トップ > 製品カテゴリー > RNA-RNPネットワーク > RNA輸送関連抗体

輸送


Code No. 製品名 クローン アイソタイプ 機能・局在

別名 使用法 交差反応性
RIP-Certified Antibody
RN006M Anti-EIF4E mAb C107-3-5 Mouse IgG2aκ 翻訳開始因子の一つでm7Gキャップ構造に結合する。Cyclin D1やc-mycなど3'-UTRにEIF4E感受性エレメントを有するmRNAの輸送への関与が報告されている。


WB, IP, RIP Hu, Mo, Rat, Ham
RN001P Anti-EIF4E pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) 翻訳開始因子の一つでm7Gキャップ構造に結合する。Cyclin D1やc-mycなど3'-UTRにEIF4E感受性エレメントを有するmRNAの輸送への関与が報告されている。


WB, IP, RIP, IC, IF Hu, Mo, Rat, Ham
RN007M Anti-ELAVL1(HuR)mAb C67-1 Mouse IgG2aκ 幅広い組織に存在し、poly(A)とAU-rich element(ARE: mRNAの不安定化配列)の両方に結合する。核と細胞質の間をシャトルし、mRNAの輸送に関与すると考えられている。


WB, IP, RIP Hu, Mo, Rat, Ham
RN004P Anti-ELAVL1(HuR)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) 幅広い組織に存在し、poly(A)とAU-rich element(ARE: mRNAの不安定化配列)の両方に結合する。核と細胞質の間をシャトルし、mRNAの輸送に関与すると考えられている。


WB, IP, RIP, IC, IF Hu, Mo, Rat, Ham
RN016P Anti-FMR1 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) 神経の形態形成に必須であり、poly(G)配列に強く結合する。Fragile X症候群(精神発達障害)の患者にはFMRの遺伝子の中にCGGリピートの伸張が認められている。

FMRP WB, IP, RIP, CLIP* Hu, Mo, Rat
RN017P Anti-FXR1 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) FMR1のパラログとして知られている。FMRの欠損はfragile X症候群を誘導する。核と細胞質の間をシャトルし、ポリソームの60Sサブユニットと結合することが報告されている。


WB, IP, RIP Hu, Mo, Rat
RN018P Anti-FXR2 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) FMR1, FXR1と機能的に類似したファミリータンパク質であり、FXR1と高い相同性を示す。RNA結合能、ポリソーム結合能、核−細胞質間のシャトルなど、ファミリー間で同様の機能を示す。


WB, IP, RIP Hu, Mo, Rat
Code No. 製品名 クローン アイソタイプ 機能・局在

別名 使用法 交差反応性
RN019P Anti-HNRNPK pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) hnRNP複合体の構成因子の一つで、核と細胞質をシャトルする。mRNAのスプライシングや輸送、翻訳制御に関与する。リン酸化による細胞質への集積が細胞の移動度や転移能に大きく寄与する。

HNRPK WB, IP, RIP, IC*, CLIP* Hu, Mo, Rat
RN001M Anti-IGF2BP1(IMP1)mAb 6H6 Mouse IgG2aκ FMRPとともにβ-アクチンのmRNAに結合して、核から細胞質への輸送を行う。

ZBP1 WB, IP, RIP Hu, Mo
RN007P Anti-IGF2BP1(IMP1)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) FMRPとともにβ-アクチンのmRNAに結合して、核から細胞質への輸送を行う。

ZBP1 WB, IP, RIP, IC, IF, CLIP* Hu, Mo
RN008P Anti-IGF2BP2(IMP2)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) 発生や増殖に関与する因子であるIGF2 leader 3 mRNAのUTRに結合し、翻訳を制御する。


WB, IP, RIP, IC, IF, CLIP* Hu, Mo, Rat
RN009P Anti-IGF2BP3(IMP3)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) 発生や増殖に関与する因子であるIGF2 leader 3 mRNAの5'-UTRに結合し、翻訳を制御する。


