トップ > 製品カテゴリー > 免疫 > 製品ピックアップ > 免疫チェックポイント関連抗体
“免疫チェックポイント関連抗体アイコン"

免疫チェックポイント関連抗体




免疫チェックポイントとは

体内の免疫機構は外部から侵入した病原体だけでなく、内部に発生したがん細胞に対しても働いています。通常であればがん細胞は自己でないものとみなされ、活性化した細胞傷害性T細胞(CTL)やマクロファージなどがPerforinやTNF-αを産生して、がん細胞を攻撃・排除します。しかし、持続的に抗原刺激が起こると、CTLの膜表面に免疫チェックポイント分子が発現します。この分子にはPD-1、CTLA-4などが知られており、これらを発現したT細胞は細胞傷害性が低下し、がん細胞を攻撃できなくなります。これががん細胞局所的にCTLが機能できない状況を引き起こしていると考えられています。一方がん細胞側では免疫チェックポイント分子のリガンドであるPD-L1やCD80を発現しており、さらに免疫抑制性サイトカインIL-10やTGF-βなどを分泌することで、CTLの活性を抑制しています。

以前は免疫力を増強させてがん細胞に対する免疫力を上げるための治療法が開発されてきましたが、近年はこの免疫チェックポイント分子とリガンドとの結合を阻害する、免疫チェックポイント阻害剤によるがんの治療が注目されています。


T細胞免疫チェックポイント分子 製品一覧


クリック! 各分子をクリックしていただくと、製品一覧をご確認いただけます。

T細胞 T細胞の活性化・不活化シグナル 抗原提示細胞
PD1 -
(不活化)
PD-L1
CTLA4 - CD80/CD86
(TIM3) - GAL9
CD28(B7-1) +
(活性化)
CD80/CD86
CD137 + CD137L
OX40 + OX40L
CD40
+
(抗原提示細胞活性化)
CD40L
(BTLA) - HVEM
CD27 + CD70

抗PD-1抗体
抗PD-L1抗体

  • ヒト分子に対する抗体でフローサイトメトリーで使用できます。
  • 低エンドトキシンでセルアッセイに最適です。(<0.5 EU/mg antibody)

今、注目の免疫チェックポイント!
PD-1, PD-L1 は免疫チェックポイント分子の中でも最も注目を集めている分子の一つです。MBLでは、これまでに販売してきたフローサイトメトリー等に使用可能なモノクローナル抗体に加えて、この度、セルアッセイに最適な低エンドトキシンのFunctional Grade 抗体を発売いたしました。


ヒトPBMCに対しPHA刺激を行い、フローサイトメトリーで測定しました。

Anti-HumanPD-1mAb

下記使用文献において、Adhesion assay に使われ、機能抗体としての報告がある抗体です。

使用文献

Butte MJ et al. Mol Immunol. 45, 3567-72 (2008) (PMID:18585785)



抗CTLA-4抗体

Flow cytometry





抗CD80(B7-1)抗体

Flow cytometry

ヒト単球由来樹状細胞でCD80の発現を確認しました。



抗Ecalectin(Galectin-9)抗体

Flow cytometry