トップ > 製品カテゴリー > オートファジー > Atg12-Atg5共有結合体と複合体を形成するAtg16L

Atg12-Atg5共有結合体と複合体を形成するAtg16L


Atg16LはAtg12-Atg5共有結合体と約800 kDaの複合体を形成しています(Atg12結合反応系参照)。このAtg16L複合体は栄養飢餓状態では隔離膜に局在し、LC3とホスファチジルエタノールアミン(PE)の結合を促進します。また、Atg16L遺伝子欠損マウスではオートファゴソームの形成が認められないことから、Atg16Lはオートファジーに必須の因子である事が明らかとなっています。
Atg16Lは酵母Atg16と高い相同性を持っていますが、酵母Atg16Lと異なりC末端に大きなWDリピートドメインを持っています。原因不明の炎症性腸疾患であるクローン病の感受性1塩基多型(SNP)がこのWDリピート中に見出されており、クローン病とAtg16Lとの関連の更なる解析が待たれます。

Atg16L 抗体 製品データ

■ Western blotting
Anti-Atg16L mAb(Code No. M150-3, Clone:1F12)のWestern blotting

■ Immunoprecipitation
Anti-Atg16L pAb(Code No. PM040)のImmunoprecipitation