トップ > 製品カテゴリー > ブロッキング試薬 > MaxBlot ~マックスブロット~(シグナル増強抗体希釈液)

MaxBlot ~マックスブロット~(シグナル増強抗体希釈液)


WBやELISAのシグナル不足にお悩みの方へ

圧倒的な価格、パフォーマンスでMBLから新登場

 

■抗原抗体反応の最適化により、WBやELISAのシグナルを高いS/N比で増強します。
■1次抗体、2次抗体それぞれの反応条件を最適化した2種類の抗体希釈液を提供します。
■Ready-To-Use: 適量の抗体を添加する事ですぐに使用可能です。

Western Blotting やELISAの抗体希釈液として、PBSやTBSが頻用されます。しかし、これら一般的なバッファーでは、場合によっては抗原抗体反応が最適で無いためにシグナル不足となる可能性があります。 MaxBlotはMBLのノウハウを活かして開発した抗体希釈液で、抗原抗体反応の条件を最適化することで、感度を高め、WBやELISAで問題になる感度不足を改善します。特に「反応性の低い抗体」を用いた場合に、従来法より数倍から十数倍の高いS/N比を得られます。

使用例

■Western Blotting (標準方法)



■ サンドイッチELISA



■ Western Blotting (HRP-DirecT使用)

他社試薬との比較


通常のバッファーで抗体を希釈すると、シグナルがかなり弱い場合、MaxBlotは非特異反応を低減しながらシグナルを増強しました。他社試薬はシグナルの増強は見られるものの、非特異反応が多く見られました。


抗体によっては、シグナルの増強は同程度でした。

使用について

  • MaxBlot Solution 1とSolution 2の違い
    Solution 1は1次抗体反応に、Solution 2は2次抗体反応に最適化された抗体希釈液です。しかし、抗体によっては1次抗体反応にSolution 2を使用する方がより最適な場合もございます。
  • 抗体反応条件について
    MaxBlotの使用によりシグナルが増強されますので、場合によっては通常のバッファーで行っている試験の条件をもとにサンプル量・抗体量・シグナル検出時間などの再検討が必要になります。