トップ > 製品カテゴリー > 免疫 > 製品ピックアップ > CTX-II(C-terminal telopeptides of type II collagen)EIA キット
“CTX-II(C-terminal telopeptides of type II collagen)EIA キットアイコン"

CTX-II(C-terminal telopeptides of type II collagen)EIA キット




RA及びOAの疾患モデル動物の研究に

 

関節リウマチ (RA)と変形性関節症(OA)

ELISA法による骨代謝測定試薬
関節リウマチ (RA)は、多関節に滑膜の炎症と増殖を生じる慢性疾患で、朝のこわばり、関節の疼痛や変形、さらに、発熱・貧血などの関節外症状がみられます。一方、変形性関節症(OA)は、老化、関節の酷使など様々な原因によって生じる慢性の関節炎を伴う関節疾患で、軟骨の破壊と同時に関節周囲の骨・軟骨形成などの増殖性変化を来たす疾患です。
RA、OAどちらにおいても、その疾患モデルとなるマウス・ラットが知られており、分子メカニズムの研究や治療薬のスクリーニングにおいて重要な役割を担っています。

C-terminal telopeptides of type II collagen (CTX-II) は、RA、OAどちらの疾患においても血液、尿中の濃度が正常値よりも高値になる事が知られており、 病態との関連性も明らかになるなど注目されている分子です。
CTX-II EIA Kitは、RA及びOAの疾患モデル動物の血清、尿中のCTX-II濃度を測定できるELISA Kit です。

Serum Pre-Clinical CartiLaps® ELISA

Serum Pre-Clinical CartiLaps® ELISAは、血清や血漿、培養上清中のCTX-II濃度を測定できるKitです。
適用動物も、マウス、ラットの他、ウサギ、モルモット、馬など幅広い動物種にて適用可能です。

製品詳細

Urine Pre-Clinical CartiLaps® ELISA

Urine Pre-Clinical CartiLaps® ELISA  は、尿中のCTX-II濃度を測定できるKitです。
適用動物も、マウス、ラットの他、牛、豚、馬など幅広い動物種にて適用可能です。

製品詳細