不十分なWnt3a活性
血清で安定化された
高いWnt3a活性
品質評価 Wnt3aシグナル活性評価 多くはタンパク質定量
Wnt3a活性にLot間差がある場合もある
各研究室で調製されており、
発現量・活性ともに未確認
血清の有無 無血清 無血清 血清入り
血清由来成分がオルガノイド培養に
影響を与える恐れあり

Afamin/Wnt3a CM 製品仕様

Afamin/Wnt3a CMはAfaminとWnt3aタンパク質を無血清培地中に共発現させたConditioned Mediumであり、無血清培地中で高いWnt3a活性が期待できます。

Code No.品名主要成分包装形態溶媒保存期間
J-ORMW301R Afamin/Wnt3a CM Mouse Wnt3a
Human Afamin
10 mL Advanced
D-MEM/F-12
ラベルに記載


使用文献

  • E. Mihara, et al., Active and water-soluble form of lipidated Wnt protein is maintained by a serum glycoprotein afamin/α-albumin., eLife 5 (2016) [PMID: 26902720]
  • K. Nanki, et al., Divergent routes toward Wnt and R-spondin niche independency during human gastric carcinogenesis., Cell 174 (2018) [PMID: 30096312]
  • S. Sugimoto, et al., Reconstruction of the human colon epithelium in vivo., Cell Stem Cell 22 (2018) [PMID: 29290616]
  • T. Seino, et al., Human pancreatic tumor organoids reveal loss of stem cell niche factor dependence during disease progression., Cell Stem Cell 22 (2018) [PMID: 29337182]