トップ > 製品カテゴリー > 幹細胞研究 > CytoTune®-iPS

CytoTune®-iPS



CytoTune®-iPS 2.0

染色体が無傷で外来遺伝子フリーの
iPS細胞作製用センダイウイルスベクターキット

製品リスト

 人類の夢である再生医療実現に向けて大きな一歩となったのが、京都大学の山中伸弥教授が創出したiPS細胞です。iPS細胞の作製には、体細胞からのリプログラミング過程が必要で、このために遺伝子操作や薬剤処理などが行われます。より安全で、効率的なiPS細胞作製技術として、IDファーマ社独自の遺伝子導入技術であるセンダイウイルスベクターを利用した方法を新たに開発しました。
 CytoTune®-iPSは、効率的な核初期化に必要な、いわゆる山中4遺伝子(OCT3/4、SOX2、KLF4、cMYC)をセンダイウイルスベクター(SeVベクター)に搭載した製品です。これらを適切に使用することにより、ヒトなどの体細胞から人工多能性幹細胞(iPS細胞)を誘導できることが示されています。

CytoTune®とは

CytoTune®: 遺伝毒性の無いベクター

 センダイウイルスの最大の特長は、RNAをゲノムとしますが、レトロウイルスと異なりRNAのまま細胞質に留まり、そこで複製・転写・翻訳が行われることです。細胞核内に遺伝情報が入り宿主のDNA配列の中に組み込まれないため、染色体に傷を付けることがありません。レトロウイルスベクターを用いたことによる発がんの好ましくない形質転換を考慮する必要がありません。比較的DNAが組み込まれにくいベクターであるアデノウイルスやアデノ随伴ウイルス(AAV)、プラスミドを用いても、DNAを用いる限りこの危険性が伴います。センダイウイルスの特長を利用してデザインされた全く新しいタイプのベクターがCytoTune®-iPSです。

幅広い遺伝子導入能:多様な動物種、細胞に利用可

 センダイウイルスベクターのもう一つの特徴は、感染性の高さです。センダイウイルスはウイルス表面上のHNタンパク質が細胞膜上のシアル酸に結合し感染していきます。このシアル酸はほとんどの細胞種で発現しているため、広範囲の細胞種に感染します。また動物種も選ばないため哺乳動物や鳥類まで幅広い動物をターゲットにできます。CytoTune®は、このウイルスの広宿主性を保持しています。
CytoTune®-iPS 2.0は、さらに誘導効率が向上しており、これまで誘導しにくかった細胞からもiPS細胞を誘導します。
※本製品はヒト線維芽細胞株、その他多くの細胞でiPS細胞誘導の実績がありますが、全ての細胞でiPS細胞の誘導を保証するものではありません

消去可能なCytoTune®-iPS

 センダイウイルスベクターは、細胞質内で複製を続けるため持続的に存在しましたが、IDファーマ社開発の新技術により細胞内から消去することが可能になりました。CytoTune®-iPSを用いて誘導したiPS細胞は継代に伴い、徐々にCytoTune®-iPSが消えていきCytoTune®-iPSが残存しないiPS細胞になります。
CytoTune®-iPS 2.0は、誘導因子の脱落までの期間が短縮しており、わずか2継代で80%以上のコロニーがベクターを消失します。研究や材料調達の迅速化・効率化へつながります。

CytoTune®-iPS 製品について

製品情報

製品名 内容量 アカデミア 営利機関
コードNo. 価格(税別) コードNo. 価格(税別)
CytoTune®-iPS 2.0 1 pack DV-0304A ¥70,000 DV-0304 ¥140,000
CytoTune®-iPS 2.0 3 packs DV-0304-3A ¥180,000 DV-0304-3 ¥360,000
CytoTune®-iPS 2.0L 1 pack DV-0305A ¥70,000 DV-0305 ¥140,000
CytoTune®-iPS 2.0L 3 packs DV-0305-3A ¥180,000 DV-0305-3 ¥360,000

※CytoTune®-iPS 2.0は、ヒト線維芽細胞株BJ細胞を用いた場合、1x106の細胞に対して1回の実験が可能です。
※本製品は、カルタヘナ該当品です。ご購入前に各機関における機関内承認が必要になります。

機関内申請に関する情報

遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく情報提供

CytoTune-2.0L (PDF:514KB)
CytoTune-2.0 (PDF:160KB)
PlasmEx (PDF:159KB)

ライセンスについて

ご購入の際には確認書をご一読の上、記載事項に同意ならびにご署名いただく必要がございます。
確認書をダウンロードする
使用上のご注意をご覧ください(PDF174KB)

プロトコール情報

CytoTune®-iPS 2.0 使用方法ご紹介スライド

末梢血単核球(PPBMC)からのiPS細胞誘導法 (PDF:225KB)

マウス胎児線維芽細胞(MEF)からのiPS 細胞の誘導法 (PDF:169KB)


センダイウイルス(SeV)とは?

センダイウイルス(Sendai virus, SeV)は、マウスやラットの呼吸器感染ウイルスであり、パラミクソウイルス科のマウスパラインフルエンザウイルス1型に分類されます。
SeVは1950年代前半に日本で初めて分離され、SeVという通称以外にHVJ(Hemagglutinating Virus of Japan) とも呼ばれています。1本のマイナス鎖RNA(全長15,384塩基)をゲノムにもつ直径150-250 nmのエンベロープ型ウイルスです。ゲノムには3'末端から順に、ヌクレオカプシド蛋白質(Nucleocapsid Protein, NP)、RNAポリメラーゼの小サブユニットであるリン酸化蛋白質(Phosphoprotein, P)、ウイルス粒子構造を内側から維持するマトリクス蛋白質(Matrix protein, M)、標的細胞への侵入にかかわる膜融合蛋白質(Fusion protein, F)、標的細胞との結合にかかわる赤血球凝集素/ノイラミニダーゼ(Hemagglutinin-Neuraminidase, HN)、RNAポリメラーゼの大サブユニットである巨大蛋白質(Large protein, L)の主要な6種の蛋白質をコードする遺伝子が配置されています。
細胞表面のシアル酸を主要な受容体として感染するため、多くの動物種の多様な細胞に接着可能です。感染が成立するためには、膜融合蛋白質が、標的細胞のプロテアーゼにより活性化される必要があります。感染後は、細胞質内で自己複製と自己蛋白質の産生を経て娘ウイルス粒子として放出されます。

※CytoTune®は株式会社IDファーマの商標です