トップ > 製品検索結果一覧 > Code No. D185-6 Anti-Granulysin (Human) mAb-Biotin

Code No. D185-6

Anti-Granulysin (Human) mAb-Biotin

価格(税別)

¥30,000

在庫

10以上

(2022/08/10 17:30時点)

包装

10 µg/100 µL

データ
  • ELISA

クローナリティー Monoclonal クローン RC8
アイソタイプ
(免疫動物)
Mouse IgG1 κ
使用法
ELISA
1:1,000  
免疫原(抗原) Human full-length Granulysin expressing plasmids
交差性
[Gene ID]

Human[10578]

性状 100 µg/mL in PBS/1% BSA/0.1% ProCin 150
保存温度 4°C 標識 Biotin メーカー MBL
別称 GNLY
背景 Granulysin is an antimicrobial protein expressed on cytotoxic T cells, natural killer (NK) cells and NKT cells. It has been shown that Granulysin contributes to the defence mechanisms against variety of mycobacterial infection and tumors. Granulysin has two molecular forms, 15 kDa precursor and 9 kDa effector form. Their serum levels were significantly elevated during the acute viral infections and correlated with the NK cell and CTL activities in patients with sever immunodeficiency, indicate that serum Granulysin could be useful novel marker to evaluate the overall status of host cell immunity.
関連製品 D184-3 Anti-Granulysin (Human) mAb
D185-3 Anti-Granulysin (Human) mAb
D186-3 Anti-Granulysin (Human) mAb
使用文献
使用文献募集中!本製品を使って論文を発表されましたら是非お知らせください。

ELISA

  1. Pitabut N et al. Potential function of granulysin, other related effector molecules and lymphocyte subsets in patients with TB and HIV/TB coinfection. Int J Med Sci. 10, 1003-14 (2013)(PMID:23801887)
  2. Pitabut N et al. Decreased plasma granulysin and increased interferon-gamma concentrations in patients with newly diagnosed and relapsed tuberculosis. Microbiol Immunol. 55, 565-73 (2011)(PMID:21545511)
製品
カテゴリー
分野
アポトーシス
この製品に関するお問い合わせをする

※在庫につきましては2022年08月10日 17時30分時点における在庫数を表示してあります。
※価格の赤色表示につきましては、キャンペーン価格の表示となっております。
※このサイトからは直接注文はできません。ご注意ください。
※使用法の表記について:
WB: Western Blotting, IH: Immunohistochemistry, IC: Immunocytochemistry, IP: Immunoprecipitation,
FCM: Flow Cytometry NT: Neutralization, IF: Immunofluorescence, RIP: RNP Immunoprecipitation,
ChIP: Chromatin Immunoprecipitation, CoIP: Co-Immunoprecipitation
DB: Dot Blotting, NB: Northern Blotting, RNA FISH: RNA Fluorescence in situ hybridization
※使用法・交差性の表記について:
*: 論文で報告されております(MBLでは未確認)。詳しくはデータシートをご覧ください。
**: 導入元からの情報です(MBLでは評価中もしくは未確認)。
※保存温度の表記について: RT: 室温
※本サイトの掲載製品は、品質改良のため予告なく仕様などの変更、または販売中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。