トップ > 製品カテゴリー > RNA-RNPネットワーク > RNAi pathway関連抗体

RNAi pathway


Code No. 製品名 クローン アイソタイプ 機能・局在

別名 使用法 交差反応性
RIP-Certified Antibody
RN028P Anti-EIF2C1(AGO1)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) RNAiで中心的役割を担うタンパク質。miRNA/siRNAと結合し、mRNAの翻訳を抑制するRISC(RNA-induced silencing complex)を構成する。


WB, IP, RIP, IC** Hu, Mo
RN003M Anti-EIF2C2(AGO2)(Human)mAb 1B1-E2H5 Mouse IgG2aλ RNAiで中心的な役割を担うタンパク質であり、RISC(RNA-induced silencing complex)の主要構成因子。RNA分解の場であるP-bodyへの局在が認められている。miRNA、siRNAと結合しmRNAの切断/翻訳抑制を司る。


WB, IP, RIP Hu
RN005M Anti-EIF2C2(AGO2)mAb 2A8 Mouse IgG1κ RNAiで中心的な役割を担うタンパク質であり、RISC(RNA-induced silencing complex)の主要構成因子。RNA分解の場であるP-bodyへの局在が認められている。miRNA、siRNAと結合しmRNAの切断/翻訳抑制を司る。


WB, IP, RIP, IH*, IC*, CLIP* Hu, Mo, Rat, Ham
RN020P Anti-ILF3(Human)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) pri-let-7aに結合してDroshaによるプロセシングを抑制し、miRNA生合成の調節に関わる。

NF90, MMP4 WB, IP, RIP Hu
RN009M Anti-PABPC1 mAb 10E10 Mouse IgGκ GW182と結合してmiRNAを介する翻訳抑制や分解の促進に関与する。

PABP1 WB, IP, RIP, IC Hu, Ham
RN033P Anti-TNRC6A(GW182)(Human)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) RISC(RNA-induced silencing complex)構成因子に結合し翻訳抑制に関与する。P-body/GW-bodyの構成要素とも報告されている。RNA recognition motif(RRM)及び複数のAGO binding domainを有し、gene silencingに寄与する。

GW1 WB, IP, RIP, IC*, CLIP* Hu
Code No. 製品名 クローン アイソタイプ 機能・局在

別名 使用法 交差反応性
RBP Antibody
RN110PW Anti-CNOT7(CAF1)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) CCR4-NOT複合体の構成因子でmiRNA/siRNAを介した脱アデニル化に関与する。


WB, IP Hu, Ham
RN002MW Anti-CUGBP1 mAb 3B1 Mouse IgG1κ miRNAの生合成において、miR-122の3'側に結合してPARNをリクルートして脱アデニル化を促進することでmiRNAの定常状態量の調節に寄与する。

CELF1 WB, IP, RIP* Hu, Mo, Rat
RN034PW Anti-CUGBP1 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) miRNAの生合成において、miR-122の3'側に結合してPARNをリクルートして脱アデニル化を促進することでmiRNAの定常状態量の調節に寄与する。

CELF1 WB, IC** Hu, Mo, Rat, Ham
RN129PW Anti-DDX6(RCK/p54)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) P-bodyの主要な構成因子でRNA分解や翻訳調節、miRNAを介するサイレンシングに関与する。


WB, IP Hu, Mo, Rat(w), Ham
RN062PW Anti-DGCR8 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) miRNAの生合成に関わるmicroprocessor complexの主要構成因子。pri-miRNAに結合してDroshaによるプロセシングに関与する。

pasha IP Hu, Mo, Rat
RN063PW Anti-DHX9 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) 核と細胞質をシャトルするRNAヘリカーゼ。RISC(RNA-induced silencing complex)構成因子の一つでsiRNA/miRNAのRISCへのローディングに関与する。

RHA, DDX9 WB, IP Hu, Mo, Ham
RN030PW Anti-DICER1(Human)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) dsRNAやpre-miRNAを切断し、siRNA duplex及びmiRNA duplexを産生するRNaseの一種。切断により生じた2本鎖small RNAをRISC(RNA-induced silencing complex)へローディングする役割も果たしている。


