トップ > 製品カテゴリー > オートファジー > LC3に結合して選択的に分解されるp62

LC3 に結合して選択的に分解されるp62


p62/SQSTM1はTRAF6,RIP,aPKCなどのシグナル伝達を担う多彩な分子群と相互作用する足場タンパク質として知られています。またLC3との結合部位を持つことから、オートファジーによって選択的に分解される基質として考えられています。さらにユビキチン鎖と結合する部位を有し、ポリユビキチン化されたタンパク質の凝集体や脱分極したミトコンドリアなどをオートファジーに導きます(選択的オートファジーの詳細はこちら)。実際、肝臓または脳特異的オートファジー欠損マウスにおいては、p62は過剰に蓄積し、ユビキチン・p62陽性の封入体が形成されます。重要なことに、ユビキチン・p62陽性封入体は、アルツハイマー病、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症などの神経変性疾患やアルコール性肝炎、脂肪肝、肝癌患者組織においても確認されています。現在、これら疾患の発症とオートファジーによるp62代謝不全の関連に注目が集まっています。

■ p62/SQSTM1のドメイン構造
p62/SQSTM1のドメイン構造Anti-p62 (SQSTM1) pAbのImmunohistochemistry

Anti-p62 (SQSTM1) pAb(Code No. PM045) 製品情報を見る→


p62 抗体 製品データ

Anti-p62 (SQSTM1) (Human) mAbのImmunohistochemistory, Immunoprecipitation
★ Alexa標識製品はこちらへ→

■ Western blotting
Anti-p62 (SQSTM1) pAbのWestern blotting

  • 組織サンプル中のp62検出にもおススメです!

Anti-p62 C-terminal pAbの製品データ


★ HRP標識製品はこちらへ→