トップ > 製品カテゴリー > 代謝 > CircuLex 炎症/その他マーカー

CircuLex™ ブランド 炎症/その他マーカー


Lactoferrin ELISA Kit

体液中Lactoferrinが増減する疾患の一部ラクトフェリンはトランスフェリンファミリーに属し、哺乳類の母乳・涙・汗・唾液などの外分泌液中に含まれる鉄結合性の糖タンパク質です。
ラクトフェリンは、
1. C型肝炎ウイルス(HCV)のエンベロープに結合することで標的細胞への浸入を阻害したり、ウイルスの複製を阻害する「抗ウイルス作用」
2. 鉄を奪い去ることで、鉄要求性細菌の増殖を抑制する「抗菌作用」
3. エンドトキシン(LPS)と強力に結合することにより、LPSのマクロファージへの結合を阻害し、炎症性サイトカインであるTNF-αやIL-6の産生を抑制する「抗炎症作用」
4. ナチュラルキラー細胞(NK細胞)の細胞障害作用の活性化等の「免疫調節作用」
5. 腫瘍細胞にアポトーシスを誘導したり、血管新生を阻害し腫瘍の増殖を防ぐ「抗腫瘍作用」
などの多くの機能が報告されており、哺乳類の先天性免疫システムの主要な因子です。例えば、抗炎症作用に着目すると、様々な体液中のラクトフェリンは、炎症マーカーとして考えられており、糞便ラクトフェリンは、クローン病、慢性炎症性大腸疾患 (IBD) といった腸の炎症を同定する際に、高感度で特異的なマーカーとして有用であることが報告されています。更に、ラクトフェリンとS100A8/A9複合体、ディフェンシン、エラスターゼ、MPO、I-FABPのようないくつかのマーカーとの組み合わせは、IBD を分類するのに有用であると報告されています。
また、ラクトフェリンは高温殺菌される前の牛乳(生乳)の中に大量に存在しています。
ラクトフェリンの経口摂取により、
1. ビフィズス菌の増殖作用
2. 貧血の改善
3. 内臓脂肪の低減
4. 変性LDL取り込み阻害による動脈硬化の予防
などの健康を維持・増進する作用も報告されており、乳製品やサプリメントでラクトフェリンを積極的に摂取することも注目されています。

CircuLex Human Lactoferrin ELISA Kit
CircuLex Bovine Lactoferrin ELISA Kit



TXNIP ELISA Kit

Thioredoxin-interacting protein (TXNIP) は、Vitamin D3 up-regulated protein-1 またはThioredoxin-binding protein-2 とも呼ばれ、チオレドキシンの活性部位にあるチオール基に結合することによって、チオレドキシンの抗酸化機能を阻害する細胞内因性物質です。また、TXNIPはNLRP3-インフラマソームと直接的相互作用をすることにより、高グルコース処理したマウスのβ細胞で生じるカスパーゼ1の活性化に重要な役割を果たしていることが示されました。TXNIPの欠損マウスが、他のインフラマソームの活性化(例えば、NLRC4とAIM2)に影響を及ぼさなかったことから、TXNIP依存性インフラマソーム活性化は、NLRP3に特異的なものと考えられています。
TXNIPの発現は、酸化ストレス、UV照射、熱ショック、アポトーシスシグナルなど様々な細胞ストレスによって誘導されます。一方、様々なヒト腫瘍においては、多くの場合、その発現が抑制されています。
TXNIP によるNLRP3 インフラマソームの活性化が2 型糖尿病における膵島機能不全への進行を引き起こします。
2型糖尿病の初期段階では、膵島β細胞がインスリンの生産量を増加させることによって、末梢組織のインスリン抵抗性を上回り、高血糖を改善することができます。しかし、病状の悪化により、更にインスリン抵抗性が増すと、β細胞による代償作用が追い付かなくなり、末梢組織でのインスリンシグナルとそれによるインスリン依存性のグルコースの取り込みの減少を引きおこし、高血糖状態が持続します。膵島における慢性的な高血糖状態は解糖系を亢進し、ミトコンドリアの電子伝達系の過剰刺激を介して活性酸素種(ROS)の産生を促し、チオレドキシンからTXNIPを解離させます。一方、グルコースはMondoAとMax-like protein Xの細胞内転写複合体を介してTXNIPの発現を誘導します。この2つの経路で増加したTXNIPはNLRP3インフラマソームを活性化し、カスパーゼ1依存的IL-1βの成熟化をもたらします。高濃度のIL-1βはβ細胞の細胞死や機能不全を引き起こし、グルコース誘導性のインスリン分泌の減少につながります。また、浸潤した免疫細胞によって形成された局所的炎症性環境によって、β細胞の障害は更に亢進します、このような過程を経て、重度の高血糖状態が継続するという負のスパイラルに陥り、2型糖尿病の病状が更に進行して、膵島機能不全に陥ります。
以上のようにTXNIPは2型糖尿病の病状の進行に関係している可能性が報告されています。このことは、TXNIPの発現が2型糖尿病で上昇していることやTXNIPノックアウトマウスに高脂肪食を与えた場合に、野生型マウスに比較して耐糖能とインスリン感受性が高いことからも強く示唆されています。また、TXNIPノックアウトマウスとNLRP3ノックアウトマウスにおいて、膵島におけるグルコース依存性のIL-1βの分泌が減弱することやROS 阻害剤の投与によっても同様の影響があることが観察されており、今後、2 型糖尿病の進行を阻止する新たな治療法の開発に結びつく可能性を示唆しています。

