トップ > 製品カテゴリー > 細胞培養関連試薬 > オルガノイド培養用 Afamin/Wnt3a CM

オルガノイド培養用 Afamin/Wnt3a CM



 
 
 

無血清培地における安定的なオルガノイド培養の実現に! English 한국어 繁體中文 简体中文

特長

  • 安定したWnt3a活性
  • 無血清培地によるオルガノイド培養が可能
  • オルガノイドの長期培養の実現


Wntタンパク質の重要性

Wntシグナルは初期発生や幹細胞の維持と再生、がん化に関与していることが知られており、これらの増殖・維持に重要な役割を果たしています。特にWnt3aは腸管上皮細胞におけるLgr5陽性幹細胞の増殖維持に必須のニッチ成分であることが明らかとなり、小腸、大腸、胃、膵臓、肝臓など様々な消化管オルガノイドの作製に使用されています。


Afamin/Wnt3aについて

Wnt3aは、従来より消化管オルガノイドの培養に利用されていましたが、脂溶性タンパク質であるため無血清培養液中で凝集体を形成し、十分に活性を発揮できないことが課題でした。
Miharaらは、血清の構成成分の一つであるAfaminがWnt3aと複合体を形成することにより、高いWnt3a活性が維持できることを見出しました(PMID: 26902720)。また、 AfaminとWnt3aの複合体をオルガノイドの培養に使用することにより、オルガノイドの長期培養が可能となりました。

Afamin/Wnt3aコンプレックスの概要図
Afamin/Wnt3aコンプレックスの概要図

Afamin/Wnt3aコンプレックスの安定性
Afamin/Wnt3aコンプレックスの安定性

Mihara, et al, eLife (2016) [PMID: 26902720]


Afamin/Wnt3a CMを用いた消化管オルガノイドの長期培養

Wnt3a CM(Wnt3a単独発現培地)、Wnt3a精製品及びAfamin/Wnt3a CM(Afamin/Wnt3a共発現培地)存在下で消化管オルガノイドを長期培養しました。
Afamin/Wnt3a CM存在下では、18日間の長期培養でもオルガノイドが維持できました。

Afamin/Wnt3a CMを用いた消化管オルガノイドの長期培養
Mihara, et al, eLife (2016) [PMID: 26902720]


Afamin/Wnt3a CMによるLGR5陽性細胞の維持培養

Afamin/Wnt3a CM及び他社製品の組換えWnt3a存在下で、Lgr5プロモーターの制御下にtdTomatoを発現するオルガノイド株を培養しました。Afamin/Wnt3a CM存在下での培養では、高いレベルでLGR5陽性細胞を維持していることが確認できました。
Afamin/Wnt3a CMによるLGR5陽性細胞の維持培養
出典:慶應義塾大学医学部坂口光洋記念講座(オルガノイド医学)佐藤俊朗教授との共同研究成果より


Afamin/Wnt3aを用いた原発性卵巣がん組織検体からのオルガノイドの樹立及び株化

Afamin/Wnt3a CM及び競合他社のRecombinant Wnt3a存在下で、原発性卵巣がん組織検体からオルガノイドの樹立を行いました。
Wnt依存性のがん組織において、Afamin/Wnt3a CM存在下ではオルガノイド培養成功率及びオルガノイドの株化数増加が確認できました。

検体数初代培養成功数(培養成功率)オルガノイド株化成功数
Afamin/Wnt3a CM2317(74%9
競合他社製
Recombinant Wnt3a
136(46%)0

*高異型漿液性癌を除いた結果

Wntタンパク質の活性強度は初代培養や、オルガノイド樹立の成功率を左右するものであり、Afamin/Wnt3aは、競合他社品のWnt3aと比較してWntアゴニスト活性が安定して高いため、表のように初代培養および株化の効率が上がるものと考えられます。

