トップ > 製品カテゴリー > ドラッグディスカバリー > NAD+生合成関連試薬

NAD+生合成関連試薬


NAMPT Colorimetric Assay Kit

PBEF、visfatinとも呼ばれるNicotinamide phosphoribosyltransferase (NAMPT) は、哺乳動物のNAD+生合成サルベージ経路の律速酵素であり、NicotinamideをNicotinamide mononucleotide (NMN) に変換します。生成されたNMNは、Nicotinamide mononucleotide adenylyltransferase1 (NMNAT1) により最終的にNAD+に変換されます。NAMPTの発現は、様々な炎症性サイトカインで刺激された上皮細胞や、単球、マクロファージ、樹状細胞、T細胞、B細胞などの免疫細胞の活性化に伴って上昇します。NAMPT特異的阻害剤である FK866は、細胞内のNAD+を枯渇させることにより、DNAを傷害することなく、多くの癌細胞株にアポトーシスを誘導します。また、NAMPTが、概日周期遺伝子の発現とNAD+の日周振動の調節に必要であることも明らかにされています。

NAMPT Colorimetric Assay Kit


NMNAT Colorimetric Assay Kit

Nicotinamide mononucleotide adenylyltransferase1 (NMNAT1)は、NAD+生合成における中心的な酵素であり、ATPのアデニリル基をNAD+またはNaAD+に転位し、Nicotinamide mononucleotide (NMN)または nicotinic acid mononucleotide (NaMN) を生成すると同時にピロリン酸を放出します。この反応は可逆的であり、原理的にはNAD+とピロリン酸からATPとNMNを生成することもできます。アミノ酸配列からNMNAT1は、N末端に核局在シグナルを持っていると考えられます。実際、免疫蛍光染色によりNMNAT1はヒト線維芽細胞と肝癌細胞株の核に局在することが明らかにされました。さらに、NMNAT1は、リコンビナントpoly(ADPリボース)ポリメラーゼ1の活性を約35%抑制し、ADP-リボースポリマーの分岐反応を完全に阻害することが示されました。

NMNAT Colorimetric Assay Kit


NAD+/NADH Colorimetric Assay Kit

NAD+/NADH Colorimetric Assay Kit