トップ > サポート > FAQ よくあるご質問 | MaxBlot 関連

MaxBlot 関連

[製品ピックアップへ戻る]



  1. MaxBlotはどのような試薬ですか?
    WBやELISAにおけるシグナルを増強する試薬です。
  2. 使用方法はどのようですか?
    抗体希釈液として使用します。抗体をMaxBlotの原液で希釈して下さい。
  3. MaxBlotによるシグナル増強の原理はどのようですか?
    S/N比を高めるように、バッファー成分の最適化を行っています。
    Solution 1: 抗体の結合強度を高めるように、溶液を調製しています。
    Solution 2: 非特異反応を抑え、同時に抗体の結合強度も高めます。
  4. MaxBlotの成分はどのようですか?
    塩濃度はSolution 1, Solution 2共に50 mM, pHは共に7.2-7.4です。 配合成分は、それぞれのSolutionで異なります。
  5. Solution1とSolution2の使い分けについて、情報はありますか?
    Solution 1: 1次抗体用の希釈液
    Solution 2: 2次抗体用の希釈液
    1次抗体をSolution 2で希釈頂く事も効果的な場合があります。
  6. 1次抗体が酵素標識されている場合は、どちらのSolutionで希釈するのが良いですか?
    抗体によります。従いまして、各実験毎にご検討をお願いしております。
  7. MaxBlotをブロッキング剤として使用できますか?
    MaxBlotはブロッキング剤としてはご利用頂けません。また、MaxBlot専用のブロッキング剤は用意しておりません。最適なブロッキング剤は抗原や抗体によりますので、十分な条件検討をおこなったうえで、抗体反応前にブロッキングを行って下さい。
  8. データシートのデータでは、ブロッキング剤に何を使用していますか?
    社内検討では、WBは1 % Skim milk/PBS, ELISAは1 % BSA/PBSを使用しています。
  9. 使用できる標識酵素について、情報はありますか?
    HRP標識抗体とAP標識抗体について、使用可能です。
  10. 希釈した抗体の保存について、情報はありますか?
    社内では検討しておりませんが、通常の抗体希釈バッファーにより希釈して保存しても問題ない抗体であれば、それと同様の保存方法で利用可能と考えられます。あらかじめご検討をお願いします。
  11. 希釈した抗体の再利用について、情報はありますか?
    社内では検討しておりませんが、通常の抗体希釈バッファーにより再利用が可能な場合は、MaxBlotで希釈した抗体も再利用可能と考えられます。あらかじめご検討をお願いします。
  12. 適した検出法について、情報はありますか?
    化学発光系、発色系で使用可能です。
  13. さらに増感するには、どのようにすれば良いですか?
    WBの場合、高感度の発光試薬の使用が可能です。