抗体 製品詳細情報

Code No. D340-3 プリントプリント
Anti-SM22α mAb
Sm22α is known as a smooth muscle cell marker. The function of Sm22α is still unknown, but recent studies suggest that the expression of Sm22α may be related to some diseases such as cancers and renal diseases.
価格(税別) ¥48,000
包装 100 µg/100 µL
在庫 10以上
(2019/11/15 00:05時点)
クローナリティー Monoclonal
クローン 75-7
アイソタイプ
(免疫動物)
Mouse IgG1 κ
使用法 WB 1 µg/mL  
IH 2 µg/mL (paraffin section)  
Other(Immunoelectron microscopy) (PMID: 22205114)
免疫原(抗原) Rat Sm22, 85-170 aa (recombinant)
交差性 [Gene ID]

Mouse[21345], Rat[25123]

性状 1 mg/mL in PBS/50% glycerol, pH 7.2
保存温度 -20°C
標識 Unlabeled
メーカー MBL
別称 Tagln, transgelin, Sm22, Sm22a, Ws310
関連製品 K0046-3 Anti-Integrin α7 (Mouse) mAb
D190-3 Anti-Aggrus (Podoplanin) (Mouse) mAb
D320-3 Anti-Podoplanin (Human) mAb
D321-3 Anti-Podoplanin (Mouse) mAb
M084-3 Anti-Podocalyxin (PCLP1) (Human) mAb
製品カテゴリー 分野:がん
ブランド:使用文献・データ募集プレゼント対象製品
データ


使用文献

Western Blotting

  1. Wang X et al., Quantitative histological analysis of SM22?? (transgelin) in an adriamycin-induced focal segmental glomerulosclerosis model. Nephron Exp Nephrol. 120, e1-11 (2012)(PMID:22205114)

Immunohistochemistry

  1. Wang X et al., Quantitative histological analysis of SM22?? (transgelin) in an adriamycin-induced focal segmental glomerulosclerosis model. Nephron Exp Nephrol. 120, e1-11 (2012)(PMID:22205114)

Other(Immunoelectron microscopy)

  1. Wang X et al., Quantitative histological analysis of SM22?? (transgelin) in an adriamycin-induced focal segmental glomerulosclerosis model. Nephron Exp Nephrol. 120, e1-11 (2012)(PMID:22205114)

※在庫につきましては2019年11月15日 00時05分時点における在庫数を表示してあります。
※価格の赤色表示につきましては、キャンペーン価格の表示となっております。
※このサイトからは直接注文はできません。ご注意ください。
※使用法の表記について:
WB: Western Blotting, IH: Immunohistochemistry, IC: Immunocytochemistry, IP: Immunoprecipitation,
FCM: Flow Cytometry NT: Neutralization, IF: Immunofluorescence, RIP: RNP Immunoprecipitation,
ChIP: Chromatin Immunoprecipitation, CoIP: Co-Immunoprecipitation,
DB: Dot Blotting, NB: Northern Blotting, RNA FISH: RNA Fluorescence in situ hybridization

ChIP: Chromatin Immunoprecipitation, CoIP: Co-Immunoprecipitation
※使用法・交差性の表記について:
*: 論文で報告されております(MBLでは未確認)。詳しくはデータシートをご覧ください。
**: 導入元からの情報です(MBLでは評価中もしくは未確認)。
※保存温度の表記について: RT: 室温
※本サイトの掲載製品は、品質改良のため予告なく仕様などの変更、または販売中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

MBLCopyright (C)2015 Medical & Biological Laboratories Co., Ltd. All Rights Reserve