トップ > メールマガジン > ≪第31回 高遠・分子細胞生物学シンポジウムのご案内≫
MBL研究用試薬情報サービス 2019年5月22日号(第257号)

メールマガジン

≪第31回 高遠・分子細胞生物学シンポジウムのご案内≫
MBL研究用試薬情報サービス 2019年5月22日号(第257号)

☆★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

>>第31回 高遠・分子細胞生物学シンポジウムのご案内<< 
MBL研究用試薬情報サービス 2019年5月22日号(第257号) 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆★

今回は「微生物・植物・動物・ヒトをつらぬくバイオロジー」をサブタイトルとして、
7名の先生方による講演が行われます。
南アルプスのふもとで開催される知的好奇心を満たす充実の夏合宿に是非ご参加ください。


 ■ 日 時:2019年8月22日(木)~23日(金) 1泊2日
 ■ 会 場:高遠さくらホテル(長野県伊那市高遠町勝間217番地)
 ■ 参加費:<事前振込>9,000円 <当日現金支払>10,000円 (税込)

  ※参加費には聴講代の他に以下が含まれます。
   ①名古屋または東京~シンポジウム会場までの往復バス送迎(希望者のみ)
   (バス送迎について ⇒ http://takato-sympo.com/topics/detail.php?id=36
   ②1泊2日の宿泊代と1日目昼食~2日目昼食までの食事



【講演およびスケジュール】

◆8月22日(木)13:00~

  1. 森林の開花季節を遺伝子発現から知る
    佐竹 暁子 [九州大学大学院 理学研究院 生物科学部門]
  2. 昆虫の多様な形質をもたらす分子メカニズムを探る
    新美 輝幸 [基礎生物学研究所 進化発生研究部門/総合研究大学院大学 生命科学研究科]
  3. DNAイベントレコーディング
    谷内江 望 [東京大学先端科学技術研究センター 合成生物学分野]
  4. がん微小環境の免疫抑制ネットワークとがん免疫療法
    西川 博嘉 [国立がん研究センター研究所 腫瘍免疫研究分野・先端医療開発センター 免疫 TR分野/
         名古屋大学大学院医学系研究科 微生物・免疫学講座 分子細胞免疫学]
  〇懇親会
  〇ポスターセッション


◆8月23日(金)8:30~12:00終了予定

  1. 細胞内でゲノムはどのような構造で収納されているか?
    谷口 雄一 [理化学研究所 生命機能科学研究センター]
  2. 階層をつなぐ視点からダイナミクスを考える
    澤井 哲 [東京大学大学院総合文化研究科 広域科学専攻相関基礎科学系]
  3. 腸管恒常性の維持機構
    竹田 潔 [大阪大学大学院医学系研究科・免疫学フロンティア研究センター]
  〇ポスター表彰



**********************
 お申し込み
**********************
参加ご希望の方は高遠シンポジウムウェブサイトの参加受付フォームよりお申し込みください。
ポスター発表ご希望の方も参加受付フォームよりお申し込みください。

 ◆ 参加受付フォーム
   https://takato-sympo.com/application/


お問い合わせは、高遠シンポジウム事務局までご連絡ください。
 

**************************************
 高遠シンポジウムとは
**************************************
本シンポジウムは、 株式会社医学生物学研究所およびJSR株式会社の後援により、
1泊2日の日程で開催される、老若男女の研究者たちによる夏合宿さながらのシンポジウムです。
開催地である長野県伊那市高遠町の町名を冠して「高遠シンポジウム」と命名されています。

最先端サイエンスの“異分野交流”を特徴としており、分野も年代も超えた議論が自由に展開される、
少し珍しい貴重でカジュアルなシンポジウムです。
講演のほかにも、懇親会での著名な演者との歓談や参加者によるポスター発表、
お酒を飲みながらの深夜までの議論等々が繰り広げられます。

ウェブサイト: http://takato-sympo.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
なお、本情報サービスについてご意見、ご要望などお待ちしております。