トップ > 製品カテゴリー > RNA-RNPネットワーク > RNA安定化・分解制御関連抗体

安定化・分解制御


Code No. 製品名 クローン アイソタイプ 機能・局在

別名 使用法 交差反応性
RIP-Certified Antibody
RN037P Anti-AUH pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) 初期応答遺伝子(IL-3、GM-CSF、c-fos、c-mycなど)のmRNAのAU-rich element(ARE: mRNAの不安定化配列)に結合し、安定性を制御する。


WB, IP, RIP, IC**, CLIP* Hu, Mo, Rat, Ham
RN032P Anti-CIRBP pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) コールドショック誘導性の細胞増殖抑制に関与する。マイルドなコールドショック条件下においては翻訳を促進し、翻訳活性化因子として機能する。

CIRP WB, IP, RIP Hu, Mo, Rat
RN003M Anti-EIF2C2(AGO2)(Human)mAb 1B1-E2H5 Mouse IgG2aλ RNAiで中心的な役割を担うタンパク質であり、RISC(RNA-induced silencing complex)の主要構成因子。RNA分解の場であるP-bodyへの局在が認められている。


WB, IP, RIP Hu
RN005M Anti-EIF2C2(AGO2)mAb 2A8 Mouse IgG1κ RNAiで中心的な役割を担うタンパク質であり、RISC(RNA-induced silencing complex)の主要構成因子。RNA分解の場であるP-bodyへの局在が認められている。


WB, IP, RIP, IH*, IC*, CLIP* Hu, Mo, Rat, Ham
RN006M Anti-EIF4E mAb C107-3-5 Mouse IgG2aκ 翻訳開始因子の一つでm7Gキャップ構造に結合する。EIF4E、EIF4G1、PABP1を介したmRNAのループ形成により翻訳効率を高め、RNA分解を抑制する。


WB, IP, RIP Hu, Mo, Rat, Ham
RN001P Anti-EIF4E pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) 翻訳開始因子の一つでm7Gキャップ構造に結合する。EIF4E、EIF4G1、PABP1を介したmRNAのループ形成により翻訳効率を高め、RNA分解を抑制する。


WB, IP, RIP, IC, IF Hu, Mo, Rat, Ham
RN007M Anti-ELAVL1(HuR)mAb C67-1 Mouse IgG2aκ 幅広い組織に存在し、poly(A)とAU-rich element(ARE: mRNAの不安定化配列)の両方に結合する。AREへの結合によりmRNAを安定化させる。


WB, IP, RIP Hu, Mo, Rat, Ham
Code No. 製品名 クローン アイソタイプ 機能・局在

別名 使用法 交差反応性
RN004P Anti-ELAVL1(HuR)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) 幅広い組織に存在し、poly(A)とAU-rich element(ARE: mRNAの不安定化配列)の両方に結合する。AREへの結合によりmRNAを安定化させる。


WB, IP, RIP, IC, IF Hu, Mo, Rat, Ham
RN005P Anti-ELAVL2(HuB)(Human)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) Huファミリータンパク質の一員で、神経特異的な発現が報告されている。核と細胞質をシャトルし、AU-rich element(ARE: mRNAの不安定化配列)への結合を介してmRNAを安定化させ、翻訳効率を制御する。


WB, IP, RIP, IC, IF Hu
RN006P Anti-ELAVL3(HuC)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) Huファミリータンパク質の一員で、神経特異的な発現が報告されている。核と細胞質をシャトルし、AU-rich element(ARE: mRNAの不安定化配列)への結合を介してmRNAを安定化させ、翻訳効率を制御する。


WB, IP, RIP Hu, Mo, Rat
RN001M Anti-IGF2BP1(IMP1)mAb 6H6 Mouse IgG2aκ HNRNPU, YBX1, DHX9, SYNCRIPと複合体を形成してc-myc mRNAの安定化に関与する。

ZBP1 WB, IP, RIP Hu, Mo
RN007P Anti-IGF2BP1(IMP1)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) HNRNPU, YBX1, DHX9, SYNCRIPと複合体を形成してc-myc mRNAの安定化に関与する。