卵巣がん組織とオルガノイドの染色像

Afamin/Wnt3a CM存在下で樹立したオルガノイドは、組織検体と同様の組織学的な特徴及びp53陽性パターンを反映していました。

    • Afamin/Wnt3aを用いた原発性卵巣がん組織検体からのオルガノイドの樹立及び株化

    • Nanki Y, et al, Scientific Reports (2020) [PMID: 32724113]
    • CCC   : clear cell
    • HGSC : high-grade serous
    • EM     : endometrioid


Wnt3a試薬の比較

Afamin/Wnt3a CMPurified Wnt3aWnt3a conditioned
medium prepared in lab
Wnt3a活性 Afaminによって安定化された
高いWnt3a活性
培養液中で凝集体を形成するため
不十分なWnt3a活性
血清で安定化された
高いWnt3a活性
品質評価 Wnt3aシグナル活性評価 多くはタンパク質定量
Wnt3a活性にLot間差がある場合もある
各研究室で調製されており、
発現量・活性ともに未確認
血清の有無 無血清 無血清 血清入り
血清由来成分がオルガノイド培養に
影響を与える恐れあり

Afamin/Wnt3a CM 製品仕様

Afamin/Wnt3a CMはAfaminとWnt3aタンパク質を無血清培地中に共発現させたConditioned Mediumであり、無血清培地中で高いWnt3a活性が期待できます。

Code No.品名主要成分包装形態溶媒保存期間
J2-001 Afamin/Wnt3a CM Mouse Wnt3a
Human Afamin
10 mL Advanced
D-MEM/F-12
ラベルに記載


関連製品 Recombinant Afamin/Wnt3a

Recombinant Afamin/Wnt3aは、Afamin/Wnt3a複合体の精製品です。

Code No.品名主要成分包装形態溶媒保存期間
J2-002 Recombinant Afamin/Wnt3a Mouse Wnt3a
Human Afamin
60 µg/300 µL 20 mM Tris-HCl (pH 7.4),
150 mM NaCl
ラベルに記載

Recombinant Afamin/Wnt3aによるLGR5陽性細胞の維持培養

Recombinant Afamin/Wnt3a及び競合A社のRecombinant Wnt3a存在下で、Lgr5プロモーターの制御下にtdTomatoを発現するオルガノイド株を培養しました。Recombinant Afamin/Wnt3aは低濃度でもLGR5陽性細胞を維持していることが確認できました。

Afamin/Wnt3a CMによるLGR5陽性細胞の維持培養
出典:慶應義塾大学医学部坂口光洋記念講座(オルガノイド医学)佐藤俊朗教授との共同研究成果より


オルガノイド等の培養において、本製品を他の因子との組合せで使用する場合、当該他の因子の使用等に第三者の特許が存在する可能性がございます。本製品は、他の因子との組合せによる使用等まで保証するものではございませんので、当該他の因子との組合せで使用する場合に関しては、ご所属の知財部・調査機関へご確認のうえ、本製品をご利用ください。

