抗体 製品詳細情報

Code No. D067-5 プリントプリント
Anti-ST2 (Human) mAb-PE
価格(税別) ¥50,000
包装 1 mL (50 tests)
在庫 10以上
(2019/12/07 00:05時点)
クローナリティー Monoclonal
クローン 2A5
アイソタイプ
(免疫動物)
Mouse IgG1
使用法 WB reported.  (PMID: 10868795)
IP reported.  (PMID: 10868795)
FCM 20 µL (Ready for use.)  
免疫原(抗原) Secreted form of ST7 purified from the culture supernatant of COS7 transfectant
交差性 [Gene ID]

Human[9173]

性状 PBS/1% BSA/0.09% NaN3
保存温度 4°C
標識 PE
メーカー MBL
関連製品 D067-3 Anti-ST2 (Human) mAb
D066-3 Anti-ST2 (Human) mAb
D065-3 Anti-ST2 (Human) mAb
D067-4 Anti-ST2 (Human) mAb-FITC
製品カテゴリー :分野:がん 細胞膜表面抗原
使用文献
  1. Zeyda M et al. Severe obesity increases adipose tissue expression of interleukin-33 and its receptor ST2, both predominantly detectable in endothelial cells of human adipose tissue. Int J Obes (Lond). 37, 658-65 (2013)(PMID:22828942)

Flow Cytometry

  1. Allakhverdi Z et al. Cutting edge: The ST2 ligand IL-33 potently activates and drives maturation of human mast cells. J Immunol. 179, 2051-4 (2007)(PMID:17675461)

※在庫につきましては2019年12月07日 00時05分時点における在庫数を表示してあります。
※価格の赤色表示につきましては、キャンペーン価格の表示となっております。
※このサイトからは直接注文はできません。ご注意ください。
※使用法の表記について:
WB: Western Blotting, IH: Immunohistochemistry, IC: Immunocytochemistry, IP: Immunoprecipitation,
FCM: Flow Cytometry NT: Neutralization, IF: Immunofluorescence, RIP: RNP Immunoprecipitation,
ChIP: Chromatin Immunoprecipitation, CoIP: Co-Immunoprecipitation,
DB: Dot Blotting, NB: Northern Blotting, RNA FISH: RNA Fluorescence in situ hybridization

ChIP: Chromatin Immunoprecipitation, CoIP: Co-Immunoprecipitation
※使用法・交差性の表記について:
*: 論文で報告されております(MBLでは未確認)。詳しくはデータシートをご覧ください。
**: 導入元からの情報です(MBLでは評価中もしくは未確認)。
※保存温度の表記について: RT: 室温
※本サイトの掲載製品は、品質改良のため予告なく仕様などの変更、または販売中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

MBLCopyright (C)2015 Medical & Biological Laboratories Co., Ltd. All Rights Reserve