ZBP1 WB, IP, RIP, IC, IF, CLIP* Hu, Mo
RN020P Anti-ILF3(Human)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) dsRNAに結合する。IL-2 mRNAの3'-UTRのAU-rich element(ARE: mRNAの不安定化配列)に結合しmRNAを安定化させる。GBA(acid beta-glucosidase)mRNAのコード配列に結合してポリソームとの結合を阻害する。

NF90, MMP4 WB, IP, RIP Hu
RN021P Anti-KHDRBS1 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) DNA/RNA結合タンパク質。CD44のexon v5のinclusionに関与することでスプライシングを制御する。HIV RNAの輸送にも関与する。mRNAの安定化や翻訳制御への関与も推測されている。

p62, SAM68 WB, IP, RIP Hu, Mo, Rat
Code No. 製品名 クローン アイソタイプ 機能・局在

別名 使用法 交差反応性
RN009M Anti-PABPC1 mAb 10E10 Mouse IgGκ poly(A)に結合してmRNAを安定化させる。翻訳終結後の脱アデニル化や分解、NMD(nonsense-mediated mRNA decay)に関与する。

PABP1 WB, IP, RIP, IC Hu, Ham
RN022P Anti-PABPC4 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) PABPC1と79%の相同性を示し、mRNAの安定性や翻訳に関与する。T細胞の活性化によってmRNA量が約5倍になる。poly(A)への結合を介してmRNAの安定化に関与する。

PABP4, iPABP WB, IP, RIP Hu, Mo, Rat
RN024P Anti-PCBP1 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) poly(rC)およびpolyピリミジンに結合し、種々のmRNAを安定化させる(α-globin、I型コラーゲン mRNAなど)。核と細胞質の間をシャトルする主要なPCBPアイソフォームの1つである。

HNRPE1 WB, IP, RIP, IC**, Other* Hu, Mo, Rat
RN025P Anti-PCBP2 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) PCBP1およびhnRNPKと同様にpoly(rC)に結合する。poly(rU)への結合も報告されている。Stress granuleやP-bodyへの局在も認められている。

HNRPE2 WB, IP, RIP, IC**, CLIP* Hu, Mo, Rat
RN011P Anti-PTBP1(Human)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) insulin、VEGF、CD40LGなどのmRNAのUTRに結合してRNA分解を抑制し、安定化させる。

HNRNPI WB, IP, RIP, IC*, IF*, CLIP* Hu
RN026P Anti-PUM1 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) 発生を制御するPUFファミリーに属し、RNA binding domainとしてPumilio homology domain を有する。ターゲットmRNAの3'-UTRへ結合し、翻訳抑制や分解促進に関与する。


WB, IP, RIP Hu, Mo
RN027P Anti-PUM2 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) 様々な組織においてPUM1との共局在が認められ、重複した作用を司っていると考えられている。発生を制御するPUFファミリーに属している。胚性幹細胞での発現が認められ、発生制御に関与していることが示唆されている。


WB, IP, RIP Hu, Mo, Rat
Code No. 製品名 クローン アイソタイプ 機能・局在

別名 使用法 交差反応性
RN045P Anti-SLBP pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) ヒストン pre-mRNAの3'末端のstem-loop構造に結合して、プロセシングや、輸送、翻訳、分解に関与する。細胞周期の制御にも関与する。

HBP WB, IP, RIP, IC**, CLIP* Hu, Mo, Rat, Ham
RN012P Anti-STAU1(Human)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) 標的mRNAの3'-UTR中のSTAU1結合部位に結合してSMD(Staufen-mediated mRNA decay)を引き起こす。


WB, IP, RIP Hu
RN013P Anti-STAU2(Human)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) STAU1との相互作用によりUPF1を標的mRNAにリクルートすることでSMD(Staufen-mediated mRNA decay)の促進に関与する。


