トップ > 製品カテゴリー > エクソソーム > 製品ピックアップ > ExoCap Streptavidin Kit
“ExoCap Streptavidin Kitアイコン"

ExoCap™ Streptavidin Kit




  • ビオチン標識抗体と組み合わせて、目的のエクソソームが単離できます
  • ヒト由来の血清、血漿や細胞培養上清から高純度のエクソソームの単離が可能
  • 簡便な操作で迅速に高純度のエクソソームが単離できます
  • 単離したエクソソームは、WB、CLEIA、ELISA、フローサイトメトリーで使用可能です

ExoCap™ Streptavidin Kitは、体外診断システムの多検体処理や自動化に用いられてきた磁性粒子Magnospere™(JSR株式会社)を用いた分離担体(Streptavidin Magnetic Beads)と、エクソソームを捕捉・洗浄・抽出する各ステップで用いる緩衝液とを組み合わせた研究試薬キットです。
本キットは、ビオチン抗体と組み合わせて効率よくエクソソームが単離できます。皆様がお持ちのビオチン標識された抗体と、ExoCap™ Streptavidin Kitを一緒にお使いください。
また、弊社ではCD9、CD63、CD81、EpCAMに対する抗体をビオチン標識して販売しております。あわせてご利用ください。


ExoCap™ Streptavidin Kitのプロトコル概要


使用例

HT29細胞培養上清、健常者血清、血漿からのエクソソーム回収、Western Blottingによる評価

ExoCap™ Streptavidin Kitと、ビオチン標識(抗CD9抗体(Code No. MEX001-6)、抗CD63抗体(Code No. MEX002-6)) 抗体でエクソソームを回収。
超遠心法と、競合他社品と比較した。
それぞれのサンプルにおいて、ExoCap™ は超遠心法や競合品Aより強いシグナルが得られた。


1. Input
2. 超遠心
3. 競合品A + Anti-CD9 mAb biotin (Code No. MEX001-6)
4. ExoCap™ + Anti-CD9 mAb biotin (Code No. MEX001-6)
5. 競合品A + Anti-CD63 mAb biotin (Code No. MEX002-6)
6. ExoCap™ + Anti-CD63 mAb biotin (Code No. MEX002-6)

【夾雑物の確認】 夾雑物の有無を、SDS-PAGE、CBB染色にて確認


ExoCap™ Streptavidin Kit は競合他社製品と比較し、タンパク質の非特異的結合を低減している。

1. 超遠心
2. 競合品A + Anti-CD9 mAb biotin
3. ExoCap™ + Anti-CD9 mAb biotin
4. 競合品A + Anti-EpCAM mAb biotin
5. ExoCap™ + Anti-EpCAM mAb biotin


健常人血漿からエクソソームを回収、フローサイトメトリーによる解析


※競合品Aの磁性粒子は自家蛍光を発しているが、ExoCap™の磁性粒子は自家蛍光が弱い

HT29細胞培養上清からエクソソームを回収、フローサイトメトリーによる解析


ビオチン標識CD9抗体を結合したExoCap™ Streptavidin Kitおよび他社Streptavidin ビーズを使用してHT29細胞培養上清からエクソソームを回収し、FCMを実施した。 ExoCap™ Streptavidin Kit の方が、他社ビースと比較し、より良いS/N比を示した。

HT29細胞培養上清からエクソソームを回収、CLEIA法による解析


HT29細胞培養上清、健常人血清、健常人血漿由来のエクソソームからmiRNAを回収


ExoCap™ Streptavidin Kit (Code No. MEX-SA)と、ビオチン標識した抗CD9抗体で(Code No. MEX001-6)エクソソームを 回収。 ExoCap™ Nucleic Acid Elution Buffer (Code No. MEX-E)で核酸を精製した後にqRT-PCRを行い、 miR-21を検出した。


関連製品


「ExoCap」はJSR株式会社の登録商標です。