トップ > メールマガジン > ≪無償サンプルのご案内 活性化Wnt3a『Afamin/Wnt3a CM』≫
MBL研究用試薬情報サービス 2019年6月5日号(第258号)

メールマガジン

≪無償サンプルのご案内 活性化Wnt3a『Afamin/Wnt3a CM』≫
MBL研究用試薬情報サービス 2019年6月5日号(第258号)

☆★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

>>無償サンプルのご案内 活性化Wnt3a『Afamin/Wnt3a CM』<< 
MBL研究用試薬情報サービス 2019年6月5日号(第258号) 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆★

無血清培地による安定的な消化管オルガノイド培養の実現へ!
安定化Wnt3a『Afamin/Wnt3a CM』の無償サンプルをお試しください!


『Afamin/Wnt3a CM』はAfaminとWnt3aタンパク質を無血清培地中に共発現させた
Conditioned Mediumで、無血清培地中で高いWnt3a活性が期待できます。

 ◇Wnt活性データなどの詳しい情報はこちら◇
 https://ruo.mbl.co.jp/bio/product/cell-culture/afamin-wnt3a-cm.html



無償サンプルについては、販売代理店様もしくは弊社営業部へお問い合わせください。



【Afamin/Wnt3a CMによるLGR5陽性細胞の維持培養】

Afamin/Wnt3a CM及び他社製品の組換えWnt3a存在下で、Lgr5プロモーターの制御下にtdTomatoを発現するオルガノイド株を培養しました。Afamin/Wnt3a CM存在下での培養では、高いレベルでLGR5陽性細胞を維持していることが確認できました。
Afamin/Wnt3a CMによるLGR5陽性細胞の維持培養

出典:慶應義塾大学医学部坂口光洋記念講座(オルガノイド医学)佐藤俊朗教授とJSRライフサイエンス(株)
   の共同研究成果より


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
なお、本情報サービスについてご意見、ご要望などお待ちしております。