WB, IP, RIP Hu
RN033P Anti-TNRC6A(GW182)(Human)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) RISC(RNA-induced silencing complex)構成因子に結合して翻訳抑制に関与する。P-body/GW-bodyの構成要素とも報告されている。RNA recognition motif(RRM)及び複数のAGO binding domainを有し、gene silencingに寄与する。


WB, IP, RIP, IC*, CLIP* Hu
Code No. 製品名 クローン アイソタイプ 機能・局在

別名 使用法 交差反応性
RBP Antibody
RN036PW Anti-ACO1(IRP1)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) 鉄イオン濃度が低い場合、フェリチンmRNAの5'-UTRに結合し翻訳を阻害する。また、トランスフェリンレセプターmRNAの3'-UTRに結合しmRNAを安定化させる。

IREB1 WB, IP, IC** Hu, Mo, Rat, Ham
RN110PW Anti-CNOT7(CAF1)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) CCR4-NOT複合体の構成因子でmRNA分解では脱アデニル化に関与する。


WB, IP Hu, Ham
RN002MW Anti-CUGBP1 mAb 3B1 Mouse IgG1κ DM1(I型筋強直性ジストロフィー)の発症への関与が報告されている。c-jun、TNFRSF1BなどのGU-rich elementを持つ遺伝子に結合してmRNAの分解に関与する。

CELF1 WB, IP, RIP* Hu, Mo, Rat
RN034PW Anti-CUGBP1 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) DM1(I型筋強直性ジストロフィー)の発症への関与が報告されている。c-jun、TNFRSF1BなどのGU-rich elementを持つmRNAに結合して分解に関与する。

CELF1 WB, IC** Hu, Mo, Rat, Ham
RN035PW Anti-CUGBP2 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) 筋組織だけではなく、ユビキタスに高発現している。COX2 mRNAの3'-UTRへの結合を介した安定化に寄与する。がん細胞ではMcl-1 mRNAの3'-UTRに結合してアポトーシスを誘導する。

CELF2 WB Hu, Mo, Rat, Ham
RN129PW Anti-DDX6(RCK/p54)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) P-bodyの主要な構成因子でRNA分解や翻訳調節、miRNAを介するサイレンシングに関与する。


WB, IP Hu, Mo, Rat(w), Ham
RN063PW Anti-DHX9 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) 核と細胞質をシャトルするRNAヘリカーゼでIMP1, HNRNPU, YBX1, SYNCRIPと複合体を形成してc-mycの安定化に関与する。

RHA, DDX9 WB, IP Hu, Mo, Ham
RN113PW Anti-DHX36(RHAU)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) DEAHファミリーのRNAヘリカーゼでDNAやRNAのグアニン四重鎖構造に結合する。RNA分解、局在化制御、翻訳制御やゲノムの安定化制御に関与する。

DDX36 WB, IP Hu, Mo, Rat(w)
Code No. 製品名 クローン アイソタイプ 機能・局在

別名 使用法 交差反応性
RN098PW Anti-EDC4 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) P-body/GW-bodyの構成因子の一つでmRNAのdecappingを促進し、AMD(ARE-mediated mRNA decay)に関与する。

Ge-1, HEDLS WB, IP Hu, Mo(w), Ham
RN029PW Anti-EIF2C2(AGO2)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) RNAiで中心的な役割を担うタンパク質であり、RISC(RNA-induced silencing complex)の主要構成因子。RNA分解の場であるP-bodyへの局在が認められている。


WB Hu, Mo, Rat
RN008MW Anti-ELAVL1(HuR)mAb C54-6 Mouse IgG1κ 幅広い組織に存在し、poly(A)とAU-rich element(ARE: mRNAの不安定化配列)の両方に結合する。細胞質と核の間をシャトルし、mRNAの輸送に関与すると考えられている。


WB, IP Hu, Mo, Rat, Ham
RN111PW Anti-ETF1(eRF1)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) SURF(SMG1-UPF1-eRF1-eRF3)complexの構成因子でNMD(nonsense-mediated mRNA decay)に関与する。