CircuLex Human TXNIP ELISA Kit



14-3-3 Gamma ELISA Kit

クロイツフェルト·ヤコブ病(CJD)と他の神経変性疾患における脳脊髄液中の14-3-3 γ濃度の比較 14-3-3 タンパク質は、すべての真核細胞で発現が認められ、進化的に良く保存されている調節因子ファミリーです。哺乳類には、7つアイソフォームをコードする遺伝子が存在します。このファミリーは、多様な生理学的、病理学的プロセスを制御するシグナル伝達経路上の標的タンパク質の活性をダイナミックに制御します。14-3-3タンパク質の発現異常や14-3-3-標的タンパク質の相互作用の調節異常は、多くのヒト疾患の発症に関与しています。例えば、14-3-3タンパク質の発現増加と癌患者の予後の悪さ、生存率の低下に相関関係があることが報告されています。癌や神経学的症候群では、14-3-3のアイソフォームは、それぞれ別々に発現が制御されていることが報告されています。特に、γアイソフォーム (14-3-3γ) はクロイツフェルト・ヤコブ病患者の脳脊髄液中で上昇することが見出され、タウタンパク質と同様にこの疾患の特異的なマーカーになると考えられています。

CircuLex 14-3-3 Gamma ELISA Kit
14-3-3関連タンパク質一覧 



NGAL/Lipocalin-2 ELISA Kit

92 kDaの好中球タイプIVコラゲナーゼに結合するタンパク質として同定された好中球ゼラチナーゼ結合性リポカリン(NGAL)/リポカリン-2は、細菌の鉄結合タンパク質シデロフォア(Siderophores)と結合することによって細菌の増殖を抑制するため、細菌感染における自然免疫応答で重要な役割を果たしていると考えられています。NGALは、活性化した好中球の二次顆粒から放出され、その血中濃度は炎症または細菌感染状態で顕著に増加することから、感染マーカーとしての有用性が示唆されてきました。悪性腫瘍や腎臓疾患でもNGALが亢進しており、これらの疾患のマーカーとして利用できる可能性もあります。 
さらに、虚血-再潅流傷害の後のラット近位尿細管細胞で、早期に劇的なNGALの増加がみられます。全身性血管炎が原因の腎障害患者における腎機能低下と血中NGAL濃度の亢進が強く相関していることや、心肺バイパス手術を受けた子供たちの虚血性腎障害の初期マーカーとして尿中NGAL濃度の測定が有用であることも報告されています。

CircuLex Human NGAL/Lipocalin-2 ELISA Kit   [使用文献]


UCHL1 ELISA Kit

UCHL1が関連する生命現象UCHL1 (Ubiquitin carboxy-terminal hydrolase L1)は、PARK5もしくはPGP9.5(神経細胞特異的タンパク質遺伝子産物9.5)とも呼ばれる、ユビキチンC末端加水分解酵素で、ユビキチン依存性のシグナル伝達経路を調節する因子です。
UCHL1は主にニューロンにおいて発現しており、その発現量は脳の総可溶性タンパク質の1〜2%に達しています。また、精巣と卵巣にも強く発現しています。生体内では、ユビキチン蓄積量、癌抑制(アポトーシス誘導)、学習と記憶の制御に関与することが報告されており、自然発生的UCHL1遺伝子内欠損マウスは神経学的欠陥を呈する表現型を示すことが報告されています。ドイツのパーキンソン病家系において発見されたUCHL1の点変異(I93M)は、UCHL1活性部位近傍の点変異で、そのチオエステラーゼ活性の部分的な喪失を引き起こし、常染色体優性遺伝パーキンソン病を発症するリスクの増大と関連していることも報告されています。
UCHL1は、中枢神経系に豊富に存在することから、脳損傷および虚血性脳卒中のバイオマーカー候補として現在、とても注目を集めています。UCHL1は損傷ニューロンから放出され、脳脊髄液中へ入り、最終的に循環血液中に流れ込むことが証明されています。

