トップ > サポート > FAQ よくあるご質問 | CD1d Tetramer

CD1d Tetramer



  • Q1α-GalCer を、Pyridine ではなく DMSO に溶解してはいけませんか?
  • Q1Pyridineの使用をお勧めします。社内検討では、α-GalCerをDMSOに溶解して80℃で10秒インキュベーション後、Mouse CD1d Tetramer-PEにloadして検討しましたが、陽性細胞の検出はできませんでした。
  • Q2α-GalCer について、200 µg/mL に希釈した状態での保存は可能ですか?
  • Q2反応性が低下することが分かっておりますので、α-GalCerは、200 µg/mLに希釈した状態での保存は避けてください。Pyridineで1 mg/mLに溶解した状態で−20℃保存し、CD1d Tetramerにloadする直前に、200 µg/mLに希釈してください。CD1d希釈
  • Q3α-GalCer を CD1d Tetramer に load した状態で、4℃保存は可能ですか?
  • Q3はい。少なくともHumanで12ヶ月間、Mouseで12ヶ月間反応性が保たれることが分かっています。CD1d_load
  • Q5どの位の陽性率が期待できますか?
  • Q5健常人 においては採血直後の PBMC から 0.01–0.05% 程度の陽性率が検出されることが多いですが、個人差が大きく、陽性像が検出されない場合もあります。頻度が低いため、FCMを行う際にはリンパ球ゲートで 10万個程度の細胞を取り込み、解析することを推奨しております。マウス脾臓細胞を染色した場合、CD4 陽性細胞中に、BALB/c では〜5%、C57BL/6 では〜20% の Mouse CD1d Tetramer 陽性細胞が検出されます(社内検討データ)。
  • Q5CD1d Tetramer を使用する際におすすめの Blocking剤はありますか?
  • Q5Clear Back (Human Fc receptor blocking reagent, MBL Code no. MTG-001 ) の使用をおすすめしています。ヒト、マウス共に単球由来の細胞によるテトラマー試薬の非特異的な取込みを抑制する効果が期待できます。
  • Q6CD1d 分子は、ヒトとマウスでのホモロジーが高いようですが、CD1d Tetramer 試薬の、ヒトとマウスにおける交差性はありますか?
  • Q6種をそろえての検討をおすすめします。マウスのCD1d Tetramer でヒトのPBMCを染色すると、非特異的な染色が多くみられるため、推奨しません。また、ヒトのCD1d Tetramer でマウス脾臓細胞を染色した場合、マウスのCD1d Tetramer で染色した場合と比較して陽性率が低く検出されます。
    CD1dテトラマー試薬 交差性例
  • Q7α-GalCer を load していない Human CD1d Tetramer のみで、CD3 陰性細胞において非特異的な陽性像が得られる場合があるのですが?
  • Q7α-GalCer を load していない Human CD1d Tetramer は、CD14陽性細胞が発現している ILT4 ( CD85d ) という分子と結合することが知られています。CD14抗体と共染色してCD14陽性細胞をゲートアウトすることで除外することが可能です。詳しくは参考文献 (Li D, et al. J. Immunol. 182: 1033-1040 (2009) PubMed:19124746) をご参照ください。