WB, IP Hu, Mo, Rat, Ham
RN100PW Anti-EXOSC5(RRP46)(Human)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) エキソソーム複合体の構成因子で核および細胞質にてmRNAの3'→5'方向の分解に関与する。

CML28 WB, IP Hu
RN048PW Anti-G3BP1 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) DNA/RNA ヘリカーゼでstress granule形成に関与する。c-myc の3'-UTRに結合して分解する。Tau mRNAの安定化に関与する報告もある。

G3BP WB, IP, IC** Hu
RN119PW Anti-GSPT2(eRF3b)(Human)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) SURF (SMG1-UPF1-eRF1-eRF3)complexの構成因子でNMD(nonsense-mediated mRNA decay)に関与する。

GST2 WB, IP Hu
RN051PW Anti-HDLBP(Vigilin)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) c-fms mRNAの3'-UTRへの結合を介してRNA分解ならびに翻訳抑制に関与する。


WB, IP, ChIP* Hu, Mo
Code No. 製品名 クローン アイソタイプ 機能・局在

別名 使用法 交差反応性
RN125PW Anti-HENMT1 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) piRNAの3'末端の2'-O-メチル化を触媒してpiRNAを安定化させる。マウスでは精巣に多く存在し精子形成への関与が示唆されている。

HEN1, C1orf59 WB Hu, Mo, Rat
RN061PW Anti-HNRNPA0 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) LPS刺激によりTNF-αやMIP-2 mRNAのAU-rich element(ARE: mRNAの不安定化配列)への結合を介して安定化制御に関与する。


WB Hu
RN114PW Anti-HNRNPA1 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) DNA/RNA結合タンパク質で転写、スプライシング、安定化、翻訳、miRNA生合成と幅広く関与する。IL-2やGM-CSF mRNAのAU-rich element(ARE: mRNAの不安定化配列)に結合して安定化に寄与する。


WB, IP, IC** Hu, Mo, Rat, Ham(w)
RN052PW Anti-HNRNPC pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) APP mRNAに結合して安定化させる。また、APP mRNAのコーディング領域にFMR1と競合的に結合して翻訳を促進する。


WB, IP, IC**, CLIP* Hu, Mo
RN060PW Anti-HNRNPD(AUF1)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) mRNAのAU-rich element(ARE: mRNAの不安定化配列)に結合して分解制御に関与する。EIF4G1やPABPと結合して翻訳依存的なmRNAの分解にも関与する。


WB, IP Hu, Mo, Rat, Ham
RN065PW Anti-KHSRP pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) mRNAの3'-UTRのAU-rich element(ARE: mRNAの不安定化配列)に結合してエキソソームやpoly(A)リボヌクレアーゼと相互作用し、分解に関与する。

FBP2, KSRP WB, IP, IC**, CLIP* Hu, Mo, Rat, Ham
RN089PW Anti-MAGOH pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) EJC(exon junction complex)の構成因子でY14とヘテロダイマーを形成する。mRNAに結合してスプライシング、輸送、分解、翻訳制御と幅広く機能する。


WB, IP Hu, Mo, Ham
Code No. 製品名 クローン アイソタイプ 機能・局在

別名 使用法 交差反応性
RN103PW Anti-NCBP1(CBP80)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) CBC(cap-binding complex)の構成因子で新生mRNAの5'-capに結合して、転写、スプライシング、輸送、分解に関与する。CBCはパイオニアラウンドの翻訳に必須であり、PTC(pre-termination codon)を有するmRNAの分解(NMD; nonsense-mediated mRNA decay)を促進する。


WB, IP Hu, Mo
RN127PW Anti-NSUN2(Human)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) tRNAのCからm5Cへの変換を触媒するメチル基転移酵素。mRNA、miRNAのメチル化も報告されている。NSUN2によるメチル化とmRNAの安定化や翻訳調節、miRNAの生合成への関連が報告されている。

