トップ > 製品カテゴリー > 免疫 > 抗マウス β5t ポリクローナル抗体

抗マウス β5t ポリクローナル抗体


β5t: 胸腺特異的プロテアソームの意味するもの

 胸腺にて発生分化するT細胞は、胸腺皮質上皮(cTEC)におけるポジティブセレクション(自己MHC拘束)と胸腺髄質上皮(mTEC)におけるネガティブセレクション(自己攻撃性T細胞除去)の2段階の教育を経て末梢に遊走します。これまでネガティブセレクション機構の解明は進んでいますが、ポジティブセレクション機構についてはあまり理解されていません。近年、村田らによって、cTEC特異的に発現するプロテアソームの新規サブユニットβ5tと、それが組み込まれた「胸腺プロテアソーム」が発見され(図A and B)、これが胸腺におけるCD8+T細胞の分化に必須であることが見いだされました(Science 2007)。この胸腺プロテアソームは通常の構成型プロテアソームや免疫プロテアソームとは異なり、MHCクラスI抗原ペプチドの産生に重要なキモトリプシン様活性が減少しています(図C)。β5t KOマウスでは未熟T細胞がCD8+T細胞へ分化できないことから、胸腺プロテアソームによって産生されるペプチドレパートリーがCD8+T細胞のポジティブセレクションに必須である事が示唆されます。
 これまでポジティブセレクションは、自己MHCと中程度の親和性をもつTCRを有したT細胞がアポトーシスを免れる過程として漠然と理解されてきました。胸腺特異的な抗原ペプチドとそれによる選択が存在するなら、末梢における免疫寛容との関係はどうなっているのでしょうか。今回の胸腺特異的プロテアソームの発見は、これまでのT細胞選択説に一石を投じる歴史的快挙と言えます。

<参考文献> Murata S. et al. Science 316, 1349-1353 (2007)

胸腺プロテアソームイラスト

胸腺プロテアソーム染色データ

グラフ
図 監修:東京大学大学院薬学系研究科
教授 村田 茂穂 先生 

抗マウスβ5t ポリクローナル抗体データ

Anti-Mouse β5t pAb (codw no.PD021)アプリケーションデータ