抗体医薬開発支援

サービス概要

創薬支援サービスの一環として、ファージディスプレイ法を主とする抗体医薬開発支援を行っています。
抗体医薬シーズ、細胞治療用(CAR-T等)、診断薬の抗体開発をお手伝いします。お気軽にお問い合わせください。

無料 ウェビナーオンデマンド配信中!

MBLの抗体開発技術の強み

日本で最初の抗体メーカーとして設立されたMBLにとって、抗体作製技術は基幹技術であり、価値創造の源泉として以下3つの強みを持っています。

Point1
創業以来の豊富な経験と
ノウハウ
Point2
幅広い抗体開発技術と多様なニーズへの対応力
Point3
抗体医薬シーズの導出実績

さらに詳しく「抗体開発における8つの工程」

1. 創業以来の豊富な経験とノウハウ

  • 製品開発実績: 4,000品目以上
  • 受託サービス実績数: 18年間で10,000件以上

当社は1969年の創業以来、4,000品目以上の抗体製品を自社で開発してきました。培ったノウハウを生かした抗体作製受託サービスは、受託前のコンサルテーションから納品後対応まで高い評価をいただき、18年間で10,000件以上のカスタム抗体に取り組んでまいりました。現在ではこれまでの豊富な経験を活用し、ファージディスプレイ法を主軸とした抗体医薬開発の支援事業を行っています。

2. 幅広い抗体開発技術と多様なニーズへの対応力

  • モノクローナル抗体動物種: 8種類
  • 抗体関連の所有ライセンス数: 20以上

当社では、ハイブリドーマ法、ファージディスプレイ法、SPYMEG技術(新規ヒトフュージョンパートナー細胞)を3大抗体技術として位置づけ、20以上の抗体技術ライセンスを所有しています(2020年7月1日現在)。近年ではMAGrahd技術やAI搭載エピトープ解析システム「MODELAGON™」を導入しています。またモノクロ―ナル抗体の動物種は多種多様です。ヒト、マウス、ラット、ウサギ、モルモット、ハムスター、ヒツジ、ニワトリに対応しており、難易度の高い抗体取得にも柔軟に対応しています。

3. 抗体医薬シーズの導出実績

  • ライセンスアウト自社特許数: 6特許
  • 開発実施対象分子数: 200分子以上

2003年のオンコセラピーサイエンス株式会社との協業を皮切りに、受託や共同開発を通じて200以上のターゲット分子に対する抗体医薬シーズを開発・提供してきました。自社開発抗体のうち、6件の抗体医薬シーズ特許を国内外の製薬企業へ導出しています(2020年7月1日現在)。最近では中国最大手SINOPHARMの子会社、中国生物技術股份有限公司(China National Biotec Group Co Ltd:CNBG)と、感染症4疾患の完全ヒトモノクローナル抗体に関するライセンス契約を締結しています。

プレスリリース「感染症4疾患の完全ヒトモノクローナル抗体に関するライセンス契約締結のお知らせ(2020年5月11日)」

さらに詳しく「抗体開発における8つの工程」

MBL 創薬支援サービス ウェビナー

MBLの創薬支援サービスのうち「抗体医薬開発」「前臨床試験」についてご紹介いたします。

創薬支援サービスウェビナー
無料 オンデマンド配信

無料 ウェビナーオンデマンド配信中!

抗体医薬開発支援カタログ

2021年10月発行 PDF版: 800KB
抗体医薬開発支援カタログ

サービスに関する資料請求やお見積、納期など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