トップ > 学ぶ・調べる > 実験の原理と方法 > 抗体とは

抗体とは

一つの抗体は一つの抗原だけを認識する 抗体とはB細胞が産生・放出するタンパク質で、体内に侵入した病原体などの異物に結合します。

「抗体」という言葉は抗原に結合するという機能を重視した名称です。タンパク質名としては免疫グロブリン(immunoglobulin) となります。「Ig(アイジー)」と略されます。
構造は「Y字」の形をしています。H鎖(重鎖:Heavy Chain)とL鎖(軽鎖:Light Chain)、それぞれ2つずつから構成され、右図のように結合しています。

実際に抗原に結合する部位は、Y字の「先端の部分」で、「抗原結合部位」と呼ばれています。右図にあるように「ひとつの抗体はある特定の抗原を認識する」という特徴があります。これを「抗体の特異性」と言います(詳細は後述)。





関連リンク