CircuLex Human UCHL1 ELISA Kit
CircuLex Mouse UCHL1 ELISA Kit
Anti-UCHL1/PARK5 (Human) mAb 


DJ-1/PARK7 ELISA Kit

キット改良により感度がアップいたしました !
改良前 550 pg/mL ⇒ 改良後 8.4 pg/mL

dj1家族性パーキンソン病の原因遺伝子産物 (PARK7)と同一タンパク質であるDJ-1は、抗酸化ストレス因子、転写調節因子、プロテアーゼ、RNA結合タンパク質の調節サブユニット、分子シャペロンなど多岐にわたる機能を発揮する多機能因子であることが明らかにされています。特に、抗酸化ストレス因子としての機能に関して詳細な解析が行われています。DJ-1は、酸化ストレスを誘発させる薬剤により発現が上昇するばかりでなく、自己酸化されることで過酸化水素を消費します。この事実は、DJ-1は直接活性酸素の除去に関与する活性酸素スカベンジャーとして機能していることを強く示唆しています。家族性パーキンソン病患者に見られる種々のDJ-1遺伝子変異は、抗酸化ストレス機能の低下を引き起こすことが示されました。その他の疾患との関連では、脳梗塞が生じてから3時間以内にDJ-1濃度が上昇することが示され、脳梗塞初期の血中マーカーとして有用性が期待されています。また、DJ-1は、乳癌患者の半数近くで血中に検出され、そのうち何人かでは抗DJ-1自己抗体が存在することが報告されていることから、乳癌マーカーになると期待されています。

CircuLex Human DJ-1/PARK7 ELISA Kit Ver.2データ、旧バージョンとの比較

CircuLex Human DJ-1/PARK7 ELISA Kit Ver.2



AIF1 ELISA Kit

アログラフト炎症因子1(Allograft inflammatory factor 1, AIF1)は、IFN-γによって発現誘導される分子量17 kDaのEF-ハンドCa2+結合タンパク質で、慢性炎症の発生過程に関連しています。AIF1はリンパ組織で構成的に発現し、同種移植片の慢性的拒絶などの様々な病理学的な状況下の単核細胞/マクロファージと自己免疫性傷害部位で発現が亢進しています。脳では、ミクログリアの亜集団が、AIF1を発現しています。ヒトでは局所性脳梗塞、外傷性の脳障害、グリオーマ、ブドウ膜炎で、ラットモデルでは自己免疫疾患、自己免疫性脳脊髄炎、および神経炎の炎症性病変において、AIF1陽性マクロファージ/ミクログリアの数の増加が観察されています。

CircuLex Human AIF1 ELISA Kit
AIF1関連タンパク質一覧 



ISG15 ELISA Kit

ISG15は2つのユビキチン相同ドメインを含むユビキチン様タンパク質で、細胞をI型インターフェロンで処理すると、様々なタンパク質に結合して修飾します。したがって、この修飾 (ISGylation) はI型インターフェロンのシグナル伝達に関与していると考えられています。ユビキチン化とは異なり、ISGylationはK48-結合型ユビキチン化によって調節されるようなタンパク質分解を引き起こしません。
またISG15は非結合型として細胞外でも見出すことができます。IFN-β処理によって、ヒトリンパ球および単球はフリーのISG15を放出することが報告されています。IFN刺激後24時間以内に、総ISG15の50%以上を培養液中で検出することができます。さらに、ISG15は多くの腫瘍および腫瘍細胞株で発現が上昇しており、細胞内タンパク質と広範に結合しています。腫瘍細胞でのISG15の増加レベルは、ポリユビキチン化タンパク質レベルの低下と相関していることが判明しています。

