DNAオリゴ・RNAオリゴ合成受託

人工遺伝子合成受託サービス

人工遺伝子合成サービスでは、お客様から頂いたDNA配列の情報から、2本鎖DNAを合成します。
「Genes」というサービスでは、2本鎖DNAをベクターに挿入したプラスミドを納品致します。
また、米国で非常に人気を博している「gBlocks® Gene flagment」というサービスでは、クローニング前の2本鎖DNAを納品します。

例えば下記の用途にご使用ください。

  cDNAクローニング
  バリアント作製(ミューテーション、抗体など)
  人工配列(リンカー、ベクター構築など)
  ゲノム編集 (CRISPR)

サービス一覧

サービス名 対応配列長 価格(税別) 納期
Genes
(※プラスミドで納品)
miniGene 25~400 bp 一律 22,000円 約2週間
Gene 401 bp ~ 55円/bp 別表参照
gBlocks® Gene Fragment
(※2本鎖DNAで納品)
gBlocks® 125 ~ 500 bp 14,000円 1~2週間
gBlocks® 750 bp 501 ~ 750 bp 20,000円 1~2週間
gBlocks® 1 kb 751 ~ 1,000 bp 24,000円 2~3週間
※頂いた配列による合成困難性がある場合や、非常に長い配列の場合、55円/bpでは提供出来ない場合があります。
※事前の確認にも関わらず合成できない事が稀にございます。その場合は、弊社都合キャンセルとし、費用は頂きません。

Genes

ご依頼頂きました配列を、ベクターに挿入したプラスミドの形で納品致します。
合成した配列をシーケンスし、正確に合成出来ているかどうかも確認しております。
納品の際には、確認の際に用いたシーケンスデータとプラスミドマップもお送りしております。

また、タンパク質の発現量を増やすため、もしくは、配列による合成困難性を解消するため、 コード配列のアミノ酸情報を保ったまま、配列を変換する事(コドン変換)も無償で承っております。
Genes 価格
塩基長 価格(税別)
~400bp (miniGene) 22,000円
401bp ~ 55円/bp
※頂いた合成困難性がある場合や、非常に長い配列の場合、55円/bpでは提供出来ない場合があります。
※事前の確認にも関わらず合成できない事が稀にございます。その場合は、弊社都合キャンセルとし、費用は頂きません。
Genes 納期
塩基長 予定納期
~400bp (miniGene) 約2週間
401bp ~ 約1,000bp 2~3週間
約1,000bp ~ 約1,500bp 3~4週間
約1,500bp ~ 約2,000bp 4~5週間
約2,000bp ~ 約2,500bp 5~6週間
約2,500bp ~ 約4,000bp 6~8週間
約4,000bp ~ 2,000,000bp 未定・配列次第
※配列によって納期が変動する場合があります。 また、合成困難性がある場合は、納期はさらに1~2週間長くなります。
Genes ベクター
下記の3種類のクローニングベクターを用意しております。
  • アンピシリン耐性ベクター
  • カナマイシン耐性ベクター
  • クロラムフェニコール耐性ベクター
配列長によって選択できるベクターは異なります。 どの長さの時にどの耐性遺伝子が選択できるかは、下記のテーブルをご覧下さい。
配列長と選択できる耐性遺伝子について
配列長 アンピシリン耐性 カナマイシン耐性 クロラムフェニコール耐性
25 ~ 5,000bpまで
5,001bp以降
また、アンピシリン耐性ベクター、カナマイシン耐性ベクターには、 それぞれ、pIDTSMART、pUCIDTという2種類のベクターが有ります。
ただ発注の際に、pIDTSMARTかpUCIDTかを選択することは出来ませんので、その点ご了承下さい。
配列長 アンピシリン耐性 カナマイシン耐性 クロラムフェニコール耐性
25 ~ 5,000bpまで pIDTSMART-Amp
pUCIDT-Amp
pIDTSMRT-Kan
pUCIDT-Kan
これらのベクターについては、下記にベクターマップがございますので、そちらをご覧ください。
どちらのベクターもマルチクローニングサイトはございませんので、発注の際に必要な制限酵素サイトを遺伝子の両端に付加して下さい。
pIDTSMART
pIDTSMART-Amp ベクターマップ
pIDTSMART-Amp ベクターマップ
※カナマイシン耐性ベクターはAmpicillin部位がkanamaycinとなります。

pIDTSMART-Ampの配列情報
2,056bp
pIDTSMART-kanの配列情報
1,926bp
※ご依頼のDNA配列と上記のプラスミド配列との間には、ランダムな配列が挿入されます。