WB, IP, RIP, IC*, IF*, CLIP* Hu, Mo
RN020P Anti-ILF3(Human)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) dsRNAに結合する。IL-2 mRNAの3'-UTRのAU-rich element(ARE)に結合しmRNAを安定化する。mRNAの核から細胞質への輸送にも関与する。

NF90, MMP4 WB, IP, RIP Hu
RN021P Anti-KHDRBS1 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) DNA/RNA結合タンパク質であり、HIV RNAの輸送に関与する。mRNAの安定化や翻訳制御への関与も推測されている。

p62, SAM68 WB, IP, RIP Hu, Mo, Rat
Code No. 製品名 クローン アイソタイプ 機能・局在

別名 使用法 交差反応性
RN009M Anti-PABPC1 mAb 10E10 Mouse IgGκ 細胞質と核をシャトルする。ウィルス感染時に核に移動し、ウィルスRNAまたは宿主mRNAのプロセシングや輸送に関わることが示唆されている。

PABP1 WB, IP, RIP, IC Hu, Ham
RN045P Anti-SLBP pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) ヒストン pre-mRNAの3'末端のstem-loop構造に結合し、プロセシングや輸送、翻訳、分解に関与する。細胞周期の制御にも関与する。

HBP WB, IP, RIP, IC**, CLIP* Hu, Mo, Rat, Ham
RN012P Anti-STAU1(Human)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) 神経細胞においてRNA granuleを構成する。dsRNA及び微小管に結合し、mRNAの輸送や局在化に関与する。


WB, IP, RIP Hu
RN013P Anti-STAU2(Human)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) 核と細胞質の間をシャトルし、STAU1と相同性の高い分子。神経細胞において、STAU1と共局在しないことから異なるRNA granuleの構成に関与していると考えられている。


WB, IP, RIP Hu
Code No. 製品名 クローン アイソタイプ 機能・局在

別名 使用法 交差反応性
RBP Antibody
RN122PW Anti-ALKBH5 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) m6Aの脱メチル化酵素でFTOと同様に核スペックルに局在するが、m6Aから直接Aに変換する。ALKBH5による脱メチル化がmRNAのプロセシングや輸送に影響を及ぼすことが示唆されている。


WB, IP Hu, Mo
RN087PW Anti-ALYREF(THOC4)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) スプライシングに依らずATP依存的にUAP56と複合体を形成して成熟mRNAをTAP-p15へ輸送する。


WB, IP Hu, Mo, Ham
RN116PW Anti-DDX39B(UAP56)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) DExD/H-box ファミリーのRNAヘリカーゼでスプライシングや輸送に関与する。TREX(transcription export)複合体の主要構成因子としてmRNAやウィルスRNAの核外輸送で機能する。

BAT1 WB, IP Hu, Mo, Rat, Ham
RN008MW Anti-ELAVL1(HuR)mAb C54-6 Mouse IgG1κ 幅広い組織に存在し、poly(A)とAU-rich element(ARE: mRNAの不安定化配列)の両方に結合する。核と細胞質の間をシャトルし、mRNAの輸送に関与すると考えられている。


WB, IP Hu, Mo, Rat, Ham
RN048PW Anti-G3BP1 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) DNA/RNAヘリカーゼでstress granule形成に関与する。核膜孔タンパク質と相互作用してmRNAの輸送に関与する。

G3BP WB, IP, IC** Hu
RN049PW Anti-G3BP2 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) 熱ショックによりPKCα、PABPC1、IMP3とstress granuleを形成する。細胞周期依存的に核と細胞質の間をシャトルする。


WB, IP Hu, Mo, Rat, Ham
RN051PW Anti-HDLBP(Vigilin)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) c-fmsの3'-UTRにHuRと競合的に結合して分解し翻訳を抑制する。tRNAの核から細胞質への輸送に関与する。


WB, IP, ChIP* Hu, Mo
RN114PW Anti-HNRNPA1 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) DNA/RNA結合タンパク質で核−細胞質間をシャトルして、転写、スプライシング、輸送、安定化、翻訳、miRNA生合成と幅広く関与する。


