トップ > 製品カテゴリー > 病理染色関連ツール > IHC 病理用抗体一覧 > 中皮腫関連抗体

中皮腫関連抗体


中皮腫関連の抗体を各種取り揃えています



中皮腫は胸膜や腹膜に生じる悪性腫瘍です。また発症頻度は低いですが、心膜、精巣鞘膜にも生じることが知られています。発症頻度の高い胸膜中皮腫はそのほとんどに石綿(アスベスト)曝露が関与しています。石綿の曝露から発症までに約40年前後かかると言われています。胸膜中皮腫の組織学的な分類は頻度の順に上皮型、二層型、肉腫型、線維形成型となり、上皮型は50~70%を占めます。
中皮腫は臨床情報やCT画像などを元に鑑別が進みますが、特徴的な症状や検査所見に乏しく、確定診断が困難な疾患です。病理組織学的所見に加え、免疫組織化学染色に基づく診断が重要となっており、悪性胸膜中皮腫病理診断の手引きでは「中皮腫の診断には常に免疫染色を行うことが勧められる」との記載があります。
また、平成28年度の診療報酬改定ではN004 細胞診のカテゴリーにおいて、悪性中皮腫を疑う患者に限り、穿刺吸引等により採取した検体からセルブロック法による標本作製を行った場合に860点が算定されることとなりました。

【石綿】
石綿は天然の鉱物繊維です。非常に細い繊維で、熱や摩擦、酸やアルカリにも強く、丈夫で変化しにくい特性を持ちます。かつては建材製品や工業製品として使用され、特に1960年代の高度成長期に建材製品が多用されました。しかしながら、石綿の発がん性(中皮腫や肺がんなどを発症)が問題となり、現在では新たな石綿製品などを製造・使用することが禁止されています。

【石綿による健康被害と救済制度】
極めて細い繊維の石綿は、飛散すると空気中に浮遊しやすく、吸入すると肺胞に沈着しやすい性質を持ちます。肺の組織などに長期間滞留した石綿が原因となり肺の線維化や肺がん、中皮腫などを発症することがあります。石綿への曝露とそれによる健康被害は、直接取り扱う職業に従事していた場合のみならず、石綿に曝露された作業具を家庭内に持ち込んだ場合や、活動拠点の周辺に石綿取扱い施設等がある場合などにも起こり得ます。
平成18年3月に「石綿による健康被害の救済に関する法律」が施行されて以降、関連する法律・政令が整備されました。石綿を吸引することにより指定疾病(中皮腫、石綿による肺がん、著しい呼吸機能障害を伴う石綿肺、著しい呼吸機能障害を伴うびまん性胸膜肥厚)に罹患し療養中の方、これら疾病に起因し亡くなった方のご遺族に対し医療費等の救済給付が支給されることとなり、近年では1年間に600人前後の方々が新たに認定されています。
(参考資料:独立行政法人 環境再生保全機構作成『石綿健康被害者の救済へのご協力のお願い』(平成29年6月)、『石綿と健康被害』(平成29年6月)、悪性胸膜中皮腫病理診断の手引き(平成25年10月))


MBLでは、研究用試薬として中皮腫関連抗体を販売しています。各種研究にお役立て下さい。

陽性マーカー
(上皮型、肉腫型、
線維形成型)

Calretinin WT1 D2-40
(Podoplanin)
AE1/AE3
(Cytokeratin)
CAM5.2
(Cytokeratin)

陰性マーカーCEA TTF-1 Ber-EP4
(EpCAM)
MOC-31
(Epithelial Specific Antigen)
Estrogen Receptor Progesterone Receptor
Napsin A PE10
(Surfactant apoproteinA)

代表的な抗体のうち、取扱いがあるものにを記載しています。



Anti-Calretinin mAb (Code No. B-AM5835M)
Anti-Calretinin pAb (Code No. B-PU413UP)

Imunnohistochemistry

BioGenex-am583_calretinin_ihc_gis_1
※上記画像をクリックすると大きい画像が見られます。

Anti-Calretinin mAb (Code No. B-AM5835M)
Anti-Calretinin pAb (Code No. B-PU413UP)



Anti-TTF-1 (Rat) mAb (Code No. K0121-3)

Imunnohistochemistry

K0121-3.jpg

Anti-TTF-1 (Rat) mAb (Code No. K0121-3)



Anti-Napsin A mAb (Code No. B-AM7015M)

Imunnohistochemistry

BioGenex-anti-napsin_a_lung_adnocarcinoma_40x_1.jpg
※上記画像をクリックすると大きい画像が見られます。

Anti-Napsin A mAb (Code No. B-AM7015M)









病理関連に関するお問い合わせ