CircuLex Human ISG15 ELISA Kit
CircuLex Mouse ISG15 ELISA Kit
ISG15関連タンパク質一覧 

Fibulin-1 ELISA Kit

Fibulin-1は、細胞外マトリックス(ECM)タンパク質の7つの遺伝子ファミリーの中で最初に同定されたタンパク質です。Fibulin-1は広範な結合組織の細胞間に存在する分泌糖タンパク質で、血管壁においては平滑筋細胞を取り囲み、内皮細胞を裏打ちする弾性板とECM繊維の構成成分となっています。まだFibulin-1の正確な機能は解明されていませんが、多くのECMタンパク質、受容体および成長因子との結合を介して、細胞接着、細胞移動、増殖、悪性形質転換に関与することが示唆されています。
また、Fibulin-1は、血液中に高濃度に存在する稀なECMタンパク質の1つで、血漿Fibulin-1濃度は、血管手術を行った2型糖尿病患者や喘息患者において増加することが報告されています。

CircuLex Human Fibulin-1 ELISA Kit



Hsp27 ELISA Kit

Hsp27は、多くの細胞で発現しATP非依存的なシャペロンとして働く小分子熱ショックタンパク質 (HSP) ファミリーの一つです。小分子HSPファミリーは細胞内では主に細胞質に局在しており、タンパク質フォールディングの強力なメディエーターであると同時に、細胞骨格の構造、細胞遊走、細胞増殖/分化、腫瘍の進行に関与しています。
Hsp27は、シトクロムc/Apaf-1/dATP複合体の活性化を阻害して、Procaspase-9の活性化を抑制することで、アポトーシスシグナル伝達経路に関与していることが分かっています。また、乳癌、卵巣癌、直腸癌を含む多くの癌細胞では、正常細胞と比較して、Hsp27の発現が亢進していることが報告されています。胃癌、肝臓癌、前立腺癌、骨肉腫では予後と関連していることも報告されています。しかし一方で、Hsp27は転移性腫瘍では検出されず、非転移性腫瘍由来の検体でのみ観察されたという報告もあり、その正確な機能はまだ十分には解明されていません。

CircuLex Human Hsp27 ELISA Kit



High-Sensitivity CRP ELISA Kit

C-反応性タンパク質(CRP)は、肝臓で合成される5量体の急性相反応タンパク質で、その合成は主にIL-6で制御されています。血清CRP濃度は、感染、虚血、外傷、手術や他の急性炎症時に、最高1,000倍にまで増加し、敏感な全身的炎症マーカーとして利用されてきました。一方、急性炎症時とは異なり、通常状態における低濃度域でのCRP濃度の変動は、将来の心筋梗塞や脳卒中の危険性の予測に利用できるとともに、予後の悪い狭心症とも関連することが報告されています。CRPは、動脈硬化症、インスリン抵抗性、糖尿病、高脂血症を含む肥満および肥満関連疾患の危険因子であり、低濃度域でのCRP濃度の測定は、それら疾患の有用なマーカーとなることが示されています。

CircuLex High-Sensitivity CRP ELISA Kit   [使用文献]



Clusterin/Apo-J ELISA Kit

クラスタリン(Clusterin)はアポリポタンパク質Jとも呼ばれ、様々な上皮細胞や涙に発現している分泌性のヘテロ二量体の糖タンパク質です。
Clusterinはアルツハイマー、アテローム性動脈硬化症等によって発現が誘導され、また、多くのがん細胞においても高発現していることが報告されています。
ただ、がんの中でも食道扁平上皮がん・精巣生殖細胞がん・前立腺がん等では発現が抑制されているとの報告があります。

CircuLex Human Clusterin/Apo-J ELISA Kit 

Progranulin ELISA Kit

プログラニュリン(PGRN)は高度にグリコシル化された分泌タンパク質で、細胞増殖や腫瘍形成に関与する成長因子です。
PGRNは、tumor necrosis factor receptors (TNFR)へ結合して関節リウマチを抑制することが示されています。また、血中PGRNはⅡ型糖尿病患者で上昇することが報告されています。
ただ、PGRNの機能はまだ明確に解明されていません。

CircuLex Human Progranulin ELISA Kit
CircuLex Mouse Progranulin ELISA Kit

Lacritin ELISA Kit

ラクリチン(Lacritin)は、ヒト涙腺腺房細胞から分泌される涙糖タンパク質です。
Lacritinは眼の表面に涙を保持する役割を持っており、涙中のLacritinの減少は眼瞼炎、ドライアイを引き起こすと報告されています。