WB, IP Hu
RN028PW Anti-EIF2C1(AGO1)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) RNAiで中心的役割を担うタンパク質。miRNA、siRNAと結合しmRNAの翻訳を抑制するRISC(RNA-induced silencing complex)を構成する。


WB, IP, IC** Hu, Mo
Code No. 製品名 クローン アイソタイプ 機能・局在

別名 使用法 交差反応性
RN029PW Anti-EIF2C2(AGO2)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) RNAiで中心的役割を担うタンパク質であり、RISC(RNA-induced silencing complex)の主要構成因子。RNA分解の場であるP-bodyへの局在が認められている。


WB Hu, Mo, Rat
RN125PW Anti-HENMT1 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) piRNAの3'末端の2'-O-メチル化を触媒してpiRNAの安定化させる。マウスでは精巣に多く存在し精子形成への関与が示唆されている。

HEN1, C1orf59 WB Hu, Mo, Rat
RN114PW Anti-HNRNPA1 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) DNA/RNA結合タンパク質で転写、スプライシング、輸送、安定化、翻訳、miRNA生合成と幅広く関与する。pri-miR-18やpri-let-7aに結合してDroshaによるプロセシングを調節する。


WB, IP, IC** Hu, Mo, Rat, Ham(w)
RN065PW Anti-KHSRP pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) HNRNPA1と競合的にpri-let-7a-1に結合して、Droshaによるプロセシングを促進する。

KSRP, FBP2 WB, IP, IC**, CLIP* Hu, Mo, Rat, Ham
RN115PW Anti-LIN28B(Human)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) pri-let-7に結合してDroshaによるプロセシングを抑制することでlet-7の生合成に関与する。大腸癌、肝臓癌、乳癌などLIN28Aを発現していない癌での過剰発現が報告されている。


WB, IP Hu
RN127PW Anti-NSUN2(Human)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) tRNAのCからm5Cへの変換を触媒するメチル基転移酵素。mRNA、miRNAのメチル化も報告されている。NSUN2によるメチル化とmRNAの安定化や翻訳調節、miRNAの生合成への関連が報告されている。

MISU, MRT5, SAKI, TRM4 WB, IP Hu
RN105PW Anti-PARN pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) 3'-エキソヌクレアーゼ活性を有し、mRNAの5'-capに結合して3'→5'方向にpoly(A)鎖を分解する。翻訳終結やNMD(nonsense-mediated mRNA decay)、AMD(ARE-mediated mRNA decay)に関与する。

DAN WB, IP Hu, Ham
Code No. 製品名 クローン アイソタイプ 機能・局在

別名 使用法 交差反応性
RN010MW Anti-PIWIL1(MIWI)mAb 2D9 Mouse IgG1λ 生殖細胞特異的なArgonauteファミリータンパク質でスライサーと呼ばれるエンドヌクレアーゼ活性を有する。 piRISC(piRNA-induced silencing complex)の構成因子でトランスポゾンのサイレンシングに関与する。


IH, IF** Mo, Rat*, Rab*, Marmoset*
RN074PW Anti-SSB(La)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) AGO2と結合してRISC(RNA-induced silencing complex)から切断されたmRNAを放出することで、RISCを介したmRNAの切断活性を促進し、RNAi効率を高める。

LARP3 WB, IP, IC** Hu
RN057PW Anti-TARBP1 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) RISC(RNA-induced silencing complex)構成因子でDicerと結合する。RNAi活性に重要な役割を果たすと考えられている。

TRP185 WB, IP Hu
RN058PW Anti-TARBP2 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) RISC(piRNA-induced silencing complex)構成因子でDicerのbinding partnerとして機能する。Dicer切断後のguide鎖miRNAに結合する。siRNAやmiRNAのDicerからAGO2への受け渡しに関与する。

TRBP WB Hu, Rat
RN107PW Anti-TARDBP(TDP-43)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) DNA/RNA結合タンパク質で転写、スプライシング、輸送、安定化、miRNA生合成と幅広く関与する。Drosha複合体およびDicer複合体の構成因子として核、細胞質両方でmiRNAのプロセシングを促進する。


WB, IP Hu, Mo, Ham

使用方法・動物種について: * : 論文で報告されております(MBLでは未確認)。
             **: 導入元からの情報(MBLでは評価中もしくは未確認)。