トップ > 製品検索結果一覧 > Code No. D354-3 Anti-Dab1 (Mouse) mAb

Code No. D354-3

Anti-Dab1 (Mouse) mAb

価格(税別)

¥48,000

在庫

10以上

(2022/08/10 17:30時点)

包装

100 µg/100 µL

データ
  • Western Blotting

クローナリティー Monoclonal クローン 4H11
アイソタイプ
(免疫動物)
Rat IgG1 κ
使用法
WB
1 µg/mL  
IC*
reported.  (PMID: 25149914
IH*
reported.  (PMID: 25149914
免疫原(抗原) Mouse Dab1 (recombinant)
交差性
[Gene ID]

Mouse[13131]

性状 1 mg/mL in PBS/50% glycerol, pH 7.2
保存温度 -20°C 標識 Unlabeled メーカー MBL
別称 disabled 1, scm, scr, yot, AI956902, scrambler, C630028C02Rik
背景 Dab1は、神経細胞の移動・配置、樹状突起の発達などに関与する細胞内アダプタータンパク質で、脳の形成に必須な役割を持つ。

クローン4H11は、Dab1のC末(281-460)にエピトープを持ち、クローン4E12はDab1のinternal 領域でPTB(Phosphotyrosine binding )ドメインの近傍(161-320)にエピトープがある。

Reelinが受容体分子(ApoER2/VLDLR)に結合後、Dab1をリン酸化し、細胞内シグナル伝達が進行する。

関連製品 D354-3 Anti-Dab1 (Mouse) mAb
D355-3 Anti-Dab1 (Mouse) mAb
D223-3 Anti-Reelin (CR-50) mAb
M067-3 Anti-Apolipoprotein E4 (Human) mAb
M068-3 Anti-Apolipoprotein E (Human) mAb
D352-3 Anti-Kiaa0319 (Mouse) mAb
D353-3 Anti-Kiaa0319 (Mouse) mAb
D351-3 Anti-Reelin (Mouse) mAb
使用文献
使用文献募集中!本製品を使って論文を発表されましたら是非お知らせください。

Western Blotting

  1. Onoue A et al. Aberrant fragment of Dab1 protein is present in yotari mouse. Neurosci. Res. 88, 23-7 (2014)(PMID:25149914)

Immunocytochemistry

  1. Onoue A et al. Aberrant fragment of Dab1 protein is present in yotari mouse. Neurosci. Res. 88, 23-7 (2014)(PMID:25149914)

Immunohistochemistry

  1. Onoue A et al. Aberrant fragment of Dab1 protein is present in yotari mouse. Neurosci. Res. 88, 23-7 (2014)(PMID:25149914)
参考文献
  1. Uchida T et al. Downregulation of functional Reelin receptors in projection neurons implies that primary Reelin action occurs at early/premigratory stages. J Neurosci. 29, 10653-62 (2009) (PMID:19710317)
  2. Morimura T et al. Disabled1 regulates the intracellular trafficking of reelin receptors. J Biol Chem. 280, 16901-8 (2005) (PMID:15718228)
製品
カテゴリー
分野
神経科学
この製品に関するお問い合わせをする

※在庫につきましては2022年08月10日 17時30分時点における在庫数を表示してあります。
※価格の赤色表示につきましては、キャンペーン価格の表示となっております。
※このサイトからは直接注文はできません。ご注意ください。
※使用法の表記について:
WB: Western Blotting, IH: Immunohistochemistry, IC: Immunocytochemistry, IP: Immunoprecipitation,
FCM: Flow Cytometry NT: Neutralization, IF: Immunofluorescence, RIP: RNP Immunoprecipitation,
ChIP: Chromatin Immunoprecipitation, CoIP: Co-Immunoprecipitation
DB: Dot Blotting, NB: Northern Blotting, RNA FISH: RNA Fluorescence in situ hybridization
※使用法・交差性の表記について:
*: 論文で報告されております(MBLでは未確認)。詳しくはデータシートをご覧ください。
**: 導入元からの情報です(MBLでは評価中もしくは未確認)。
※保存温度の表記について: RT: 室温
※本サイトの掲載製品は、品質改良のため予告なく仕様などの変更、または販売中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。