MISU, MRT5, SAKI, TRM4 WB, IP Hu
RN023PW Anti-PABPN1 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) 核に局在するPABPであり、転写後の初期mRNAのpoly(A)に強く結合する。ポリアデニル化によるlncRNAの分解制御への関与が示唆されている。

PABP2 WB, IP, IC** Hu, Mo
RN104PW Anti-PAN2(USP52)(Human)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) poly(A)鎖分解酵素複合体の構成因子で3'-5'エキソヌクレアーゼ活性を有する。PAN3とヘテロダイマーを形成してpoly(A)鎖の分解に関与する。


WB, IP Hu
RN105PW Anti-PARN pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) 3'-エキソヌクレアーゼ活性を有し、mRNAの5'-capに結合して3'→5'方向にpoly(A)鎖を分解する。翻訳終結やNMD(nonsense-mediated mRNA decay)、AMD(ARE-mediated mRNA decay)に関与する。

DAN WB, IP Hu, Ham
RN120PW Anti-RBM8A(Y14)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) EJC(exon junction complex)の主要構成因子で、スプライシング、輸送、NMD(nonsense-mediated mRNA decay)、翻訳に関与する。


WB, IP Hu, Mo, Rat, Ham
RN056PW Anti-SERBP1 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) ラットHTC cellにおいて、type-1 plasminogen activator inhibitor mRNAの3'-UTRに結合して安定化制御に関与する。

CGI-55, PAIRBP1 WB, IC** Hu, Mo
RN074PW Anti-SSB(La)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) Pol III転写産物に結合して安定化させ、エキソヌクレアーゼによる分解からRNAを保護する。

LARP3 WB, IP, IC** Hu
Code No. 製品名 クローン アイソタイプ 機能・局在

別名 使用法 交差反応性
RN046PW Anti-SYNCRIP(HNRNPQ)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) IMP1, HNRNPU, YBX1, DHX9と複合体を形成しc-myc mRNAの安定化制御に関与する。


WB, IP, RIP*, CLIP* Hu, Mo, Rat, Ham
RN107PW Anti-TARDBP(TDP-43)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) DNA/RNA結合タンパク質で転写、スプライシング、輸送、安定化、miRNA生合成と幅広く関与する。主に核に局在するが、ALSなどの神経疾患では細胞質への局在が認められる。


WB, IP Hu, Mo, Ham
RN108PW Anti-UPF1 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) NMD(nonsense-mediated mRNA decay)の主要調節因子で、PTC(pre-termination codon)を有するmRNAの翻訳を抑制し、NMDを促進する。SMD(Staufen-mediated mRNA decay)や複製依存的なヒストンmRNAの分解にも関与する。


WB, IP, CLIP* Hu, Mo, Rat, Ham
RN118PW Anti-UPF3B pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) NMD(nonsense-mediated mRNA decay)の主要調節因子でUPF1、UPF2と結合し、UPF1のヘリカーゼ活性を高めてNMDを促進する。

RENT3B WB, IP Hu, Mo, Rat, Ham
RN109PW Anti-XRN1(Human)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) P-body/GW-bodyの構成因子でmRNAのdecapping後に5'→3'方向にmRNAを分解する。

1-Sep WB, IP Hu
RN123PW Anti-YTHDF2 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) m6Aのリーダーでm6Aを有するmRNAをP-bodyに局在させてRNA分解を促進する。熱ショック時には核内に移行してストレス誘導性転写産物のmRNAの5'-UTR中のm6Aに結合してFTOによる脱メチル化から保護する。

CAHL, HGRG8, NY-REN-2 WB, IP Hu, Mo, Rat(w), Ham
RN031PW Anti-ZFP36(Human)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) zinc finger構造を有し、mRNAのAU-rich element(ARE: mRNAの不安定化配列)に結合する。AREへの結合を介してdeadenylase complexをリクルートし、poly(A)鎖の脱アデニル化を誘導する。

TTP WB Hu

使用方法について: * : 論文で報告されております(MBLでは未確認)。
         **: 導入元からの情報(MBLでは評価中もしくは未確認)。