WB, IP, IC** Hu, Mo, Rat,Ham(w)
Code No. 製品名 クローン アイソタイプ 機能・局在

別名 使用法 交差反応性
RN052PW Anti-HNRNPC pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) 200-300 nt以上の長さのmRNAのキャップ近傍およびキャップ結合複合体に結合してmRNAの輸送に関与する。


WB, IP, IC**, CLIP* Hu, Mo
RN089PW Anti-MAGOH pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) EJC(exon junction complex)の構成因子でY14とヘテロダイマーを形成する。mRNAに結合してスプライシング、輸送、分解、翻訳制御と幅広く機能する。


WB, IP Hu, Mo, Ham
RN103PW Anti-NCBP1(CBP80)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) CBC(cap-binding complex)の構成因子で新生mRNAの5'-capに結合して、転写、スプライシング、輸送、分解に関与する。CBCはパイオニアラウンドの翻訳に必須であり、NMD(nonsense-mediated mRNA decay)を促進する。


WB, IP Hu, Mo
RN088PW Anti-NXF1(TAP)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) NPC(nuclear pore complex)の構成因子でRNAの輸送において中心的な役割を果たす。N末のarginine-richモチーフによりmRNAと直接結合し、細胞質へと輸送する。


WB, IP, IC** Hu, Mo, Rat, Ham
RN023PW Anti-PABPN1 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) 核に局在してpre-mRNAのプロセシングや成熟mRNAの輸送に関与する。

PABP2 WB, IP, IC** Hu, Mo
RN120PW Anti-RBM8A(Y14)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) 核と細胞質をシャトルする。EJC(exon junction complex)の主要構成因子として、スプライシング、輸送、NMD(nonsense-mediated mRNA decay)、翻訳の調節に関与する。


WB, IP Hu, Mo, Rat, Ham
RN084PW Anti-SRRM1(SRM160)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) 核マトリクスタンパク質であり、PIP85A pre-mRNAのスプライシングのアクチベーターとして働く。転写産物の3'末端の切断および輸送に関与する。


WB Hu, Mo, Ham
Code No. 製品名 クローン アイソタイプ 機能・局在

別名 使用法 交差反応性
RN080PW Anti-SRSF3(SRp20)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) 核と細胞質の間をシャトルする。SRSF7と共にTAPと相互作用してヒストンRNAやmRNAの輸送に関与する。


WB, IP, IC, IF, IH* Hu, Mo, Rat, Ham
RN082PW Anti-SRSF5(SRP40)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) HIV-1のスプライシングされていないgag/pol mRNAや部分的にスプライシングされたenv mRNAの輸送に関わる。


WB, IP, IC** Hu, Mo, Rat, Ham
RN079PW Anti-SRSF7(9G8)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) 核と細胞質の間をシャトルする。TAPと相互作用し、mRNAやヒストンRNAの輸送に関与する。


WB, IP, IC**, CLIP* Hu, Mo, Ham
RN107PW Anti-TARDBP(TDP-43)pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) DNA/RNA結合タンパク質で転写、スプライシング、輸送、安定化、miRNA生合成と幅広く関与する。主に核に局在が認められるが、核−細胞質間をシャトルすることが報告されている。


WB, IP Hu, Mo, Ham
RN086PW Anti-U2AF2 pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) ポリグルタミンの変性によりできた異常なCAGリピート配列に結合し、TAPへmRNAを渡すアダプタータンパク質として機能する。

U2AF65 WB, IP Hu, Mo, Rat, Ham
RN118PW Anti-UPF3B pAb Polyclonal Rabbit Ig(aff.) 核と細胞質をシャトルするタンパク質で主に核に局在が認められる。NMDの主要因子でmRNAの核外輸送やNMD(nonsense-mediated mRNA decay)に関与する。

RENT3B WB, IP Hu, Mo, Rat, Ham

使用方法について: * : 論文で報告されております(MBLでは未確認)。
         **: 導入元からの情報(MBLでは評価中もしくは未確認)。