参考文献

  • E. Mihara, et al., Active and water-soluble form of lipidated Wnt protein is maintained by a serum glycoprotein afamin/α-albumin., eLife 5 (2016) [PMID: 26902720]
  • K. Nanki, et al., Divergent routes toward Wnt and R-spondin niche independency during human gastric carcinogenesis., Cell 174 (2018) [PMID: 30096312]
  • S. Sugimoto, et al., Reconstruction of the human colon epithelium in vivo., Cell Stem Cell 22 (2018) [PMID: 29290616]
  • T. Seino, et al., Human pancreatic tumor organoids reveal loss of stem cell niche factor dependence during disease progression., Cell Stem Cell 22 (2018) [PMID: 29337182]
  • S. Sugimoto, et al., Organoid Derivation and Orthotopic Xenotransplantation for Studying Human Intestinal Stem Cell Dynamics., Methods Mol Biol 2171 (2020) [PMID: 32705652]
  • K. Nanki, et al., Somatic inflammatory gene mutations in human ulcerative colitis epithelium., Nature 577 (2020) [PMID: 31853059]
  • N. Sasaki, et al., Development of a Scalable Coculture System for Gut Anaerobes and Human Colon Epithelium., Gastroenterology 159 (2020) [PMID: 32199883]
  • S. Mae, et al., Expansion of Human iPSC-Derived Ureteric Bud Organoids with Repeated Branching Potential., Cell Reports 32 (2020) [PMID: 32726627]
  • Y. Nanki, et al., Patient-derived ovarian cancer organoids capture the genomic profiles of primary tumours applicable for drug sensitivity and resistance testing., Scientific Reports 28 (2020) [PMID: 32724113]
  • K. Miyabayashi, et al., Intraductal transplantation models of human pancreatic ductal adenocarcinoma reveal progressive transition of molecular subtypes., Cancer Discov 10 (2020) [PMID: 32703770]
  • JS. Roe, et al., Enhancer Reprogramming Promotes Pancreatic Cancer Metastasis., Cell 170 (2017) [PMID: 28757253]
  • H. Tiriac, et al., Successful creation of pancreatic cancer organoids by means of EUS-guided fine-needle biopsy sampling for personalized cancer treatment., Gastrointest Endosc 87 (2018) [PMID: 29325707]
  • H. Tiriac, et al., Organoid Profiling Identifies Common Responders to Chemotherapy in Pancreatic Cancer., Cancer Discov 8 (2018) [PMID: 29853643]
  • H. Oshima, et al., Stat3 is indispensable for damage-induced crypt regeneration but not for Wnt-driven intestinal tumorigenesis., FASEB J 33 (2019) [PMID: 30156908]
  • M. Fujii, et al., Human Intestinal Organoids Maintain Self-Renewal Capacity and Cellular Diversity in Niche-Inspired Culture Condition., Cell Stem Cell 23 (2018) [PMID: 30526881]
  • K. Kawasaki, et al., Chromosome Engineering of Human Colon-Derived Organoids to Develop a Model of Traditional Serrated Adenoma., Gastroenterology 158 (2020) [PMID: 31622618]
  • K. Kawasaki, et al., An Organoid Biobank of Neuroendocrine Neoplasms Enables Genotype-Phenotype Mapping., Cell 183 (2020) [PMID: 33159857]
  • K. Togasaki, et al., Wnt Signaling Shapes the Histologic Variation in Diffuse Gastric Cancer., Gastroenterology 160 (2021) [PMID: 33217450]
  • S. Sugimoto, et al., An organoid-based organ-repurposing approach to treat short bowel syndrome., Nature 592 (2021) [PMID: 33627870]
  • T. De Oliveira, et al., Effects of the Novel PFKFB3 Inhibitor KAN0438757 on Colorectal Cancer Cells and Its Systemic Toxicity Evaluation In Vivo., Cancers (Basel) 13 (2021) [PMID: 33671096]
  • T. Nishina, et al., Interleukin-11-expressing fibroblasts have a unique gene signature correlated with poor prognosis of colorectal cancer., Nat Commun 12 (2021) [PMID: 33863879]
  • T. Ebisudani, et al., Direct derivation of human alveolospheres for SARS-CoV-2 infection modeling and drug screening., Cell Rep 35 (2021) [PMID: 34038715]
  • D. Kim, et al., 3D Organoid Culture From Adult Salivary Gland Tissues as an ex vivo Modeling of Salivary Gland Morphogenesis., Front Cell Dev Biol 9 (2021) [PMID: 34458260]
  • EA. Farshadi, et al., Organoids Derived from Neoadjuvant FOLFIRINOX Patients Recapitulate Therapy Resistance in Pancreatic Ductal Adenocarcinoma., Clin Cancer Res 27 (2021) [PMID: 34580113]
  • YW. Cho, et al., Patient-derived organoids as a preclinical platform for precision medicine in colorectal cancer., Mol Oncol (2021) [PMID: 34850547]
  • K. Ikezawa, et al., Establishment of organoids using residual samples from saline flushes during endoscopic ultrasound-guided fine-needle aspiration in patients with pancreatic cancer., Endosc Int Open 10 (2022)
    [PMID: 35036290]