M13 sequence
M13 Fw(-20):5'- GTA AAA CGA CGG CCA GT -3'
M13 Rv(-27):5'- CAG GAA ACA GCT ATG AC -3'
※配列確認データ上では、M13Rv(-27)は相補鎖の[5'- GTCATAGCTGTTTCCTG -3']と記載されます。
pUCIDT
pUCIDT-Amp ベクターマップ
pUCIDT-Amp ベクターマップ
※カナマイシン耐性ベクターはAmpicillin部位がkanamaycinとなります。

pUCIDT-Ampの配列情報
2,752bp
※ご依頼のDNA配列と上記のプラスミドとの間には、ランダムな配列が挿入されます。

M13 sequence
M13 Fw(-41):5'- CGC CAGGGTTTTCCCAGTCACGAC -3'
M13 Fw(-20):5'- GTA AAACGACGGCCAGT-3'
M13 Rv(-27):5'- CAG GAAACAGCTATGAC-3'
M13 Rv(-48):5'- AGC GGATAACAATTTCACACAGG -3'
※配列確認データ上では、M13Rv(-27)は相補鎖[5'- GTCATAGCTGTTTCCTG -3']と、 M13Rv(-48)は相補鎖[5'- CCTGTGTGAAATTGTTATCCGCT -3']と記載されます。
BAC
5,001bp以上の配列は、クロラムフェニコール耐性のBAC(Bacterial Artificial Chromosome) に挿入して、納品します。
BAC(Bacterial Artificial Chromosome)とは,大腸菌の人工染色体で、長い断片を保持出来る性質が有ります。
弊社では、約7kbと約8.3kbの2種類のBACを用意しております。

BACベクターの配列情報
約7Kb.txt   約8.3Kb.txt

BACベクターの扱い方
icon How To Handle Bacs PDFファイル(166KB)
Genes 納品物
  1. 合成した遺伝子 (配列長が5,000bp以下の場合は 約4µg。それ以上の長さの場合(BACベクターでの納品の場合)は、約1µg納品予定です。)
  2. 配列確認の際の挿入断片波形データ(シーケンスデータ)(.abi)
  3. プラスミドマップ・制限酵素マップ(.pdf)
    ※2,3はメールにてお送りします。

長鎖配列 (3,000bp を超えるもしくはそれに近い長さの配列)の合成確認には、Miseqを用いる場合がございます。
その場合、確認データが100Mと大きくなるため、確認の際のrowデータはお送りしておりません。
確認結果のみのご連絡になります。ご了承下さい。
Genes 納品形態・保存方法
オリゴと同様、空気乾燥品です。
常温にて、お客様にお届けします。

到着後、2週間以内に使用しない場合は、-20℃にて保存をお願い致します。
なお、溶解液はTEを推奨しています。
Genes 合成困難性とは
弊社では、合成を阻害する配列や、シーケンスでの確認が難しくなる可能性がある配列を「合成困難性がある配列」と定義し、合成困難性がある場合は、納期や費用を余分に頂きます。
(合成困難性があっても、その困難性が小さい場合は、合成可能です。)

また、米国内での確認が必要な場合も多いため、お見積にも2-3営業日掛かる事がございます。

下記に合成困難性の一例を挙げさせて頂きますが、すべては網羅しておりません。
IDT社のサイトで合成困難性を確認できますので、お試し下さい。[確認方法]