CircuLex Human Lacritin ELISA Kit


CIRP ELISA Kit

全身性の炎症に対する臨床応用への期待も高まっているDAMPsの一種CIRPを簡便かつ特異性高く評価可能なELISA Kitです。

特徴 ・操作が簡便 ・優れた特異性 ・広い測定レンジ ・安定した性能


傷害関連分子パターン(DAMPs)とは

内因性のDAMPsは構造や機能がさまざまであり、未解明の部分も残されています。こうした内因性分子は総称してalarminと呼ばれており、HMGB1、S100タンパク質、熱ショックタンパク質、ヒストン、ミトコンドリアDNAなどが知られています。

CIRPとは

Cold-inducible RNA-binding protein (CIRP)は、RNAシャペロンとしてmRNAの安定化と細胞質への輸送に関与しており、さまざまな組織に常に発現しています。低温ストレスに反応するcold shock proteinsのファミリーに含まれるタンパク質で、UV照射、低酸素などによっても発現レベルが上昇します。

全身性の炎症が起こるしくみ

全身性の炎症は、外来性の病原体関連分子パターン(PAMPs)あるいは内因性の傷害関連分子パターン(DAMPs)が、免疫細胞のパターン認識受容体(PRRs)によって認識されることにより細胞内シグナル伝達経路が活性化され、炎症性メディエーター(サイトカイン、ケモカイン、血管作動性ペプチドなど)が産生されることによって引き起こされます。

CIRPと炎症

最近の研究で、CIRPは細胞外に放出される炎症性メディエーターであり、免疫細胞のパターン認識受容体(PPRs)のうちのToll-like receptor 4(TLR4)を介して炎症反応を引き起こすDAMPsのひとつであることがわかってきました。また、表面プラズモン共鳴解析により、CIRPはTLR4/MD2複合体とも、それぞれの分子とも結合することを示唆する結果が報告されています。 CIRPを中和することなどにより重篤な全身性の炎症を緩和できるとして、臨床応用への期待も高まっており、CIRPはいま高く注目されている分子です。

CircuLex Mouse CIRP ELISA Kit
CircuLex Human CIRP ELISA Kit


VILIP-1/2 ELISA Kit

サンプル中のビシニン様タンパク質-1 (VILIP-1)およびVILIP-2をELISAで簡便に測定できるキットです。

特徴 ・操作が簡便 ・高感度 ・ヒト検体でも動物サンプルでも使用可能

VILIP-1 とは

ビシニン様タンパク質-1 (VILIP-1)は、ニューロンのカルシウム結合タンパク質です(1)。 4つのEFハンドと二本鎖RNA結合ドメインを持ち、ニューロンのカルシウム依存性シグナル伝達に関与します(3)。VILIP-1は中枢神経系のほぼニューロンにのみ見出される細胞質タンパク質で、ヒトのVILIP-1と、マウス、ラットのホモログとのアミノ酸配列は100%同一です。

VILIP-1の発現

VILIP-1は、脳で広く発現しており(4-6)、膵臓β細胞を除いた(8)その他の末梢組織ではほとんど検出されません(2, 7)。β細胞におけるVILIP-1の増加はcAMPに関連する様式でインスリン分泌を増強します(8)。一方、VILIP-1の減少はcAMPの蓄積の減少とインスリン蓄積の増加をともないます。脳卒中患者の血漿および脳卒中ラットモデルの脳脊髄液中ではVILIP-1濃度が増加しており、CNS損傷の潜在的かつ非常に有望なバイオマーカーであることが示唆されます(2, 9)
加えて、アルツハイマーの脳脊髄液中におけるVILIP-1レベルの高さが病態の進行速度を評価するうえでの良い指標になりうることを示唆する報告もあります(10)


参考文献

1. Braunewell KH et al. J Neurochem. 78, 1277-86 (2001)
2. Laterza OF et al. Clin Chem. 52, 1713–21 (2006)
3. Mathisen PM et al. J Biol Chem. 274, 31571-6 (1999)
4. Kiyama H et al. Neuroscience 14, 547–56 (1985)
5. Takami K et al. Neuroscience 15, 667–75 (1985)
6. Paterlini M et al. Neuroscience 99, 205–16 (2000)
7. McGinnis JF et al. FEBS Lett. 302, 172–6 (1992)
8. Dai FF et al. J Biol Chem. 281, 21942-53 (2006)
9. Stejskal D et al. Biomed Pap Med Fac Univ Palacky Olomouc Czech Repub. 155, 263-8 (2011)
10. Tarawneh R et al. Neurology 78, 709-19 (2012)

CircuLex VILIP-1/2 ELISA Kit