トップ > 製品検索結果一覧 > Code No. W008-3 Anti-Carboxypeptidase D (Human) mAb

Code No. W008-3

Anti-Carboxypeptidase D (Human) mAb

価格(税別)

¥48,000

在庫

10以上

(2019/11/19 00:05時点)

包装

100 µg/100 µL

フローサイトメトリー用抗体
データ
  • Flow Cytometry

クローナリティー Monoclonal クローン 2D11-9HA18
アイソタイプ
(免疫動物)
Mouse IgG2aκ
使用法
FCM
1-10 µg/mL  
免疫原(抗原) Human Carboxypeptidase D expressed Ba/F3 transfectants generated from SST-REX (signal sequence trap by retrovirus-mediated expression screening)
交差性
[Gene ID]

Human[1362]

性状 PBS/50% glycerol, pH 7.2
保存温度 -20°C 標識 Unlabeled メーカー MBL
別称 GP180
背景 Carboxypeptidase D (CPD), also known as metallocarboxypeptidase D, is a cell surface protein and functions in protein and peptide processing. CPD is highly expressed in placenta and pancreas, and also in hepatocellular carcinoma.
関連製品 M076-3 Mouse IgG2a (isotype control)
MTG-001 Clear Back (Human Fc receptor blocking reagent)
W164-3 Anti-RHBDD3 (Human) mAb
参考文献
  1. Campbell N et al. A non-class I MHC intestinal epithelial surface glycoprotein, gp180, binds to CD8. Clin. Immunol. 2002 Mar;102(3):267-74.
  2. Campbell N et al. The nonclassical class I molecule CD1d associates with the novel CD8 ligand gp180 on intestinal epithelial cells. J Biol Chem. 1999 Sep 10;274(37):26259-65.
  3. Breiner K et al. Carboxypeptidase D (gp180), a Golgi-resident protein, functions in the attachment and entry of avian hepatitis B viruses. J Virol. 1998 Oct;72(10):8098-104.
  4. Ishikawa T et al. Cloning, functional expression, and chromosomal localization of the human and mouse gp180-carboxypeptidase D-like enzyme. Gene 1998 Jul 30;215(2):361-70.
  5. Kojima T, Kitamura T. A signal sequence trap based on a constitutively active cytokine receptor. Nat Biotechnol. 1999 May;17(5):487-90.
製品
カテゴリー
分野
がん
ツール
フローサイトメトリー用試薬
ブランド
使用文献・データ募集プレゼント対象製品
この製品に関するお問い合わせをする

※在庫につきましては2019年11月19日 00時05分時点における在庫数を表示してあります。
※価格の赤色表示につきましては、キャンペーン価格の表示となっております。
※このサイトからは直接注文はできません。ご注意ください。
※使用法の表記について:
WB: Western Blotting, IH: Immunohistochemistry, IC: Immunocytochemistry, IP: Immunoprecipitation,
FCM: Flow Cytometry NT: Neutralization, IF: Immunofluorescence, RIP: RNP Immunoprecipitation,
ChIP: Chromatin Immunoprecipitation, CoIP: Co-Immunoprecipitation
DB: Dot Blotting, NB: Northern Blotting, RNA FISH: RNA Fluorescence in situ hybridization
※使用法・交差性の表記について:
*: 論文で報告されております(MBLでは未確認)。詳しくはデータシートをご覧ください。
**: 導入元からの情報です(MBLでは評価中もしくは未確認)。
※保存温度の表記について: RT: 室温
※本サイトの掲載製品は、品質改良のため予告なく仕様などの変更、または販売中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。