  1. ヘアピン構造を取る(相補配列がある)場合
    1. 10bp以上の相補配列で、GC含率が80%以上を超える場合
    2. 15bp以上の相補配列で、GC含率が65%を超える場合
    3. 20bp以上の相補配列がある場合
  2. 10bp以上、単一の塩基が続く場合
  3. GもしくはCのみが10bp以上続く場合、AもしくはTのみが30bp以上続く場合
  4. 繰り返し配列がある場合
  5. 配列全体のGC含率が65%を超えるもしくは25%を下回る場合
  6. 部分配列(150bp)のGC含率が75%以上もしくは、35%以下の場合
Genes 合成困難性の確認方法
合成困難性は、IDT社のサイトで確認することが出来ます。
上記の合成困難性に該当する場合は、弊社にコドン変換や配列修正を依頼して頂くか、
IDT社のサイトで、配列をご修正下さい。IDT社サイトの使い方(※作成中)

※弊社にご依頼頂ける場合は、icon【人工遺伝子合成 オーダーシート】 Exelファイル(288KB)の「要コドン変換」のシートにご入力のうえ、oligo@mbl.co.jpまでお送り下さい。
Genes コドン変換について
弊社では、コドン変換を無償で承っております。
生物は種ごとにそれぞれ異なる頻度でコドンを用いています。
それに伴いtRNAの存在比も異なり、存在比の少ないtRNAを指定するコドン(レアコドン、マイナーコドン)が多くなれば、タンパク質の生産量も低下すると言われています。

そのため弊社では、コドン変換として下記を行っています。
  • レアコドンを排除
  • 合成困難性を排除
  • 指定の制限酵素サイトを排除
  • 宿主とコドン頻度を近似
  • (※宿主のコドン頻度には、かずさDNA研究所様の codon usage database を用いております。)
また、任意のコドン頻度を指定して頂く事も可能です。

※弊社にご依頼頂ける場合は、icon【人工遺伝子合成 オーダーシート】 Exelファイル(288KB)の「要コドン変換」のシートにご入力のうえ、oligo@mbl.co.jpまでお送り下さい。

gBlocks® Gene Fragment

ご依頼いただきました配列を2本鎖DNAの形で納品致します。
"Genes"では、2本鎖DNAを合成したのち、ベクターに挿入・クローニング・シーケンス確認を行っておりますが、
"gBlocks®"では、2本鎖DNAを合成したのちに、シーケンス確認のみを確認しております。
納品する2本鎖DNAのうち、7~9割が完全長の正しい配列です。
クローニングを行わなずに品質を維持するため、合成困難性の基準が厳しくなっておりますので、合成困難性のチェックに少し時間がかかってしまいます点、ご了承下さい。

2本鎖DNAの形で納品するため、ギブソンアッセンブリー法(NEB社)と非常に相性の良い製品となっております。
5'末端のリン酸化も無償で承っております。
現在、プライマープレゼントキャンペーンを行なっておりますので、ご注文の際にプライマーの配列も併せてお送り下さい。
2014年2月より、1 kbまで対応可能となりました。

塩基長(bp) 価格(税抜) 納期 納品量 5' 末端のリン酸化 バイオハザード
フォーム
125 ~ 500 14,000円 1~2週間 約200 ng 可( 無償) 要提出
501 ~ 750 20,000円 1~2週間
751 ~ 1,000 24,000円 2~3週間
※プライマーは 30merまででお願い致します。30merを超えた場合、1本あたり810円の割引をさせて頂きます。
5'末端のリン酸化修飾について
5'末端のリン酸化修飾も無償で承っております。
オーダーシート内にリン酸化の有無を記載する箇所がございますので、ご記載ください。
gBlocks® 納品物
  1. gBlocks® (納品量:約 200ng)
  2. Specification Sheet
  3. gBlocks® 簡易プロトコール ( >>IDT社サイトへ
※簡易プロトコールは、上記IDT社サイトの"Support"タグ後半の"Quick Protocol"にも記載がございます。
gBlocks® 合成困難性
gBlocks®の合成困難性は明確には公表されておりませんが、Genesよりも合成困難と判定される場合が多いです。
Genesの合成困難性に該当する場合に加え、下記でも合成困難と判定されます。

