トップ > 製品カテゴリー > 免疫 > Ab-Match Assembly Kit -swELISA用特異抗体セット-

Ab-Match Assembly Kit -swELISA用特異抗体セット-


Human Galectin-9

製品リスト

Human Galectin-9Human Galectinは10種知られており、保存された糖鎖結合配列を有するCarbohydrate Recognition Domain (CRD)を持っています。この内、Galectin-4,8,9,12はCRDが2つ繋がったタンデムリピートタイプの構造を持っています。
Galectin-9は、受容体であるTIM-3(T cell immunoglobulin and mucin domain 3)と結合することで、I 型ヘルパーT細胞の活性を抑制することが知られています。
受容体TIM-3は I 型ヘルパーT細胞の他にもTh17細胞、NK細胞、NKT細胞、樹状細胞やマクロファージなどエフェクター細胞に幅広く発現しています。TIM-3はPD-1と共働してT細胞の機能を制限しているため、そのリガンドであるgalectin-9とともに免疫チェックポイントのターゲットとして注目されています。



主要文献

  • Tieu R et al., TIM-3, a Possible Target for Immunotherapy in Cancer and Chronic Viral Infections. Austin Virol and Retrovirology. 1 (2); 6 (2014)
  • Chen L et al., Molecular mechanisms of T cell co-stimulation and co-inhibition. Nat Rev Immunol. April; 13(4): 227–242 (2013)(PMID: 23470321

LECT2

製品リスト

Liver LECT2 (Leukocyte cell-derived chemotaxin 2 )は好中球遊走化活性を示す16kDaのタンパク質として単離されました1)。LECT2は肝臓で特異的に発現していることが知られており、いくつかの肝細胞癌細胞株でも発現が確認されています。さらに、LECT2はchondrocytoの成長刺激因子であるchondromodulin-IIと同一分子であることが見いだされ、多様な作用を持つタンパク質として注目されています2)。また、肝機能不全、慢性関節リウマチなどの疾患との関連性も示唆されています3),4),5)



主要文献

  • Yamagoe S, Mizuno S, Suzuki K. Molecular cloning of human and bovine LECT2 having a neutrophil chemotactic activity and its specific expression in the liver. Biochim Biophys Acta. 1396, 105-113 (1998) PMID:9524238
  • Yamagoe S et al., Molecular cloning, structural characterization, and chromosomal mapping of the human LECT2 gene. Genomics. 48, 324-329 (1998) PMID:9545637
  • Sato Y et al., Serum LECT2 level as a prognostic indicator in acute liver failure. Transplant Proc. 36, 2359-2361 (2004) PMID:15561249
  • Sato Y et al., Changes in serum LECT 2 levels during the early period of liver regeneration after adult living related donor liver transplantation. Transplant Proc. 36, 2357-2358 (2004) PMID:15561248
  • Kameoka Y et al., Val58Ile polymorphism of the neutrophil chemoattractant LECT2 and rheumatoid arthritis in the Japanese population. Arthritis Rheum. 43, 1419-1420 (2000) PMID:10857804

Elafin (SKALP)

製品リスト

Elafin(SKALP)はWAP型4ジスルフィドコア(WFDC)ドメインをもつ全長117アミノ酸残基からなるの分泌タンパク質であり、WFDCドメインファミリーに属しています。ヒト白血球エラスターゼ及びブタ膵臓エラスターゼに対する強力な阻害剤として、ヒト角質層から単離され、1)エラスターゼ特異的プロテアーゼインヒビターとして報告されています。 グラム陽性菌およびグラム陰性菌に対する抗菌ペプチドとして機能しており、2)その他にも抗真菌、抗ウイルス、抗炎症作用3)や免疫調節機能4)など、多様な生物学的機能を持っていることが示されています。



主要文献

  • Wiedow O et al., Elafin: an elastase-specific inhibitor of human skin. Purification, characterization, and complete amino acid sequence. J Biol Chem. 265, 14791-14795 (1990) PMID:2394696
  • Zani ML et al., Protease inhibitors derived from elafin and SLPI and engineered to have enhanced specificity towards neutrophil serine proteases. Protein Sci. 18, 579-594 (2009) PMID:19241385
  • Sallenave JM et al., Regulation of pulmonary and systemic bacterial lipopolysaccharide responses in transgenic mice expressing human elafin. Infect Immun. 71, 3766-3774 (2003) PMID:12819058
  • Roghanian A et al., The antimicrobial/elastase inhibitor elafin regulates lung dendritic cells and adaptive immunity. Am J Respir Cell Mol Biol. 34, 634-642 (2006) PMID:16424380

IL-37

製品リスト

IL-37 IL-1ファミリーの新たなメンバーとして報告されたIL-37(Interleukin-37)は1)、IL-18と構造が類似しており、IL-18レセプターへの結合能を有しています2)。IL-37はCaspaseの認識配列を有しており、細胞内でCaspase-1によりN末端が切断され、成熟型 IL-37として核内に移行し、TNF-α、IL-1α、IL-6、MIP-2の発現を抑制します3)。また、IL-37トランスジェニックマウスでは、広範囲にわたる炎症性サイトカインの産生の大幅な抑制と、樹状細胞の活性の低下が見られました4)。これらのことから、IL-37が自然免疫の過度の炎症反応に対するサプレッサーとして重要な役割を担っていることが示唆されています。



主要文献

  • Smith DE et al., Four new members expand the interleukin-1 superfamily. J Biol Chem. 275, 1169-1175 (2000) PMID:10625660
  • Pan G et al., IL-1H, an interleukin 1-related protein that binds IL-18 receptor/IL-1Rrp. Cytokine. 13, 1-7 (2001) PMID:11145836
  • Sharma S et al., The IL-1 family member 7b translocates to the nucleus and down-regulates proinflammatory cytokines. J Immunol. 180, 5477-5482 (2008) PMID:18390730
  • Nold MF et al., IL-37 is a fundamental inhibitor of innate immunity. Nat Immunol. 11, 1014-1022 (2010) PMID:20935647


sIL-6R

製品リスト

可溶性IL-6R(sIL-6R)は分泌型のIL-6受容体で、インターロイキン6(IL-6)に結合したのちGP130と共にIL-6シグナルを活性化します。IL-6シグナルはJAK-STATシグナル経路やRAS/MAPKシグナル経路を介し、炎症、分化など様々な生理作用を有しています。疾患との関連においてIL-6シグナルはリウマチや癌の悪性化に関与しています。IL-6Rならびに可溶性IL-6Rに対する阻害抗体はリウマチ治療薬(アクテムラ®)として上市されています。またリウマチ患者における血清中の可溶性IL-6R量はアクテムラ®の効果予測因子として報告されています1)

sIL-6R



参考文献

  • Nishina N. et al. Ann Rheum Dis 72, (2013)

Ab-Match kitsシリーズは、Assembly KitとUniversal Kitを組み合わせ ユーザー様ご自身でサンドイッチELISAを組み立てて頂くキットです。

Ab-Match Assembly Kitの測定に際しては、別売りのAb-Match Universal Kit (コードNo. 5310)が必要となります。詳しい測定方法等については、「Ab-Match Kits」のページをご覧ください。⇒