トップ > 製品カテゴリー > 病理染色関連ツール > IHC共通試薬

IHC共通試薬


BioGenexブランドのIHC共通試薬をご紹介します。

抗原賦活化・脱パラフィン

  • Antigen Retrieval Citra Solution / Antigen Retrieval Citra Plus Solution

    クエン酸ベースの抗原賦活化用緩衝液です。
    BioGenex製品の大部分を含む一般的な抗体を用いたIHC染色において、ホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)組織切片中の抗原を賦活化します。
    ・Antigen Retrieval Citra Solution ………pH 6.0
    ・Antigen Retrieval Citra Plus Solution …pH 6.2
    とくにAntigen Retrieval Citra Plus Solutionは、賦活化が困難な抗体を使用する場合にも有用です。

  • Antigen Retrieval AR-10 Solution

    Trisベースの抗原賦活化用緩衝液で、pH 10.0です。
    賦活化が困難な抗体の前処理や、核内抗原のシグナル強度やS/N比を調整する際に有用です。

  • EZ-AR Solution / EZ-AR Elegance

    脱パラフィン処理と組織の再水和および抗原賦活化処理を同時に行うことができる緩衝液です。
    ・EZ-AR 1およびEZ-AR 3 …クエン酸ベースの緩衝液(pH 6.0)
    ・EZ-AR 2 ……………………EDTAベースの緩衝液(pH 8.5)
    ・EZ-AR 4 ……………………Trisベースの緩衝液(pH 10.0)

    EZ-AR Eleganceシリーズは高温加熱処理の際に気泡が発生しにくい組成となっています。

  • タンパク質分解酵素

  • 脱パラフィン処理試薬

    キシレン等の有害な化学物質を使用していません。

検出

ポリマー試薬

Super Sentsitive One-Step Polymer-HRP IHC Detection SystemHRP活性部位のポリマーが結合した二次抗体試薬により、高感度かつ簡便な操作を実現した染色キットです。
ビオジン-アビジン反応を利用しないため、内因性ビオチンによる組織(特に腎臓、肝臓、脾臓、大腸、胃、脳)のバックグラウンド染色を回避できます。
マウスの一次抗体(IgGおよびIgM)ならびにウサギの一次抗体(IgG)に使用可能なユニバーサルキットです。

ビオチン-アビジン試薬

ビオチン-アビジン反応を利用した検出キット・試薬です。
マウスおよびウサギの一次抗体に使用可能です。

二重染色

  • Super Sensitive™ Double Staining Polymer Detection Kit

    マウスおよびウサギの一次抗体(カクテル抗体)を用いた二重染色のための検出キットです。
    HRPあるいはアルカリホスファターゼ(AP)標識ポリマーが結合した二次抗体(抗マウスIgG抗体および抗ウサギIgG抗体)があらかじめミックスされ、最適化されています。

発色試薬

対比染色試薬

その他



病理関連に関するお問い合わせ