  1. ヘアピン構造を取る(相補配列がある)場合
  2. 6bp以上の相補配列で、GC含率が80%以上を超える場合
  3. 8bp以上の配列が、隣接していなくとも一致する場合
  4. GCのみが6bp以上続く場合
gBlocks®はGeneと違い、合成困難性がありますと合成が出来ません。
合成困難性の確認方法はこちらです。(※作成中)

ご注文方法について

icon【人工遺伝子合成 オーダーシート】 Exelファイル(288KB)バイオハザードフォームに必要事項を入力し、 oligo@mbl.co.jpまでお送り下さい。

下記をクリックするとメーラーが起動します。
oligo@mbl.co.jp
上記エクセルが開けない方はこちらをお使い下さい。
icon【人工遺伝子合成 オーダーシート】 Exel 97-2004 ファイル(600KB)
※一部正常に動かないセルもございますが、特に問題ありません。
バイオハザードフォーム(Biohazard Disclosure Form)について
本製品は米国から日本への輸出品となります。米国の公的およびIDT社の自主的な輸出規制により、毒素、ウイルス由来の断片、宿主に感染性を もたらす断片、人に病気を引き起こさせる可能性のある断片など、危険な遺伝子断片であると判断された場合、受注できない場合があります。
発注いただく際、危険な遺伝子断片では無いことを証明するために、IDT社指定の「Biohazard Disclosure Form」のご提出をお願いしております。 記載方法などは、下記ワードの2枚目以降に記載しておりますので、ご参照ください。

icon【バイオハザードフォーム】 Wordファイル(225KB)

問い合わせ先について

注文方法と同様、oligo@mbl.co.jpまでご氏名と内容をお送り下さい。

下記をクリックするとメーラーが起動します。
oligo@mbl.co.jp

皆様のご注文を心よりお待ちしております。

Q&A

Q.ライセンスについて
A. 納品されるプラスミド(合成断片およびベクター)は、研究用途ではライセンスフリーです。

ただ、プラスミド骨格部分(ベクター)は転売やキット構成品の販売などの商業利用を制限させて頂いております。
そのため、納品されたプラスミドそのもの (合成断片が、IDT社のベクターに入った状態)では、
research purposes onlyという制限が付きます。

なお、合成した配列部分には使用制限はありません。

上記を明文化した文章はこちら → icon Vector_Licence (PDFファイル:78KB)

Q.クローニングに用いる大腸菌について
A. XL1-Blue株を第一選択として用いています。
クローニングがなかなか成功しない場合にはNew England Biolabsの10 beta株を使用しています。

Q.「N」や「W」などの混合塩基(mix bases)に関して
A. 申し訳ございませんが、人工遺伝子合成では混合塩基に対応できません。
プライマー等では対応可能です。

Q.溶解方法について
A.
  1. 溶解前に遠心を行い、DNAペレットをチューブの底に落として下さい。
  2. 最終濃度が100ng/µLとなるように、TE buffer (10 mM Tris, 0.1 mM EDTA, pH 7.5~8.0)もしくは、nuclease free waterを加えて下さい。
  3. 30分間の室温静置後、20秒間のボルテックスを行なって下さい。
  4. 10,000gで1分間遠心後、-20℃で分注及び保管を行なって下さい。

Q.形質転換について
A.
  1. 999µL≒1mLのnuclease free waterを入れたチューブへ、100ng/µLのストックから1µLを移し、100pg/µLのDNA希釈溶液を作ります。
  2. 1mLのDNA希釈溶液のうち1~2µLを大腸菌への形質転換に用います。

※希釈倍率が低く、非常に濃いDNA溶液の場合、上手く形質転換出来ないことがあります。

Q. 納品データに関しまして
A. データは下図の形でお送り致します。

なお、データの納品は"Genes(人工遺伝子合成)"のみとなります。
gBlocksではデータ納品はございませんので、ご了承下さい。