トップ > 製品検索結果一覧 > Code No. D118-3 Anti-Liv2 (Mouse) mAb

Code No. D118-3

Anti-Liv2 (Mouse) mAb

価格(税別)

¥48,000

在庫

10以上

(2019/11/17 00:05時点)

包装

100 micro;g/100 micro;L

データ
  • Immunohistochemistry

クローナリティー Monoclonal クローン Liv2
アイソタイプ
(免疫動物)
Rat IgG1
使用法
FCM
10 µg/mL (final concentration)  
IH
5-20 µg/mL  
免疫原(抗原) E11.5 murine fetal liver lysate
交差性
[Gene ID]

Mouse

性状 1 mg/mL in PBS/50% glycerol, pH 7.2
保存温度 -20°C 標識 Unlabeled メーカー MBL
背景 Liv2 is a fetal liver antigen that is expressed in murine embryos.  Liv2 can be detected in fetal liver only during embryonic days 9.5 to 12.5, a period which corresponds to several key events in liver development.  Nearly all cells in the hepatic bud were stained at E9.5, but the levels of Liv2 progressively decreased by E12.5, consistent with the numbers of hepatoblasts.  Unlike other common fetal hepatic markers such as a-fetoprotein or albumin, Liv2 is not a diffusible serum protein but appears to be membrane specific.  Thus, Liv2 is a useful tool for identifying individual murine hepatoblasts and for studying fetal liver development.
関連製品 D187-3 Anti-Dlk (Pref-1) mAb
D187-4 Anti-Dlk (Pref-1) mAb-FITC
D187-5 Anti-Dlk (Pref-1) mAb-PE
使用文献
使用文献募集中!本製品を使って論文を発表されましたら是非お知らせください。

Immunohistochemistry

  1. Takashimizu I et al. Localization of Liv2 as an immature hepatocyte marker in EB outgrowth. ScientificWorldJournal. 9, 190-9 (2009)(PMID:19252758)
  2. Suzuki T et al. Crucial role of the small GTPase ARF6 in hepatic cord formation during liver development. Mol Cell Biol. 26, 6149-56 (2006)(PMID:16880525)
製品
カテゴリー
分野
幹細胞研究
がん
この製品に関するお問い合わせをする

※在庫につきましては2019年11月17日 00時05分時点における在庫数を表示してあります。
※価格の赤色表示につきましては、キャンペーン価格の表示となっております。
※このサイトからは直接注文はできません。ご注意ください。
※使用法の表記について:
WB: Western Blotting, IH: Immunohistochemistry, IC: Immunocytochemistry, IP: Immunoprecipitation,
FCM: Flow Cytometry NT: Neutralization, IF: Immunofluorescence, RIP: RNP Immunoprecipitation,
ChIP: Chromatin Immunoprecipitation, CoIP: Co-Immunoprecipitation
DB: Dot Blotting, NB: Northern Blotting, RNA FISH: RNA Fluorescence in situ hybridization
※使用法・交差性の表記について:
*: 論文で報告されております(MBLでは未確認)。詳しくはデータシートをご覧ください。
**: 導入元からの情報です(MBLでは評価中もしくは未確認)。
※保存温度の表記について: RT: 室温
※本サイトの掲載製品は、品質改良のため予告なく仕様などの変更、または販売中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。